穏やかな瀬戸内海が育んだ風景の良さ …A156 花樹海温泉の旅(2/2)

宿の朝景色
おはようございます、と旅の宿の朝が来ます。

花樹海温泉・喜代美山荘の窓から、穏やかな瀬戸内海と、(意外に?)大都会な高松市街が一望できます。

黒く見えている島は、どうやら「女木島(メギシマ)」のようです。


朝のお風呂早速元気に、朝風呂に直行!(という方が大多数でしょう)

視界200度のこの景色は、湯船の中からだと、もっと値打ちが上がるってもんです(笑)。

昨夜はよく見えなかったところがはっきり見えて、気分爽快な朝湯です。


旅館の朝食朝風呂から上がると、お腹の空いたのが良く分かること。
そそくさ朝食会場に赴くと、日本旅館の伝統的朝食が待っています。

火の着いている鍋は「湯豆腐」、赤い器の「さやいんげんの胡麻和え」、甘く煮た「空豆」、「切り干し大根の煮物」、こんがり焼けた「アジの開き」と「卵焼き」、
これに「茶わん蒸し」「みそ汁」「焼き海苔」「漬物」と揃うんだから、朝のご飯が進みます。


 屋島寺 四天門しっかり朝食を頂いて、バスに乗り込んで2日目の観光にGo!

最初の観光先「屋島」は、標高293mの屋根型の台形をした半島で、那須与一の扇の的のお話しなどで有名な、源平合戦の古戦場の史蹟で知られています。

バスは、約3.7Kmの「屋島ドライブウェイ」を通って、この屋島の中にある「屋島寺(ヤシマジ)」に到着。
※写真は、屋島寺仁王門の次にある「四天門」で、仏を守る四天王像がおわします。


屋島寺本堂と宝物館四天門をくぐると、写真の「本堂」と左に一部見える、雪の庭が有名な「宝物館(入館料500円)」、右の石灯籠の向こうに「大師堂」などがあります。

ここ「第84番札所 南面山 千光院 屋島寺」は、天平勝宝(754年)のころ鑑真和上の開創と伝えられる古刹で、

その後、弘仁6年(815年)、弘法大師が来訪した折、北嶺にあった伽藍を今の南嶺に移すと共に、十一面千手観音像を彫造{現在のご本尊は天暦年間(947〜57年)彫造の像}され、それ以降ご本尊としています。


屋島展望台景色その屋島寺の近くにある「屋島展望台」からの眺めもご覧のように素晴らしいもの。

絶好のカメラスポットとなっているので、皆さん揃って「はい、チーズ」ですよ。


「四国村」入口次の観光先は、屋島ドライブウェイに入る前に見かけた「四国村」となっています。


四国村「かずら橋」入村すると早速あるのが、この「かずら橋」。

徳島の「祖谷のかずら橋(本家は長さ45m)」の2/3サイズの、カズラで編んだ吊り橋で、結構スリリングな気分が味わえます。


四国村・農村歌舞伎舞台「四国村」は、四国各地から移築された江戸時代から大正時代の建造物33棟が、当時のままの姿で村のあちこちに点在している心の古里的なタイムワープエリアです。

この写真は、小豆島の「農村歌舞伎の舞台」を移築したものです。


四国村・農家村内には、このような江戸時代から大正時代の民家が12棟移築復原されていて、室内には当時使用されていた農具などが展示されています。

ほかに、「旧丸亀藩斥候番所」や、同じく資料館にもなっている「旧丸亀藩御用蔵」などが往時を語っています。


四国村・ 染が滝
また、香川県は庵治石をはじめとする石の産地で、写真の「染が滝」や、「地蔵菩薩」、「流れ坂」など、いずれも彫刻家・流政之氏の石作品が村内の情景にマッチした形で、展示されています。


大鳴門橋・道の駅「うずしお」からの眺め四国村を観光して、ノスタルジックになったところで、バスは懐かしの我が家に向けて帰路に着きます。

とは言っても、長い道中、まだまだ見どころ、食べどころも一杯あるのです。

写真は、四国から淡路島に渡る「大鳴門橋」を、淡路島側に渡ってから休憩する「道の駅うずしお」から
眺めたところです。


12 2日目道の駅「うずしお」鳴門みさき荘の昼食この「道の駅うずしお」で、写真の昼食を頂きます(淡路島は玉ねぎの有名産地!)。

そして、食後のお土産物ショッピングも充実しております。

その土産物売り場には、ご当地バーガーグランプリの「あわじ島バーガー」もあるので、バーガー好きの方は、お腹の調整に気も配らねばなりませぬ。


明石海峡大橋・淡路SAわたるくんと大橋そして、バスは「神戸淡路鳴門自動車道」の淡路島区間約54.5㎞をひた走って、「淡路SA」で再び小休止。
世界最長の吊り橋「明石海峡大橋(全長3,911m、中央支間1,991m)」を渡る前に、眺めて頂きます。

写真は、アイドルキャラ「わたるくん」と明石海峡大橋の雄姿です。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A156花樹海温泉 [喜代美山荘]宿泊

瀬戸大橋を渡って四国・花樹海温泉へ …A156 花樹海温泉の旅(1/2)

瀬戸大橋(与島PAより)
今回のハニットアゼリアツアーの目的地「花樹海(ハナジュカイ)温泉」は、平成10年に、高松市の郊外「峯山公園」そばに湧き出した新しい温泉で、「海と昴の湯」のキャッチフレーズのパノラマ露天風呂がお楽しみ!

1日目に渡る「瀬戸大橋」は、昭和63年に開通した、瀬戸内海に浮かぶ多くの島々を渡り継ぐ、道路と鉄道の併用橋で、全区間37.3km、うち海峡部9.4kmに架かる6橋の総称です。

橋の形式も、吊橋、斜張橋、トラス橋などバラエティに富み、世界最大級の橋梁が連なる姿の見事さが旅の印象を深めるでしょう。

写真は、瀬戸大橋区間の真ん中にある「与島」のPAからの眺めで、写真手前の2つの橋脚が「北備讃瀬戸大橋」で、その下の黒い三角の小島が「三つ子島」、その向こうが「南備讃瀬戸大橋」~四国の坂出市です。


草津・南洋軒のお弁当…が、まず瀬戸内海にたどり着く前に、いくつもの高速道路を乗り継がなければいけません。

写真は、名神の草津SAで積み込んだ、草津の老舗弁当屋さん「南洋軒」の幕の内弁当。
おいしそうでしょ~♪


善通寺1、駐車場から済世橋を渡って西院へさて、瀬戸大橋を渡って四国上陸を果たした我らがハニットアゼリアバスは、丸亀市~善通寺市と走り、弘法大師ご誕生所として有名な「善通寺」に到着します。

写真は、駐車場から西院入口の「済世橋」と、その奥に松林の中に「パゴタ」、橋を渡った正面に「聖霊殿」が見えています。


善通寺2、御影堂そのまま歩を進めると、「聖霊殿」の隣りに、この「御影堂」があります。

正式名称「屏風浦五岳山誕生院 善通寺」は、広い境内が大きく2つの寺域に分かれ、この「御影堂」を中心とする「西院=誕生院=弘法大師が生まれた佐伯家の邸宅跡」側と、

※御影堂の地下には、約100mの「戒壇巡り」があり、真っ暗闇の中を宝号唱えながらお大師様に心を通わせる修行場になっているそうです。


善通寺2、東院の五重塔西院寺域を通り抜け、一番奥の「仁王門」をくぐって進むと、その先には、創建時以来の寺域「東院=伽藍」になり、

こちらには写真の「金堂」や、「五重塔」などが建ち並んでいます。


大庄屋製麺善通寺を出発したバスが、次に立ち寄るのは、金刀比羅宮近くの四国香川名物うどん製麺所「大庄屋製麺 讃岐うどん・ゆう玄」です。

こちらで、工場見学と、


大庄屋製麺(試食)本物の「讃岐うどん試食」タイムとなっています。

伝統の足踏みによって生み出された、本場讃岐うどんの独特の強いコシをお確かめください。


喜代美山荘全景讃岐うどんで小腹を満たした後、いよいよ今宵のお宿、今回ツアーの呼び物、高松市街と瀬戸内海の夜景を楽しめる、峯山の麓にある「花樹海温泉・喜代美山荘」に到着します。

ご覧のロケーションに、わくわく感が募りますねぇ。


展望パノラマ大浴場夕食前に、ささっと浴衣に着替えて、屋上にある「展望パノラマ大浴場」へ。

黄昏から夕暮れ、そして夜の訪れ…時の移ろいが、遠望する高松市街の灯と瀬戸内海を航行する船の灯が徐々に輝きを増す、

こんな景色を、湯船から眺められるという至福のひとときをどうぞ!
※泉質は、甲種弱放射能冷鉱泉(弱アルカリ性低張性鉱泉)~いわゆる「天然ラドン温泉」です。


夕食フルセットそして、お風呂上りのゆったり気分で、夕食会場に集合。

写真のお料理がずらっと(と言っても、順を追って)並びます。

気になる左上の鍋は「みそ仕立て 豚鍋」。
その右、今回は「鯛かぶと煮」ですが、「鯛塩釜」になったりもします。

また、右下のビールは個人的なオーダーで別会計です、念のため。


季節の新鮮お造り特筆すべきは、やはり瀬戸内の新鮮お魚でしょうか。

季節の獲れ獲れ魚介が、その時の市場の状況によって何種か並びます。


ままかり、ちらし寿司、天ぷらお刺身もですが、こちらの「海老と野菜の天ぷら」、名物「ままかりの甘酢」も逸品、

そして、左下のひょうたん形の器の「鰆押し寿司」が、春の瀬戸内海を感じさせてくれます。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A156花樹海温泉 [喜代美山荘]宿泊