いちごとお茶とマグロと、吊るし雛 …C653 静岡いちご狩り日帰り旅

C653 いちご狩りと静岡のお楽しみ | 水曜日 2月 15 2012 10:02 PM |

赤ずきんちゃん農園
まずは最初の目的地は国道150号線沿いにある「赤ずきんちゃんのおもしろ農園」で、いちご狩りです。


おばあさん温室とおじいさん温室早速、いちご狩り!いちご狩り!ということで、温室へ。
この赤ずきんちゃん農園のいちごハウスの広さは、日本最大級だということで、なんと総面積は5ha(テニスコート130面分!)。
いちごハウスだけでも2.2haあるんですよ。
写真は、左が「おばあさんハウス」、右が「おじいさんハウス」です。その他赤ずきんの登場人物の名前のついたハウスが並んでいます。


ハウス内部ハウスの中は、いちごが水耕栽培されていて清潔そのものです。
左右に生っているいちごをお好きにどうぞ。


メインの建物の内部いちご狩りを終えて満足したら、メインの建物でお土産用にいちごなどをお買物ですね。


グリンピア牧之原
「赤ずきんちゃん農園」を出たバスが次に向かうのは、これも静岡名物お茶の「グリンピア牧之原」です。
写真の正面が「工場棟」その右がお買物ができる「逸品館」。その手前はお食事処の「丸尾原」です。


逸品館内部工場棟の2階、3階を巡る製茶工場見学を終え、逸品館で自慢のお茶をよばれて、
館内でお土産を物色します。
お茶関連の食べ物の種類の多さに驚かされます。
試食も、うまく利用したいものです。


お茶関連のお土産
各種のお茶葉そのものや、「茶っかりそば」は想像が出来ますが、「茶あめ」「お茶羊羹」「緑茶ジャム」に「緑茶シロップ」などなど、お茶好きの方にはここでしか手に入りそうもないものばかりで、目移りしそうで困っ茶うでしょう。


試飲のお茶
こちらが試飲させてもらえるお茶です。
これぞ緑茶、ですよね。
この日の試飲茶は「朝比奈原 春の一番茶」でした。
お茶の表面にほこりが浮いているように見えるのは、美味しいお茶の証拠なんだそうです。


焼津・石原水産
そろそろお腹も空く頃になりました。
そうです、バスは焼津のかつお・まぐろを中心とした水産加工品の製造、販売をしている「焼津 石原水産」の「マリンステーション」に到着します。
そして、ここが今回のハニットアゼリアツアーの目的「マグロ尽くし膳」を頂く場所でもあるのです。


マグロ尽くし膳
どーんと出たこちらが「マグロ尽くし膳」です。
マグロ各種盛りお造り、マグロじっくりとろ煮込みのほかに、
マグロの南蛮漬け、マグロとシシャモ卵の自家製佃煮、かにの味噌汁、などなど存分にお召し上がりを。


店内
お腹一杯になったら、店内でお買物。


マグロ製品1さすがに充実のマグロ製品。
マグロかま焼き、かぶと焼き、はらも照り焼き、


マグロ製品2さらには、マグロチャーシューから、テールハムまで、
なんだか食べてみたいものばかりです。


ちりめんじゃこ詰め放題ここでは、ご自分で買ったお土産のほか、「ちりめんじゃこ詰め放題」もあるので、どこまで詰め込めるか、頑張ってください。


駿府匠縮
静岡市の郊外、丸子(マリコ)の入口辺りになる処に、広い敷地に多数の建物が展開している「駿府匠宿(スンプタクミシュク)」が今回のバス旅の最後の立寄り先です。


匠宿広場この「駿府匠宿」は、”創る楽しさ。味わう喜び。”をテーマにした体験工房と味わい処に、おみやげ処、展示館から成る「遊食共和国」です。
最初の写真の入口を入った処がこの広場で、「竹・和染工房」とおみやげ処の「鞠子楽市」休息所があります。


体験工房体験工房の、入って右側は「塗り物・和染め工房」で、こんな風に指導員の方に教えてもらえますが、一番短いもので20分、ほとんどのものは60分以上かかるので、また別の機会に、ということになりそうです。


連絡通路その他、名物とろろ汁があるお食事処「たくみ亭」、喫茶「まりこあん」の並びを見ながら通路を抜けると、


東海道歴史体験ホール現在、吊るし雛展を開催中の「東海道歴史体験館」が、どーんと建っています。
体験館の右隣は「レーザー加工・サンドブラスト工房」という洋モノの体験工房になっています。


吊るし雛展吊るし雛は、他所でも有名なものがありますが、さすが家康公が大御所として住まった駿府らしく、吊るし雛とは言え華やかさが違います。
さらに老舗の人形店の出品お雛様や古い歴史あるお雛様飾りが所狭しと並び、丁寧に観れば見るほど細部の味わいが感じられます。


人形の月志のお雛様写真は、静岡市葵区にある「人形の月志」のお雛様で、そのほかにも静岡市内の有名人形店のお雛様が並び、


多田家のお雛様また、百年の歴史があるという「多田家」のお雛様のように、時の流れの向こうが垣間見えるような雛飾りも展示されています。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
C653 いちご狩りと静岡のお楽しみ