上るのに苦労はありますが、行ってみる価値あり◎ …あまるべ空の駅

あまるべ橋梁
ハニットアゼリアツアー「B765 「浜坂温泉の旅(4)」、2日目の立ち寄り先「あまるべ鉄橋空の駅」は、国道178号線を跨いで山陰線が運航している橋梁と、その下にある「道の駅あまるべ」、橋梁の上にある「あまるべ空の駅」の両方の立体観光地です。

写真は、コンクリート製の現役の橋梁と、一部残っているかつての「余部鉄橋」の2ショットです。


道の駅あまるべ以前、B765浜坂温泉の旅(4)でご紹介した「道の駅あまるべ」を、より詳しくご案内しましょう。

写真は「道の駅あまるべ」の全景です。


情報コーナー「道の駅あまるべ」の向かって右側は、余部橋梁の歴史を語るビデオとパネル展示の「情報コーナー」になっています。

明治42年(1909年)3月の地質調査から始まった「余部鉄橋」建設工事は、幾多の困難を乗り越えて、高さ41mを超す大鉄橋になった訳ですが、こんな高い鉄橋がなぜ必要だったのか、ということや、記憶に残っている方もみえる昭和61年暮れの列車転落事故、その後の橋梁架け替えなどが説明されています。


魚菜店店内情報コーナーの横(道の駅の左半分)は、地元・余部村の特産品などが並ぶ土産物店「魚菜店」になっていて、ここならではの土産物選びができるようになっています。


魚菜店、外部分「魚菜店」の外側にも、採れたての農産物が所狭しと並んでいて、私たち観光客の目を楽しませてくれています。


平成水明の郷公園と橋しかし、通常の道の駅と違うのは、店内だけでなく周辺も見るべきところが多々あることです。

写真は、国道の向かい、海岸に接した「平成水明の郷」公園と、海に注ぐ川に架かっている橋の一部です。

公園側に渡れば、見慣れた砂浜とは違う、角の丸い石が一杯転がっている海岸にも下りることが出来ます。


橋梁建設記念施設最初にご覧頂いた写真は、公園側から橋梁を撮ったものですが、今回の旅の思い出づくりになりそうなのが、その橋梁の下から、上の「空の駅」への登頂(?)です。

道の駅の前に建っている橋梁の足元に、かつての鉄橋の部材を使った記念施設の、鉄骨組みの「あずまや」があります。

このあずまやの前を通って、裏山に向かうのが「空の駅」へのルートです。


空の駅へ第1歩この、芝生広場の奥に見える階段が、空の駅へのスタートラインです。

ちなみに、地元の通勤通学の皆さんも、このルートで通われているようです。


登り始めなかなか勾配のある階段を上ると、さらに階段、そして上り坂。

でも、こうして見学を終えた人とすれ違うと、ちょっとファイトが湧いてきます。


振り返る橋梁の下をくぐって、振り返ると、こんな感じに下が見えます。

でも、まだまだ序の口なんです「空の駅」まで…。


折り返し割と勾配のある坂道を、こうして何度か折り返して上を目指します。

登らなきゃ良かったかなぁ、と弱音も出ますが、ここまで来たらゴールを目指すぞ、と頑張る気も湧いてくる、はずです。


やっと駅が見えた何度か折り返して、坂道を上って行くと、やっと小さな駅舎が見えます!

それにしても、通勤通学でこの坂を毎日、晴れの日も、雨の日も、雪の日も、なんて大変なんだ、と共感し、足が丈夫になるだろうな、とも思える瞬間ではありますね。

ちなみに下の階段からここまで、割とせっせと上って7~8分くらいでした。
※前回のコース案内(4)の12分は、駅に着いてホームを歩いて「空の駅」までの時間です。


餘部駅これが、山陰本線「餘部駅」のホームです。

残念ながら、列車が通る時間ではなかったので、無人駅そのままの写真となってしまいました。

ホームのベンチが、鉄橋の鉄骨そのもの、というところがスゴイです。


あまるべ空の駅そして、現役の線路の隣りに、下から見上げた旧・余部鉄橋の名残り部分が、門の先に「空の駅」展望所となっています。

やれやれ、やっとたどり着いたか、お疲れさま、とお互いに声をかけたくなりますね。


空の駅から見下ろす景色こちらが、頑張った人たちへのご褒美の景色です。

しかし、毎日朝夕にこの景色を見ている方がみえるとは…!
でも、いい思い出になるはずです♪

◆使用した写真は全て、2016年7月28日撮影のものです。

兵庫県北部「但馬国」の空、海、鞄、蕎麦との出会い …浜坂温泉の旅(4)

あまるべ鉄橋と道の駅
【1】「とれとれ市場」のお買物の後、バスは国道178号線を20分ほど東進して、地表からの高さ41.45mの高さを誇る「余部(アマルベ)橋梁」に到着します。

写真のコンクリート製の橋は2010年8月に運用開始した新しい橋で、その向こうに先代の「余部鉄橋」の一部が見えています。

また、橋の手前の赤い屋根の建物が、バスの立ち寄る「道の駅 あまるべ」で、一番手前の建物は私設の鉄道グッズの資料館です。


「道の駅あまるべ」と私設資料館「道の駅 あまるべ」の写真に向かって右側は、余部橋梁についての資料館になっていて、難工事だった先代の余部鉄橋の記録を中心に、ビデオ映像で外来者に説明してくれています。

左側半分は、地産農産物のどの即売所「魚菜店」と食堂コーナーになっています。

隣りの私設「資料館」は、鉄道好きな方には値打ちのありそうな鉄道グッズを並べたお店(?)です。


あまるべ空の駅実は、道の駅の上に「空の駅」があります。

余部橋梁の真下に、小公園があり、その先に橋梁を上る階段と坂道があって、上り約12分、下り約6分で、橋梁の上にある「余部駅」と先代の余部鉄橋の一部を残した「空の駅」まで行くことが出来ます。
(※脚に自信のある方は、バス出発時刻確認の上、どうぞ)


十八代 かすみ丸に乗船【2】空の駅の次は、海です。

兵庫県の日本海側の「香住海岸」は、過去の活発な火山活動による火成岩が節理と呼ばれる岩(東尋坊のような)を始め、様々な種類の岩が日本海の荒波で浸食されて、特徴のある色や形の島や断崖がいたるところにあります。

その珍しい風景を、親子二代の美人三姉妹船長さんの操船で、洋上観光する「かすみ丸遊覧クルーズ」が、次のイベントになっています。


五色洞門実は、かすみ丸の洋上観光の見どころはいろいろあるのですが、今回はそのコースの中でもクライマックスと言っていい「五色洞門」に船首を入れたところなど。

大きな船なので、全体は入れないのですが、こうして洞窟の奥に陽光が差し込んでいるところなど、見ることが出来ます。


洞門内の操船状況とにかく感心するのが、美人船長さんの操船でしょう。

船の行く先行く先の、あれやこれやの説明をしながら、どこにもぶつからず(…って当たり前ですねW)、どんどん進めて行くのです。


豊岡かばんの館【3】香住海岸の様々な動物の形をした岩島巡りを終え、バスは40分ほど走って次の立ち寄り先「豊岡かばんの館」を訪ねます。

遠く奈良時代以前から、柳行李の生産地であり、明治時代には三本革バンド締めの柳行李に漆を塗り錠前を取り付けた新型鞄を生産、「豊岡かばん」として発展しました。

今では全国のかばん製造の80%を占める地場産業になっています。


かばんの館館内1…というような歴史を踏まえた上で、館内2階に入ると、かばん、バッグ類を始め、小物入れ、お財布等々、お値打ち品から、しっかりした本革製品まで、ずら~り。


館内2 メンズかばんさすがに女性向けが6~7割を占めていますが、このようながっちりした男性用鞄も並んでいるので、お値打ちな掘り出し物を探すって、結構楽しいものですね。


いずしドライブイン【4】「豊岡かばんの館」で、お気に入りのかばんは見つかったでしょうか

バスが次に向かうのは、そろそろ皆さまのお腹が求め始めた昼食会場の「ドライブインいずし」です。


皿そば膳(秋バージョン)そして、こちらが2階昼食会場に用意されている「出石名物 そば膳」になります。

出石皿そばが3枚に、10月から供される「牛肉朴葉みそ焼き」、天ぷら、漬物、ご飯などが並びますが、注目はやはり“出石そば”。

画面左下の山芋とろろと、生卵をそばちょこに入れ、そばつゆ、薬味も足しておそばを頂きます。(しこしこで美味なそば)


ドライブインいずし1F売場昼食後には、1階の土産物売場をぶらつくのは、定番ですね。

最初の全景写真の、建物の裏山の奥に「出石城跡」がありますが、バスの出発時間があるので、ちょっと無理かも。

代わりに、全景写真右端の「陶芸館」で、出石焼きの製作工程を見学することもできます。


「京丹波味夢の里」【5】「ドライブインいずし」を出発すれば、後は懐かしの東三河に向かって帰り道になる訳ですが、ここで最後の立ち寄り先「京丹波味夢の郷」に寄ることになっています。

写真に向かって左側に長く延びている建物の、手前側は、京丹波市の観光案内所「京丹波ステーション」で、奥側は京野菜など地産品の即売所「京丹波マルシェ」が入っています。


京丹波ステーションこちらが、主に京丹波周辺~山陰地方の観光案内資料インフォメーションと、奥にレストラン「Bonchi」がある、左側ブロックの館内です。

(※写真に写っていませんが、こちら側に「京丹波製麺所」もあります)


京丹波地産品売場「京丹波マルシェ」そして、こちらが右側ブロックの「京丹波マルシェ」の様子です。

様々な京野菜のほか、地ワインやお米、各種の珍しい調味料類などが豊富に並んでいる産直スーパーなので、ご自宅用の食料品を探してみるのが良いと思います。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B765 浜坂温泉 [魚と屋]宿泊