醍醐寺参拝後の昼食は、「雨月茶屋」恩賜館で「秋会席」を頂きます

醍醐寺 | 月曜日 12月 7 2015 11:34 AM | Tags: , , ,

01 DSC_0439 雨月茶屋恩賜館
醍醐寺境内の一角に建つ「醐山料理・雨月茶屋」の「恩賜館」は、昭和4年に宮内省より下賜された、京都御所から移築した由緒ある建物なのだそうです。

玄関正面の飾り付けいかにも京の歴史を感じさせる厳かな佇まいの玄関を入ると、「雨月茶屋」の名入りのぼんぼりのお出迎えが趣深く、これからお昼を頂く私たちの期待が膨らみます。

玄関からの小廊下玄関上がりを右に、短い廊下を歩むと、座敷があります。

皆、口数も少なく品よくふるまいたくなる(…?笑)、そんな空間です。

昼食会場のお部屋ありがたいことに、シックなテーブルと椅子が並んでいて、最近はきちんと座ることが少なくなった私たち(の大部分)をホッとさせてくれます。

秋会席そして、お待ちかねの昼食、京の「秋会席」です。

本当は、奉書鍋用の竹籠に並んだ具材や、お造り、松茸ご飯、デザートなどは順を追って出て来るのですが、ここは取材用に一度に並べています。

土瓶蒸しお料理は、どれも日本料理の良さを感じさせてくれるものですが、特に気になる「土瓶蒸し」の中身をご覧に入れましょう。

海老の隣りの白い具は、京都らしく骨切された「はも」です。
火を使う料理が二つあるので、まずは「土瓶蒸し」から火が入ります。

火が消えかかる頃、上のフルセット写真で見た土瓶蒸しの下にある黒い器に取って、カボスを絞って頂きます。

京野菜の奉書鍋土瓶蒸しの火が消えると、お次は竹籠の具材(野菜・鶏つみれ・海老しんじょ)を奉書の鍋に入れ、火にかけます。

紙の鍋でも、中につゆが張ってあれば大丈夫なのはご存じの通りで、やがて煮立ったところをれんげですくって頂きます。

塩味が薄めの京風のおつゆは、ダシが効いていてとっても美味です。

外の屋台食事が終わったら、バスの出発時刻まで外に出てみましょう。

このように屋台が何軒も並んでいて、酒まんじゅう、京漬物、清水焼、茶だんご、八橋、ゆばまん…etc etc、縁日のような楽しさです。

お休み処の茶店雨月茶屋さん直営のお休み処、お土産処もぜひぜひ覗いてみましょう。

写真真ん中の緑の服の方が売っている「ちりめんさんしょう」も、京都の名物ですね。

お休み処こんな風に、和装の女性が見られるチャンスが多いのも、いかにも京都、ですね。

雨月茶屋カフェ和風の茶店だけでなく、バス駐車場側には洋風のカフェもしっかりあるので、コーヒー党の方はこちらにどうぞ。

 雨月茶屋からの門ちなみに、お休み処広場の土塀の門を出ると、すぐ「三宝院」の入口受付があるようになっています。

◆使用した写真は全て、2015年11月27日に撮影したものです。