憧れの名旅館「銀水荘」、自噴泉の湯触り …A802 稲取温泉の旅(3/5)

稲取銀水荘
玄関ロビーもうひとつの宿泊先「稲取銀水荘」は、東海ホテルからほんのちょっと先の、同じ海岸傍に建つ名門旅館です。

玄関を入ると、立派なロビーと旅館スタッフの方たちの笑顔が迎えてくれます。


ロビーラウンジ広々としたラウンジで、ほっとした後、係りのスタッフに案内されて部屋に向かいます。


 部屋和風のお部屋は、全室海岸に面していて、


部屋の窓からの夕景天気が良ければ、こんな相模湾の夕景が見られます。


2階大浴場入口「姫桜」と「菖蒲」それでは、お風呂に入りながら、夕焼けを愛でに参りましょうか。

2階にある大浴場は、男女の入れ替えはありません。

女性は「姫桜」、男性は「菖蒲」の暖簾をくぐります。


 「菖蒲」大浴場広~い大浴場の窓が、ほんのり夕焼け色に染まっています。


露天風呂夕景露天風呂からは、大海の夕焼けが一層間近に感じられます。

敷地内から自噴している温泉の泉質は、弱アルカリ性塩化物泉で、お風呂を出てからも温かさが長持ちする、良いお湯です。


 露天風呂夜の~んびり入っていると、陽がすっかり沈んで、こんな様子になります。


脱衣室化粧台女性の皆さま方には気になる化粧台は、男性用でもこれこの通りの充実ぶりです。

さあ、しっかり準備ができたら、夕食タイムはそろそろですよ。


土産物コーナー「伊豆のれん」ところで、まだもう少し時間があるの、と言うのなら、お土産処「伊豆のれん」を回って見るとか、


夜のラウンジ夜のラウンジで、ゆったりしてみるのも、旅の風情じゃないでしょうか。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A802 稲取温泉[銀水荘]宿泊