そんなに船好きでなくても楽しい神戸港遊覧船の観光 …神戸ベイクルーズ

中突堤中央ターミナル海側外観
とよてつ謝恩ツアー「A163 有馬温泉の旅」2日目コースでご案内した「神戸ベイクルーズ」は、特徴のある建物や船舶などがとても多く、名前が分ればもっと楽しめそう。

船内アナウンスだけでは見落としてしまいそうな、そんな見どころをより詳しくご案内致しましょう。

写真は、神戸ベイクルーズの出発拠点の「中突堤中央ターミナル」。これからのクルーズへの期待を高めてくれる、明るいきれいな建物です。


ベイクルーズパンフレットその際に、頼りになるのはターミナル内のインフォメーションカウンターでもらえる、この「ベイクルーズのパンフレット」です。


ロイヤルプリンセス号に乗船前回の「A163 有馬温泉の旅(4)」でもご案内したように、乗船するのはこの「ロイヤルプリンセス号(乗船定員500名414トン)」になります。


前の方の席が人気この船は、遊覧船としては関西最大級の船で、前回もご紹介したように2階構造になっています。

皆さん、乗船タラップから船内に入るとすぐにある階段を上って、この2階船室の、それも前の方に席を取る方が多いようです。(撮影時は真冬の1月なので、かも)


後部デッキそれも良いのですが、これからは眺めが広い後部デッキがお奨めです。

舷側にも少し出られますが、後部の方が広くて快適です。ただ、いろいろ見どころを案内している船内アナウンスがはっきり聴こえないのが難点なのですが…。


右舷側に見える、モザイク、アンパンマン、観覧車船が桟橋を離れ、しばらく航行すると右舷側にこの景色が眺められます。

これが、この後私たちが行くことになっているハーバーランド「umie MOZAIC」とモザイク大観覧車、その後ろにアンパンマンミュージアムです。


左舷側、ポートタワー、海洋博物館、Hオークラ、オリエンタルHそして、左舷側には神戸のランドマーク「ポートタワー」を始め、背の高いホテルオークラ、その手前の海洋博物館、山形のオリエンタルホテルが並ぶメリケンパークが、きれいに観えています。


川崎重工造船所そこからもうしばらく航行していると、神戸港のもうひとつの顔、大きな造船所が姿を現します。

まず見えるのは、写真の「川崎重工神戸造船所」、


三菱重工神戸造船所続いて見えるのが、この「三菱重工神戸造船所」です。

どちらがどちらか見分けるには、写真の白い建物でしょう。時々、海自の潜水艦がドック入りしていて、その時は船内アナウンスがあります。

赤と黒の大きな船は2016年9月22日に川崎重工で進水したLPGタンカー「PYXIS ALFA」で、三菱造船所とは関係なく、たまたま停泊しているものです。


ポートアイランドと第一防波堤の赤灯台船は、全行程40分のベイクルーズ遊覧の中間点あたりで、神戸港から外洋になる大阪湾にちょっと出ます。

この写真は、神戸港の入口を守る「第一防波堤」の西側にある赤灯台と、遠くにポートアイランドを観ている形になります。


第一防波堤東灯台こちらは第一防波堤東側に建つ「東灯台」です。

灯台の壁面に『神戸港』と日本で唯一、港名が書かれている灯台としても有名です。


淡路大橋遠望この辺りを航行中に、淡路島に架かる「明石大橋」が見えるというアナウンスが入るでしょう。

肉眼ではなかなか見えないかと思いますが、こうして撮影データを拡大すれば、見えております。


神戸学院大学ポートアイランドキャンッパスその後、右舷にポートアイランドを見るコースで、徐々に港内に戻っていきます。

写真の大部分を占めているレンガ色の建物は、ポートアイランドの中にある「神戸学院大学」のキャンパスです。

随分おしゃれな建物で、さすが神戸の大学は違うナーと、思った方が多かったような…。


港大橋直前そのまま船は進んで、やがて前方にバスでも通った、赤い「港大橋」が見えて来ます。

この橋をくぐるのが、ベイクルーズのもうひとつの見せどころ、でしょうか。


赤白の船は、宮崎カーフェリー  みやざきエキスプレス大橋くぐりを往復で堪能して、いよいよ出発した中央突堤に戻るまであと僅かです。

赤白のきれいな船は、神戸―宮崎を結ぶ宮崎カーフェリーの「みやざきエキスプレス」で、左奥に、赤いポートタワーも見えています。

◆使用した写真は、全て2017年1月14日に撮影したものです。