徳川御三家の威光と黒潮市場の魅力 …A806 謝恩・加太温泉の旅(4/4)

淡島神社本殿
人形供養のお人形淡島神社のご祭神は、少彦名命(スクナヒコナノミコト)と大己貴命(オホナムジノミコト)と息長足姫命(オキナガタラシノミコト)の三神で、女性に関するあらゆることを祈願できる神社です。

また、人形供養の神社としても知られ、2万体と言われる人形が納められて並んでいます。

写真のようなお人形ばかりでなく、多種多様な人形が境内のあらゆる処に並ぶ《驚きの状景》を見ることができます。


和歌山城マップそれでは、ハニットアゼリアバスに乗って、次の観光先「和歌山城」に参りましょう。

なんと言っても、徳川御三家のひとつ紀州藩のお城ですから、私たちのよく知っている名古屋城と同様(それ以上?)の規模なので、バス駐車場にある観光案内所(又はバスガイドさん)から、マップをもらって出かけましょう。


紅葉渓庭園から御橋廊下を見る上の「和歌山城マップ」の左上の(P)が、観光バスの駐車場です。(長い矢印の先が観光案内所です)

ここから和歌山場内に入るには、「茶室 紅松庵(抹茶460円)」から「紅葉渓庭園」に歩を進めると、写真の景色に出会います。

斜めに池を渡っているのは、二の丸から西の丸へ藩主と付き人だけが渡る「御橋廊下(オハシロウカ)」です。


御橋廊下入口から天守閣を臨む「紅葉渓庭園」を抜け、門を出てマップの通りに行けば「御橋廊下」を渡れる入口に出ます。

ここからは、これから行く「天守閣」も見え、和歌山城の壮大さが分かる場所でもあります。

御橋廊下は、無料で渡れるのでぜひ渡ってみましょう。靴を脱いで渡るので、足元が滑り止めの木で痛いのですが、よい土産話になりますよ。


和歌山城天守閣さあ、いよいよ天守閣の下にやって来ました。写真を見ると分かるように、少し横長で、とても1枚の画面には収まりません。

これは、大天守と小天守、台所、乾櫓(イヌイヤグラ)、二門櫓などが連結して、多聞櫓(タモンヤグラ)で繋がっている「連立式天守閣」という様式です。

この様式は、姫路城、松山城と合せ、全国に三城だけの珍しいものだそうです。
(※中に入ることもできますが、入城料410円が必要です)


紀州東照宮鳥居和歌山城を訪ねた後は、徳川家の社「紀州東照宮」に参拝します。

ご祭神は、日光と同じ家康公と、紀州徳川家初代藩主の徳川頼宣公です。

石の大鳥居をくぐって、まっすぐ参道を進むと、思わずたじろいでしまうような長い一直線の石段があります。


楼門この石段は「侍坂(サムライザカ)」と呼ばれる108段もある急なものです。

登り口の脇に「ゆるやかな階段」と記された立札があるので、足元が恐い方はそちらへ(…と言っても、結構きついですが)回りましょう。

侍坂の終点は、写真の朱塗り・極彩色の「楼門」が建っています。


本殿楼門をくぐると、目の前に拝殿・本殿がその姿を見せてくれます。

内部は、精巧な彫刻と狩野、土佐両派の絵が荘厳な美しさを見せ、その見事さは関西の日光の名にふさわしいものだと云います。(拝観料500円…巫女さんの案内付)


黒潮市場ずっと歴史を感じる名所を訪ね歩いたところで、疲れと空腹が…。

そこで、絶妙のタイミングで、立ち寄るのがお待ちかねのランチタイムです。

ここ「黒潮市場」は、いかにも明るい、南欧風リゾート地の一角にある鮮魚市場の殿堂です。


館内一歩館内に足を踏み入れると、威勢の良い呼び声の聞こえる、魚市場通りが展開します。

昼食後は、土産物選びに嬉しい悲鳴が出てしまいそう!


黒潮市場の昼食その昼食は、予想通りの、お魚三昧!

館内2階(場合によって1階も)の「和食レストラン 荒磯」の「海鮮ちらし膳」が、これです。


ちらしずし「ぶりかまアラ煮」も脂がのって旨い!昨夜の鯛兜煮といい勝負です。

ぶりかまの上の「鮪磯辺揚げ」も、サバ寿司も美味しいけど、看板の「ちらし寿司」もネタが新鮮でホント美味しいです。ご期待下さい。


イケメンお兄さんの鮪解体ショー美味しい海鮮昼食で、お腹いっぱいになったら、バスの出発時刻まで、ゆっくり館内を探訪しましょう。

運が良いと、黒潮市場名物の「マグロ解体ショー」に遭遇できるかも。
こんなイケメン兄さんの、上手いセリフ回しと、包丁さばきが見られましたらご喝采!!

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A806 加太温泉[加太海月]宿泊