2日目は大阪、京都の観光名所巡りです …B505 石切温泉の旅(4)

新世界「通天閣南本通り」から
現在の「通天閣」は1956年(昭和31年)に再建された2代目で、初代通天閣が無くなって寂しくなった「新世界」商店街復興を期して復活したものです。
ちなみに初代通天閣は、今から約90年前に建てられたもので、上がエッフェル塔で下が凱旋門という大阪ならではの奇抜な塔だったと云います。この2代目「通天閣」の設計者は「東京タワー」の設計者なので、大分スマート!?
1996年(平成8年10月~9年4月)には、朝の連ドラ「ふたりっ子」で再び脚光を浴びたことが思い出されますね。(子役の茉奈・佳奈ちゃん可愛かったですね)


通天閣2通天閣のネオンは東西南北の合計4面あり、その大きさは、1面が横幅・約5.3m、高さ・約45mあります。
有名な「HITACHI」は東面にありますが、写真では「新世界100周年」の垂れ幕に隠されていますが、こちらは南面で、ネオンは「安心と信頼の日立グループ」となっている方です。


通天閣足元「通天閣(高さは103.3m)」の一番下は、このように道路になっていて、写真真中の青い看板の下にある通天閣入口から1956年当時、世界初だった円形エレベータで展望台に上ります。
5階(91m)の展望台に着くと、「幸福のマスコット」「福の神」として超有名な「ビリケン」さんが立派な台座にちょこんと座っています。 その不思議な表情と、愛敬あるポーズが人気で、いつもお願いをする人が絶えません。
また、通天閣の真下には、大正時代の将棋名人・坂田三吉を偲んで建てられた「王将碑」があるので、どこにあるか探してみましょう。


四天王寺西大門
通天閣から少しバスで移動すると、いかにも立派な寺院「四天王寺」が見えてきます。
写真の門は「西大門」で、今見えている諸建造物のほとんど全てが昭和20年の大阪大空襲で焼失した後、次々と再興されて往時の景観を取り戻したものです。


四天王寺四天王寺は、蘇我氏の味方をした聖徳太子が勝利を祈った誓願の誓いに則り、593年に建立された由緒ある大規模な寺院です。
写真の「五重塔」の前側にある「中門」は、伽藍の守護神である金剛力士 (仁王像)をまつっていることから俗に「仁王門」 と呼ばれています。
また、五重塔の後ろに屋根の一部が見えている「金堂」の、須弥壇中央に安置されている救世観世音を護って、周囲に寺名の由来である「四天王像」が祀られています。


清水坂
奈良、石切温泉、大阪と巡ってきたバス旅も、いよいよ最後の観光先「清水寺」にやってきました。
さすが、日本が世界に誇る京都の、そのまた代表選手の清水寺に向かう参道「清水坂」だけに、修学旅行生あり外国人あり私たち一般観光客ありで、この賑わいです。


清水寺入口 仁王門・西門・三重塔音羽山清水寺は法相宗(南都六宗の一)系の寺院で、広隆寺、鞍馬寺とともに、平安京遷都以前(780年)からの歴史をもつ、京都では数少ない寺院の1つとなっています。
また、石山寺(滋賀県大津市)、長谷寺(奈良県桜井市)などと並ぶ、日本でも有数の観音霊場です。
写真は、清水坂の終点の清水寺入口で「仁王門」「西門」の向こうに「三重塔」が見えています。


清水の舞台「仁王門」をくぐり、「西門」「三重塔」「経堂」を過ぎると、とても大きな「本堂」があり、本堂の前部分があまりにも有名な「清水の舞台」になっています。
舞台上から景色を眺めた後は、この先の「音羽の滝」から振り返ると独特の「懸造(カケヅクリ)」と呼ばれる山腹にせり出して建っている舞台の構造が分かります。

また、広い境内にはあらゆる神仏が混在しています。清水寺の本尊・観世音菩薩は宗派を問わず、物見遊山で訪れる人でも、等しくおおらかに救済してくれるということで、大勢の参拝者を集めています。


音羽の滝へ清水の舞台から本堂の回廊を巡ると、次に出てくる表示が「音羽の滝」です。
この石段を下った先がその「音羽の滝」になります。
よく神社仏閣の観光で、このような石段を下りると次は登り、ということがありますがこちらはそうではないので、安心して下りましょう。


産寧坂清水寺に参拝した後の観光先「産寧坂(サンネイザカ)」は、「三年坂(サンネンザカ)」とも呼ばれ、清水寺の参道である「清水坂」から七味唐辛子の「七味家」の脇道を北へ石段で降りる坂道のことです。

その先の「二年坂」までの緩い起伏の石畳の道も含めて云うこともあります。
京都らしいシックな日本料理の店や、気軽に立ち寄れる飲食店から土産物屋までが並び、舞妓さんの姿をした観光客の女性が歩いているいかにもな坂道です。

また産寧坂の名は、清水寺にある子安観音へ「お産が寧か(ヤスラカ)でありますように」と祈願するために登る坂であることからその名が付いたという説があります。


二年坂引き返し地点続く二年坂は、さらに北にある八坂神社、円山公園、高台寺、法観寺(八坂の塔)の有名観光地と、南の清水寺を結んでいるので、観光客に常に人気のスポットです。
産寧坂から二年坂に入ってしばらく下り坂を歩いて行くと、やがて「八坂の塔」が見えてきます。大体この辺りで廻れ右をするのがよいでしょう。
そろそろバスの出発時刻になる頃ですから…。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B505 石切温泉

朝湯、朝食どちらも都会の絶景付き …B505 石切温泉の旅(3)

大浴場「見晴しの湯」
一夜明けて、早速朝湯に出かけます。
昨夜入ったのが「夕ばえの湯」で、今朝入るのは「見晴しの湯」です。
このホテルも、お風呂は男女入れ替え制なので、こちらのお風呂も楽しめるんです。


露天風呂
露天風呂も、昨夜と同じ感じですが、朝の大阪の眺望も絶景です。
お風呂の泉質は、放射能泉(天然ラジウム)で、もちろん効能の保証された温泉ですから、の~んびり入りましょう。


充実したシャンプー・リンス・石鹸類ホテルセイリュウのお風呂で特筆すべきは、この充実した洗髪・洗顔・ボディソープ類です。
取材者の最近お奨めの馬油系シャンプー・リンスを始め、炭系、お茶系の洗顔フォーム、はたまた、むき卵肌になるという「ピーリングジェル」から温かい「クレンジングオイル」に「コラーゲン洗顔石鹸」と、
男でも心ときめく圧倒のラインアップです。


眺望絶景朝食バイキング会場
身も心もお顔もお肌もさっぱりつやつやして、9階のスカイルームの朝食会場へ。
この眺望は、昨夜頑張って上ったあの坂の上に建つホテルならではの、地上70階に相当する大阪の大パノラマです。


焼き魚とフランスパンしかも、この朝食バイキングの売りは景色だけではありません。
こんな風に焼き魚もあれば、フランスパンも、


たこ焼きもある大阪ならではの「たこ焼き」だってあります。


私チョイスの朝食ちなみに、こちらが私の選んだ、なんでもありの朝食です。
美味しくって、〇〇るのが心配ですけどね。


1階売店
お風呂も入りました。
朝食もたっぷり頂きました。
バスの出発までまだ少し時間があります。
というときは、売店ですね。
エスカレータから見た売店は、フロントの前にあるので出発時刻ぎりぎりまでお買物が楽しめます。


石切味噌ちょっと見、おしゃれなように見える売店も、やはり大阪のお土産物売場です。
肩の凝らない地元名物の「石切味噌」のお土産や、


大阪な土産ものいかにも大阪なネーミングのお土産もの。
なにしろ「面白い恋人」に「ぼりぼりちゃん」に「金運招喜」のセンスですから。


柿の奈良漬珍しさではピカイチ、「柿の奈良漬」です。
※柿の奈良漬につきましては、当日の土産物売り場ショットにあったもので、
試食をした訳でもなく、Netで検索しても奈良に1軒作っているお店があるだけで、試食をされた方のブログにも美味しい、とは書かれていません。ただ珍しさで勝負なら、お求めもありなのでは。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B505 石切温泉

アーバンリゾートホテルで夕食と夜景を …B505 石切温泉の旅(2)

ホテルセイリュウ
話は前後しますが、奈良東大寺を観光してバスが到着したお宿がこの東大阪市の石切温泉「ホテルセイリュウ」です。
近鉄奈良線近くに建つホテルは、大阪市のお隣り東大阪市(人口50万超)にあるシティホテルとリゾートホテルの性格を併せ持つホテルです。
大浴場や露天風呂があり、浴衣で館内を歩ける気軽さが観光旅行には嬉しいものですね。


フロント前のエスカレータ
玄関を入るとそこがホテルフロントで、すぐにエスカレータで2階に上がるようになっています。
1階には中華や和食の創作専門店が入っています。(※私たちの夕食会場は2階、3階の宴会場です、念のため)


洋室部屋は洋室と、ほかに和室もありますが、当日の参加人数等で変わるので、参考までに。
この洋室は、写真に写っているベッドルームのこちら側から撮影しているので、実際はこの写真のおよそ倍くらいの広さがあります。
部屋に荷物を置いたら、前回ご案内の「石切参道商店街」やその先の「石切神社」散策にお出かけ、ということになります。


夕食フルセットさて、お腹を空かせて石切参道商店街の坂道を帰って来ると、夕食タイムとなっています。
2階もしくは3階の宴会場には、こんなお料理がお帰りを待っています。
もちろん、いつものようにこんなに一遍に出ている訳ではないので、ご安心くださいね。
料理全体のテーマは「北海道」。


前菜それでは、個々に目立つ料理のご紹介を。
「前菜」は、左から「ホタテ貝ひものめんたい和え」「手長海老とアマゴ」「枝豆わさび味」、となっています。
小さいけれど、一品一品味わって頂くところが前菜のよいところですね。


ホタテのカルパッチョわさびソース貝ひもだけでなく、ちゃんと貝柱も頂けます。
「ホタテ貝柱のカルパッチョ わさびソースがけ」を召し上がれ。


お造り都会なのに「お造り」の鮮度もよく、美味しい。
写真は「鯛・鮪・紋甲烏賊」となっています。(市場の入荷で若干異なります)
また、最初の写真にある「天ぷら」は後から出てきますが、揚げたてでかりっとしていて、「鮭の柚子香味焼き」もしっかり美味しいですよ。


国産牛サイコロステーキ目立っている料理と言えばやはりこの「国産牛のサイコロステーキ」でしょうか。
鉄の器で各自好みの焼き方で「玉ねぎソース」で頂きます。


北海なべやはり冬に近付けば鍋でしょ。
ということで「北海なべ」はいかがでしょうか。
薄めの醤油味系のつゆで「鮭、帆立、豚肉、お野菜」を煮立てます。
あつあつ、ふぅ~ふぅ~で頂きましょう。


釜飯しめは「鮭釜飯」。
鮭と山菜と、関西らしく油揚げが、合います。
ご飯の口中でのほぐれ感が、ああ美味い、とうならせます。(おこげも好きな人には堪らないでしょう)
そのほか、「茶碗蒸し」が美味いです。
こちらも関西らしく、具に穴子と山芋を使っているのと卵のなめらかさに、板さんやるな…と感心させられます。


夜の露天風呂
美味しい料理にお腹が満ちたら、夜の街にタクシーで出る(?)のもよし、館内の食の専門店「和食・よし川」「中国料理・北京倶楽部」「鉄板焼きダイニング・極」に寄るもよし、カラオケボックスで騒ぐもよし、です。
でも、こんな夜景を見ながらの露天風呂は外せませんね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B505 石切温泉

奈良東大寺に参り、大阪の石切さんを参る旅 …B505 石切温泉の旅(1)

東大寺南大門
奈良、大阪、京都を巡るバス旅は、奈良公園にある「東大寺」から始まります。
さすが、奈良と言えば鹿。「東大寺南大門」前には、鹿たちがお出迎え。
この「南大門」、創建時の門は平安時代に大風で倒壊して、現在の門は鎌倉時代に再建されたものです。それでも、今はない鎌倉時代に再建された大仏殿の威容を偲ばせています。
門に向かって右に「湛慶」作の吽形(ウンギョウ=口を閉じた像)、左に「運慶」「快慶」作の阿形(アギョウ=口を開いた像)の「金剛力士像」があるので、しっかりとご覧下さい。


東大寺南大門前の土産物店と鹿
奈良公園の鹿は、春日大社を創建する際に、鹿島(茨城県鹿島神宮)から勧請した神が、白鹿に乗って春日山に入ったという言い伝えから、神の使いとして大切に保護されてきたということです。
その数、現在約1200頭。誰かが飼っている訳ではなくて、すべて野生の鹿なのです(!)
神の使いとされてきた歴史と、よく人になついている野生の鹿は他にないことから、国の天然記念物に指定されています。
餌は芝生や笹、木の芽などが主で、あの鹿せんべいはおやつぐらいの感覚だとか。
ちなみに、一束10枚で150円の統一価格(?)です。


「中門」「金堂(=大仏殿)」の手前にある入母屋造の楼門(2階建ての門)が「中門」です。享保元年(1716年)頃に再建されたものです。両脇からは、コの字形に回廊が伸びて金堂の左右に至っています。


金堂=大仏殿「金堂(=大仏殿)」は、創建から二度にわたって焼失、鎌倉と江戸時代に再建されています。創建時の建物は11間(86m)あったと言われていますが、現在の「大仏殿」は7間(57m)となっています。それでも世界最大級の木造建築であることは間違いありません。


大仏様東大寺のご本尊「奈良の大仏」として知られる「盧舎那仏(ルシャナブツ)」は、よく知られている通り、金銅製の仏像としては世界最大です。
その座高は、14.98m、体重250トン。お座りになっている銅座の高さだけでも約3m、頭のぼつぼつがひとつ30cm、お顔の長さ、約5.3m、幅、3.2mということです。
先にこの大仏様が完成(752年)して、それを包むように「大仏殿」を6年かけて造りました。


奈良公園MAP「奈良公園」は、「東大寺」「興福寺」「春日大社」、保存のための文化施設である「国立博物館」、「正倉院」等々と、豊かな緑の自然美が調和して、他に類例のない歴史公園になっています。
限られた時間の中で、「東大寺」を見学した後の観光の参考までに、公園MAPをどうぞ。


石切参道商店街マップ
さて、奈良公園からバスは大阪府東大阪市にある石切神社と石切参道商店街に向かいます。
こちらの「石切温泉ホテルセイリュウ」が今宵のお宿。
石切参道商店街は、ホテルから近鉄奈良線沿いにある小路を10分ほど歩いたところから始まります。
この「石切参道商店街」は下り坂(帰りは上り坂!)で、終点が「石切神社」ということです。
この石切参道商店街の特徴は、西の巣鴨と言われるくらいご年配のお客さんが多いこと。特に、占いの店が“とても沢山”軒を連ねています。
その他、特徴のある箇所をマップ内に明記しましたのでお役立てください。


献牛舎の中全体的に、お洒落、とは縁遠い商店街ですが、珍しいものはいろいろあります。
こちらが最初の珍しいもの「献牛舎」で、毎年7月2日にある石切神社の「献牛祭」の牛車が展示してある場所です。
なんでも田植えを終えた農家が、牛さんたちをねぎらうため昭和初期までやっていた行事が、昭和60年の丑年にちなんで復活したのだそうです。
なんだか、おどろおどろしいのが関西風なのでしょうか。


石切大仏お次の珍しいものは「石切大仏」です。
奈良の大仏さんを見てきた目には、そんなにすごくは映りませんが、一応日本三大大仏(三大の三番目とはかなりイージー…?)ですので、しっかりお参りを。


神社側の商店街入口そして、商店街の終点が石切神社であり、この参道商店街の入口アーケードです。
珍しいお店は、マップの中の「サザエさんの店(…自家製?馬油やゆずこしょうの店)」や「猫グッズの店」「(石屋さんの)石切大天狗」などがあります。
でも、占いをしてもらうなら、まず今日はどこで占ったらよいのでしょう?と占ってもらえそうなほどある占い屋さんが目立ちます。


石切神社地元で「石切さん」と呼ばれて信仰を集めている石切劔箭(イシキリツルギヤ)神社は、ご祭神が天照大神(アマテラスオオカミ)の孫にあたる饒速日尊(ニギハヤホノミコト)とその御子、可美真手命(ウマシマデノミコト)の二柱がお祀りされています。
この神社は、腫れ物の治癒に卓効ありと幕末の頃から評判が高くなり、今では「がん封じ」の霊験あらたかとして多くの参詣客が訪れるようです。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B505 石切温泉