夏の思い出、琵琶湖と味覚とブルーメの丘 …C999 スリーセブン大作戦

琵琶湖・尾上漁港

夏の琵琶湖は「尾上(オノエ)漁港」を訪ねるところから、777(スリーセブン)の内容盛り沢山バス旅が始まります。
それにしても、海と見間違うくらいの広さはさすが日本一の琵琶湖ですねぇ。


小鮎天ぷら

尾上漁港では、朝日漁業協同組合の方から琵琶湖ならではの淡水魚の漁業と昨今問題になっている外来魚駆除のお話しなどを伺います。
さらに、琵琶湖で獲れる小鮎を試食させていただいたりします。


みずとりステーション

尾上漁港の次は、すぐ近くにある「道の駅 みずとりステーション」に立寄ります。


琵琶湖の魚甘露煮

「みずとりステーション」は、来年の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』に決定したということで沸いており、戦国グッズコーナーなどもありますが、なんと言っても琵琶湖の魚の甘露煮や噂に聞く¨鮒ずし”などの珍味がお酒好きな方へのお土産になるのでは。
ちなみに写真には、小鮎、鮎、ハス(一番大きな魚)鮒ずし、が写っています。


2階展望フロア

2階には、みずとりステーションの名のいわれでもある、琵琶湖と水鳥を観察できる展望フロアがあります。
琵琶湖の地図や水鳥、棲んでいる魚の種類などの絵が展示されていますので、ご覧になることをお奨めします。


麗守都関ヶ原

さて、バスは琵琶湖の北東部から南東部の関ヶ原市へ。
お待ちかねのお食事は、「麗守都(レスト)関ヶ原」で頂きます。


昼食フルセット

ど~んと並んだお料理は、今回のスリーセブン大作戦の目玉と言うべき「三大味覚食べ放題と松茸・伊勢海老会席」です!


蓋を開けると

金色の箱が気になって、蓋を開けると…美味しそうな霜降り近江牛!
「麗守都関ヶ原」では、近江牛か松坂牛か飛騨牛の三大ブランドだけしか扱っていないということです。
その日の仕入れで三大銘柄のいずれかになるので、係の方に訊いてみてください。
一緒に入っているのは「よもぎ笹目うどん」と地の野菜。
外に添えてあるお猪口に入っている灰色の液体は、しゃぶしゃぶ鍋に入れる¨コラーゲン”です。
味にコクが出て、お肌にもよいと評判です。


松茸寿し、牛炙り寿し

こちらも食べ放題の「松茸寿し」と「近江牛炙り寿し」です。
味付けはネタの下に隠された、秘伝の味味噌です。
お代わりはいくらでもあるので、安心して召し上がってください。


伊勢海老マヨグリル焼きと前菜
こちらは、伊勢海老マヨネーズグリル焼きと前菜です。
前菜の中にも松茸が。


茶わん蒸し

せいろの中には松茸入りの「利休蒸し」。


よもぎ麩とホタテ蒸し

下の段には「よもぎ麩とホタテ蒸し」


山ひらめの酢味噌

地味な存在ながらも、お肉中心のお料理に絶妙の取り合わせになっている「山ひらめ(コンニャク)の酢味噌」。


しゃぶしゃぶ

なんと言っても、主役は「しゃぶしゃぶ」です。
野菜とうどんを入れた鍋に、近江牛をそろりと…。


牛肉お代わり

謳い文句の通り、牛肉は食べ放題!お代わりはいくらでもあります。


土瓶蒸し

最後は「土瓶蒸し」でお口をさっぱりさせましょう。
それにしても、もう動けない…と言う声が聞こえてくるようです。


1階売店

それでも無理やり動いて、1階に下りると広いお土産物売り場になっています。


よもぎちゃん

伊吹山のふもとになる関ヶ原一帯は、よもぎが多く産するところから、「よもぎ饅頭」などのよもぎ製品が多種あります。
そのマスコットキャラクター「よもぎちゃん」は、皆の人気者です。


ブルーメの丘

お腹一杯になって、次の観光立寄り先は「ブルーメの丘」です。
正式名は「滋賀農業公園ブルーメの丘」と云います。
大変広い敷地に「町」や「村」や「牧場」「池」「花畑」などがある、腹ごなしには最適の施設です。
さあ、この橋を渡れば「ブルーメの丘・入場ゲート」です。


町への道

ドイツの農村や古い町を再現したブルーメの丘は、入口ゲートを入ったところからすぐに別世界に私たちを連れていってくれます。
写真は、ゲートから町への道の風景です。


町

町には、広場を中心に建物が多く建ち、農村レストランやバーベキューレストランを始め、体験工房やお土産物売店などがあります。


クラフト体験工房

こちらがクラフト体験工房。


トトロがいる売店

こちらは、トトロがいる売店です。


チューチュートレイン

広い園内を歩くのが大変な方には、チューチュートレインがあります。
※1回乗車200円。


池のスワンボート

定番のスワンボートが池面に映えて、いい感じです。
※3人乗り900円、4人乗り1200円


ホースライドパーク

その他、「ホースライドパーク(体験乗馬)」や牧場、丘すべり、アーチェリー等々、体を動かせる遊びが一杯です。
※体験乗馬 大人500円コース半周


ひまわり畑

牧場から「村」への移動の途中にある花畑(取材時はひまわり畑)は、当りの風景にもマッチして大変よい眺めです。


村の石窯焼きパン屋

まだまだご紹介するポイントは多いのですが、後は行ってからのお楽しみということで、最後に「村の石窯焼きパン屋」で、ざっとご案内とさせていただきます。