見事なる袋田の滝と新鮮魚介おさかな広場 …B412 袋田温泉の旅(4)

袋田の滝

2日目の観光先、「袋田(フクロダ)の滝」は、茨城県久慈郡大子町(ダイゴマチ)袋田にあり、久慈川の支流である滝川上流にある長さ120m、幅73mの大きな滝です。
別名「四度の滝」と云い、滝が4段に岩肌を落ちていることから名付けられたと云う説と、昔、この地を訪れた西行法師が「この滝は四季それぞれの姿を見ないと真の風趣は味わえない」と、絶賛したと云うことから名づけられたとの2つの説があります。


滝手前の土産物通り

日本三名瀑(サンメイバク)に数えられているだけあって、バスから降りた駐車場から、軽い坂道を上って行く間にはちょっとした食べ物屋や土産物店が軒を連ねています。


滝へのトンネル

ちょっと面白いのは、滝を観に行く時にいつもある下り階段ではなく、軽い上り坂のこんなトンネルがあることです。


トンネルの説明

トンネルはかなり長いもので、このような構造になっています。
途中右側に出られる最初の支道の先にあるのが、滝川にかかっている吊り橋で、そこからの滝もまた異なる風情のある眺めだと云います。


見えた、袋田の滝

本命の眺めは、その先にある右への支道に入るとじきに目の前に現れるこんな景色でしょうか。


袋田の滝

トンネルという閉鎖された空間から不意に広がる大空間の迫力。
この「袋田の滝」は、「華厳滝」、「那智滝」とともに日本三名瀑のひとつに挙げられており、「日本の滝百選(1990年の人気投票では1位)」にも選定されているほどの見事な眺めの大滝です。


展望台からの眺め

さらにトンネルを先に行くと新たに造られた展望台へのエレベータが2基あります。
上った先にある展望台からの眺めは、滝の全体像がはっきり見え、また周囲の山の様子もよくわかるもので、特に今時分の紅葉シーズには素晴らしい眺めになっているでしょう。


おさかな広場・森田水産

袋田の滝でたっぷりオゾンを吸い込んだ後、バスは山中から太平洋岸を目指して走ります。
着いた先は、茨城県ひたちなか市の日本を代表する沿岸・沖合遠洋漁業の基地「那珂湊(ナカミナト)漁港」。
そこに水揚げされる獲れたてぴちぴちの鮮魚介類から乾物に至る豊富な海の幸が、ずらり並んだ「那珂湊おさかな広場・森田水産」に立寄ります。


店内1

店内には所狭しと鮮度の良い生の魚介類や、地元の手づくり干物や乾物などの海産物が並んでいます。


かに

こんなカニたちや、


とれとれ魚介類

とれとれの魚介類が¨お値打ち価格”で並んでいると、お土産買いにも力が入るってもんです。
しっかり買い込んだお魚類のスチレン箱をバス下部の荷物スペースに収めたら、「東水戸道路」「北関東自動車道」「常磐自動車道」を経由して、首都高の車窓に「スカイツリー」を見ながら、バスはひたすら懐かしの我が家目指すのです。

屋内大浴場+渓流露天風呂+お洒落な施設 …B412 袋田温泉の旅(3)

男性用大浴場

袋田温泉の歴史は古く、平安時代から「袋田の湯」と呼ばれ、また、田んぼの中から湧出していたので「田毎の湯」とも呼ばれ、茨城県内の人に利用されていたと言います。
近くには日本三名瀑に数えられる「袋田の滝」があり、周辺の大子温泉、月居温泉、淺川温泉、森林の温泉などと併せ、奥久慈温泉郷と呼ばれています。写真は男性大浴場「月見草の湯」。


露天風呂

泉質は、無色・透明・無臭のアルカリ単純温泉で、美肌効果があると言われています。
写真は男性用露天風呂です。
男女入れ替え制ではなく、専用で基本的な広さなどはほとんど差がありません。


渓流露天風呂入口

「思い出浪漫館」の売りのひとつが建物から下の谷川に下りる「渓流露天風呂」です。
渓流のすぐそばにあるので、やや長い階段を下りここまで来るとこれが脱衣場の入り口です。
男女は、しっかり分かれているのでご安心を。


渓流露天風呂

本当にすぐそばを渓流が音を立てて流れています。
自然に囲まれて手足を伸ばすと、これこそ旅の醍醐味だなぁ…って思えるのでは。


レストラン味の浪漫亭

お風呂に入ったついでに館内巡りをしてみましょう。
こちらは落ち着いた避暑地ムード溢れる、お好みハイカラレストラン「味の浪漫亭」です。
森の木々に囲まれた静かなレストランです。


手づくりみやげ工房

ここは1階ロビー横の「手づくりおみやげ工房 おたまじゃくしはかえるのこ」です。
名前からして楽しそうなショップですね。


シャンプー類

お土産も、普通の(?)観光ホテルや旅館よりも女性客向け、というか街なかのおしゃれショップのようです。
写真は多彩なシャンプー類。


婦人服

外の芝生のお庭にそのまま面しているのが、いい感じです。
こんなにお洒落なブティックみたいなんです。


お菓子類

もちろん、洋服やシャンプーばかりではなく普通にお菓子類もたっぷり並んでいるので、ご安心ください。


映画「桜田門外の変」展示

またロビーの一部では、ついこの前上映していた(まだ上映しているかも)映画「桜田門外の変」のロケ記録が展示されていました。
このあたりでロケをしたようで、出演者たちもこの浪漫館に泊っていたようです。


サイン

こんなサインも飾ってあります。
さあ、2日目はいよいよ日本三大名瀑のひとつ「袋田の滝」を観に行くので、ご期待を!

思い出づくりの「思い出浪漫館」の夜 …B412 袋田温泉の旅(2)

浪漫館全景

バスが近付くと、カーブしている道路沿いに木々に囲まれて建っている今宵の宿「思い出浪漫館」が見えてきます。
この宿の向こう側は、袋田の滝から流れる滝川になっていて、川沿いに「思い出浪漫館」は建っています。


浪漫館入口

際立って大きな木と、その周りの木立に囲まれた山荘風の玄関の前に立つと、いい思い出ができる予感にわくわくしてきます。


玄関ホール

その予感は、玄関ホールで確信に変わるでしょう。


ホールロビー

玄関ホールを抜けたところが、フロント、ロビーです。
円形のホールになっていて、曲線状に広がる景色に旅の疲れも吹き飛びます。


部屋イメージ

各自、各グループに分かれてそれぞれのお部屋に案内してもらうと、部屋でくつろぐ方、お風呂に行く方、館内探検を試みる方等、夕食までをゆったり過ごします。


夕食フル

そうこうしているうちに、待望の夕食のお呼びが掛かります。
取材のときにはまだ暑さが残っていたのですが、今は晩秋の食材に置き換わっているお料理もあるのかも。
いずれも、地元茨城県産の食材というこだわりが旅人にはうれしいものです。


ローズポーク鍋

まず気になるのが、火を使う料理ですね。左上のきれいな色合いのお肉は、茨城県産の「ローズポーク鍋」です。
火が通ったら、うっすらピンク色が残っている柔らかお肉を召し上がれ。


08-dsc_0137e9b68fe88289

きれいなお肉と云えば、こちらの「奥久慈軍鶏(シャモ)のたたき」もすてきな色合いです。
こちらは、みそだれで頂きます。お魚の刺身とはまた違う食感が、旅の味覚にアピールしてくるようです。


海鮮陶板焼き

お肉お肉と続けたら、海鮮料理で趣きを変えましょう。
もちろん、上にあるお料理写真にあるように、新鮮な「鮪と烏賊のお造り」や煮物の「金目鯛と野菜の炊き合わせ」などもあるのですが、やはり火を使ったお料理の「海鮮陶板焼き」が興味をそそりますね。


ポン酢で頂く

陶板の上で焼けてきたら、こうしてポン酢で頂きます。
それにしても、焼きたての魚介類ってどうしてこんなに美味しいのでしょう。


デザート

これも釜で炊いた、「大子産こしひかり」を漬物や茸汁で締めになるわけですが、その後に出てくるデザートのアップルパイがいけます。
男性にも別腹が備わっていることを実感できる美味しさです。

黄門様の「西山荘」と、圧巻「竜神大吊橋」 …B412 袋田温泉の旅(1)

西山の里桃源

最初の立寄り先、黄門様ゆかりの「西山荘(セイザンソウ)」の駐車場にバスが着くと、迎えてくれる建物がこの「西山の里 桃源」です。


桃源店内

なんだか趣もある建物なのですが、中に入るとこんな風なお土産物屋さんとお食事処で、店内を通り抜ける方が近道なので、遠慮しないで通らせて頂きます。
帰りにちょっとはお買物するでしょうから。


西山の里

店内から出ると、池と橋がバランスよく配されたお庭で、和の趣きに心がなじみます。


西山の里マップ

この西山の里から「西山荘」までの庭内の配置は、この地図で案内されています。


晏如庵案内板

西山荘に向かう途中にあるこの看板は茶室「晏如庵(アンニョアン)」のもので、少し階段を登ると、大きな池があり左手に行くとこの茶室、右手に行くと「助さんの住居跡」があります。


券売所のお土産

バスの時間もあるので、お茶を飲むのは後にして、目的の西山荘見学を優先します。
西山荘は財団管理になっていて、観光施設というより文化財管理をしている施設です。
入口には警備用の門があり、ガードマンがいる手前に券売所(管理事務所)があります。
券売所では、あの黄門様ゆかりの品々を売っておりますので、有難い気分を味わうのならこちらでお買物をされるとよいでしょう。


西山荘

1691年5月、家督を3代綱條に譲った水戸光圀公は「大日本史」の編纂事業に没頭しようと、建てられたばかりの西山荘に移り棲まれました。
1700年12月6日、この西山荘で亡くなられるまでの10年間、編纂の傍ら多くの領民たちと親しく交わられ、多くの人々から「黄門さま」と慕われたと云われます。


龍神大吊橋

和の心に触れた後は、どど~んと雄大な「龍神大吊橋」に立寄ります。
竜神川をせき止めた竜神ダムの上にかけられた竜神大吊橋は全長446m、竜をイメージさせる2つの大きな主塔の間は375mもあり、歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇っています。
また、橋の安全設計は一度に3500人もの人が渡っても大丈夫なようになっているそうです。


大吊橋対岸

ダム湖面からの高さ100mの橋の上からの眺めは素晴らしく、四季おりおりのパノラマが広がります。
竜神大吊橋を渡ると対岸に「木精の鐘(モリノカネ)」というカリヨンがあって、愛・希望・幸福の3種類の澄んだ音色が竜神峡に流れます。
この愛の鐘は2人でボタンを押さないと鳴らないので、特にカップルに人気があります。


水府物産センター

大吊橋のたもとには「水府物産センター」があって、


物産センター店内

龍神大吊橋にちなんだお土産や、茨城県の特産品が一杯並んでいるので、少し財布のひもがゆるみそうです。
バスは、この後今夜の宿泊先、袋田温泉「思い出浪漫館」という、ロマンのある宿に向かいます。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
B412 水戸黄門様ゆかりの地と日本三名瀑袋田の滝集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。