高校野球と阪神タイガースだけじゃありません …甲子園歴史館

甲子園球場に到着
とよてつ謝恩ツアー「A163 有馬温泉の旅」、1日目の立ち寄り先「甲子園歴史館・バックスクリーンウォーク」は、野球ファンには充実した見学コースであり、

そうでない人にとっても、結構知ってる情報満載の観光コースです。
(甲子園がなんらかのイベント中は、神戸市東灘区の「菊正宗酒造記念館」見学&試飲になっています)

バスが到着した甲子園は、2007年~10年のリニューアル工事により名物のツタが一旦除去され、現在は全国の高校に移植されていたうち、元気なものが再移植されている状況(しかも冬季なの)で、ちょっと殺風景な印象ではあります。
※リニューアル工事に伴って甲子園歴史館が2010年3月にオープン


甲子園歴史館入口円形になっている球場の外かべに沿って5分ほど歩くと、春夏の高校野球を記念した「野球塔」と、向かい合う位置にこの「甲子園歴史館」の入口に辿り着きます。


高校野球のボールウォール歴史館入口を入り、すぐにある階段を上ると、最初に出会うのが日本国高野球連盟の加盟校4253校と同数のボールを飾った「ボールウォール」と、床面に敷かれた「甲子園の土」です。


高校野球名勝負ギャラリーボールウォールに続いて現れるのは、かつて日本中を沸かせた春夏の高校野球の名勝負のメモリアルコーナーです。

写真展示のほか、名場面のビデオコーナーや、若田宇宙飛行士が宇宙でキャッチボールをした始球式のボール、小泉総理(当時)がストライク始球式をしたときのボールなどが展示されています。


甲子園ボウルコーナー私たちが甲子園と言えば、高校野球か阪神タイガースを思い出すのが一般的でしょうが、アメフトの好きな方たちは、別の言葉を連想するでしょう。

それがこの「甲子園ボウル」で、(5)番区画がそのコーナーになっています。

※甲子園ボウルは、全日本大学アメリカンフットボール選手権大会の、関東学生リーグ代表と関西学生連盟の代表による決勝戦のことで、1947年から毎年12月の第3日曜日に、この甲子園で開かれています。


ベーブルース来訪の記録1934年11月に来日した、米国MLB選抜チーム34名の中にいたベーブルースは、その人柄で日本中の野球フアンを魅了したと云います。

甲子園では、同年11月24、25日に試合があり、対戦相手として終結したのが後に日本プロ野球になる職業野球チームだったということが、案内されています。


阪神タイガースコーナー阪神電鉄が所有する甲子園球場は、1924年に全国中等学校(後の高等学校)優勝野球大会の開催のため建設された、日本初の大規模多目的野球場で、収容人数は国内最大級の47,508人を誇っています。

また、完成した年が申子(キノエネ)年だったので、甲子園と名付けられたと云います。

もうひとつの顔が、親会社阪神電鉄の所有球団「阪神タイガース」のホーム球場ということで、このようにタイガース関連の様々な記念の写真やグッズが展示されています。


昔の手書き選手名「バックスクリーンウォーク」とは、各展示コーナーを結ぶこうした通路を歩くこと。

通路の両壁は、このようになにがしかの甲子園にちなんだ展示がされています。

この通路は「阪神タイガースコーナー(9)」から、「バックスクリーンビュー」に続く(10)番通路で、壁面に昔は手書きで表示されていた選手名のボードが飾られています。


(11)番通路の選抜記録表示例えば、このような春夏の優勝過程の記録なども展示されているので、本気で見て歩いたら、随分時間がかかりそうな密度の高い掲示内容です。

この写真は(11)番の通路にある展示です。


バック スクリーンビュー入口その(11)番通路の中間に、普段は入れない「バックスクリーン」に出入りできる階段があります。

※バックスクリーンに観客が入れないのは、打者からピッチャー方向を見た時、観客でボールが見にくくならないためなのです。


バックスクリーンビュー今まで、室内と通路の「バックスクリーンウォーク」を続けてきた後の、
このバックスクリーンからの広々した眺めの開放感は、誰しも感動されるのでは、と思います。


BW12まんがと甲子園再びバックスクリーンウォークに戻って歩を進めると、次の区画(12)番に入ります。

この区画のタイトルは「まんがと甲子園」。
野球マンガが好きだった方には見覚えのある、あのヒーローたちが壁面狭しと大勢集結しています。

いくつ見たことがあるか、思い出してみるのも楽しいウォークです。


BW13タイガース歴代新人王バックスクリーンウォークの終点(13)と(14)のコーナーは、まずタイガース歴代新人王の紹介ブースがあり、


BW13・14甲子園ひろばドラフト体験最後に、甲子園検定やタイガースのクイズコーナーのある「甲子園ひろば」や、

写真奥で、若い人が試している「自分の名前を入力してドラフト会議を体験できる」コーナーなどがあります。

ここでバックスクリーンウォークは終点(約30分前後の行程)となります。

来た道を辿って最初の入口に戻るのに、6~7分というところでしょうか。


スタジアムショップ最後に、出口にある「スタジアムショップ」で、阪神タイガース関連のグッズを(フアンの方なら)いろいろ品定めできるので、フアンの方はバスの集合時刻を頭に入れておきましょう。

※バスの場所まで、歩いて約5分かかることと、今の季節はバスの停まっている場所近くにあるトイレに寄る時間も必要、かもです。

◆使用して写真は全て、2017年1月13日に撮影したものです。

展望レストランで昼食~甲子園、西宮神社へ …A163 有馬温泉の旅(1)

咲洲庁舎接近
今回のハニットアゼリアツアーは、毎年年始め恒例の『とよてつ謝恩ツアー』の「A163 有馬温泉の旅」同行取材でお送りします。

朝7:30に豊橋を出発したハニットアゼリアバスは、港大橋を渡って、大阪の西岸の人工島・咲洲(サキシマ)にそびる、写真中央の55階建て・高さ256mの咲洲庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービル=WTC)愛称「コスモタワー」にもうすぐ到着です。


02 DSC_0028中島運転士、長坂ガイド今回のバス旅は、中島運転士さんとバスガイドの長坂さんのほがらかコンビでした。

この写真は、最初の休憩場所「刈谷ハイウェイオアシス」での記念写真です。

この明るさと元気は、みごと旅のラストまで持続しました!


展望レストランでバイキング昼食予定通り12時頃に到着した私たちは、コスモタワー48階まで高速エレベーター2基に分乗してさーっと上昇!

1日目の昼食は、部屋に入ったとたん「わぁー♪」という歓声がもれるほどの眺望を誇る展望レストランでのランチバイキングです。


マイチョイスランチご覧のような景色を見ながらのランチタイムを楽しんで、


窓外の景色・アベノハルカスが見えます三方ガラス張りの展望レストランの高さは200m。

食事が済んで下に降りる前に、ぜひ各窓の景色をカメラに収めておきたいものです。

この写真は、展望レストランに入って正面、やや右寄りの窓からの景色です。

係員の女性が、あそこに見えるのが「あべのハルカス」ですよ、と教えてくれました。…どれか分かりますよね。


甲子園球場案内図腹ごしらえ出来たところで、バスは次の立ち寄り先「阪神甲子園球場」へ。
(※甲子園が使用されている時は「菊正宗酒造記念館」の見学・試飲となります)

バスが着くのは、図中の「現在地」の文字の近くで、そこから逆時計回りに「レフト外野席」下の「甲子園歴史館」入口を目指して歩きます。


甲子園歴史館入口5分ほど歩くと、この「甲子園歴史館」の入口が見えて来ます。

甲子園と言えば、深い緑のつたの葉がからむ球場のイメージが強いのですが、2007年秋~2010年春のリニューアル工事で、一旦つたは取り払われ2000年の20世紀メモリアル事業で全国に移植されたつたから、生育の良い233校の株が再び移植されたので、。


プロ野球の歴史甲子園と聞いて連想されるのは、「高校野球」「阪神タイガース」、人によってはアメフトの「甲子園ボウル」、そして日本プロ野球の様々な名場面でしょうか。

その人その人で、異なる甲子園の思い出が甦らせてくれるのが「甲子園歴史館」の様々な展示コーナーです。


バックスクリーンビュー球場の描く丸みに沿って歩く「バックスクリーンウォーク」の真ん中辺りに、球場内に出られる階段があります。

その階段を上ると、あの甲子園のバックスクリーン下に出ます。

ダイヤモンドを見入っている皆さんの背中側には、あの数々の名勝負を見守ってきたスコアボードと、オーロラビジョンがそびえています。


バックスクリーンウォーク13の入口バックスクリーンウォーク10番のタイガース背番号ヒストリー、11番の高校野球ユニフォームギャラリー、バックスクリーンビューに続き、

12番は、まんがと甲子園のコーナー(巨人の星、どかべん…等々)があって、その先がこの13番、そして最後の14番の企画展示コーナーになっています。

一番奥の14番の展示コーナーまで進むと、そこでUターン、入って来た歴史館入口(兼出口)に戻るようになります。


西宮神社・赤門甲子園見学を終えた後、バスは1日目最後の立ち寄り先として、えべっさんで有名な「西宮神社」を訪ねます。

毎年1月10日の午前6時に、大勢の走り手が参加して三人の福男を選ぶ「開門神事」でよく知っているはずの西宮神社には、バス乗車のまま境内に入るので、境内側から見た「赤門」が、意外に小さく見えることに驚く方が多いようです。


西宮神社拝殿商売繁盛・開運招福の神様、恵比寿様を祀る西宮神社の拝殿は、今年の福運を祈る人々で一杯。

この日(2017年1月13日)は、どうやら初詣のお賽銭回収日(?)のようで、神社の皆さん方は(拝殿と本殿の間で)大忙しのようでした。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらからどうぞ↓
A163 有馬温泉 [有馬ビューホテルうらら]宿泊