ロビーに広がる黒部川の大パノラマビュー …宇奈月温泉「延対寺荘」

*未分類 | 金曜日 7月 29 2016 11:33 PM |

ロビーレストラン左側
玄関を入ったばかりはやや薄暗く、正面に緑色が光っている。

フロントの前を通って、歩を進めるとぱっと広がるこの眺め。

宇奈月温泉の老舗旅館「延対寺荘」には、こんな贅沢な景色があります。


 ロビーレストラン右側その横も、続くこの景観は、どんなに贅を尽くし、造園術のあらん限りを注ぎ込んだ庭園も、この自然のスケールには敵わないでしょう。

只今募集中の、ハニットアゼリアツアー「B400 宇奈月温泉の旅」の宿泊先のひとつ「延対寺荘」は、宇奈月温泉屈指の老舗旅館であり、また、この場所を選んでこその宝物の景観を誇っています。


右端部分のピアノバー渓谷のパノラマは、向かって右端にあるこのピアノバー部分にまで広がっています。

「延対寺荘」についての記述は、以前取り上げた「A017 宇奈月温泉の旅(2)(3)」をご覧ください。

今回のブログは、前回語り尽くせなかった延対寺荘の魅力を、未公開の写真を使ってご案内したいと思います。


04 DSC_0055ロビーラウンジそして、こちらが玄関を入られたとき、皆さんが最初に目にされる光景です。

この館内空間の展開が、歩を進めた際の黒部川の景観を一層引き立てているようです。


白えびの舞、ごぼうスープこちらは、前回は割愛した、土産物処に並ぶ商品の中で、目立っているものをご案内。

富山の土産物と言えば、「白えびの舞」ですね。
後ろに見えているのは「ごぼうスープ」。

海山の幸に恵まれた、富山県ならではの物産品が数多く並んでいます。


ちりめん細工品織物産地として有名だった富山県らしい、ちりめん古布を使った可愛らしいお人形や、お手玉、クッションなどが目立っています。


長野の銘菓「白い針葉樹」そして、お菓子の中でも北海道の銘菓「白い恋人」と並び称される「白い針葉樹」があります。

2枚のラングドシャでホワイトチョコを挟むのは同じですが、違いは、針葉樹の方が、ラングドシャがやや薄めで、ホワイトチョコの厚みがあるので、ミルクの風味が濃いことだと云います。


渓(タニ)の湯・内湯お土産物処の次には、延対寺荘の大きな魅力であるお風呂を徹底ご案内しましょう。

こちらは、前回にもご案内した1階にある男女入替え大浴場の「渓(タニ)の湯」の内湯。

露天風呂があるのは、この「渓の湯」だけとなっているので、男性は夜7時45分までに、女性の皆さまは、夜8時から翌朝にお入りください。


渓の湯内湯から露天へ向かうこちらのお風呂には、外にある露天風呂へのドアが見当たりません。

内湯の中をざぶざぶ歩いて、この扉から外に出ることになります。


渓の湯・露天風呂別カット露天風呂は、こんな感じの岩風呂です。

お湯は100%天然温泉・美肌の湯で、無色無臭のアルカリ性単純泉です。


露天風呂のジェットバス露天風呂にしては珍しいジェット噴流が、一番奥にあるので、お疲れの方はぜひご利用を。


 渓の湯、窓側から内側こちらのカットは、露天風呂から内湯に戻った際の別アングル。

こちらから見ると、洗い場まで見えるせいか、なんだか広く見えますね。


翆の湯2階にも、パノラミックな景観がすばらしい大浴場「翆(ミドリ)の湯」男性用と、「紅(クレナイ)の湯」女性專用があるのをお忘れなく。

この窓と浴槽のカーブの具合が堪りませんね。

◆使用した写真は全て2010年9月28日撮影のものです。