保津峡の四季の彩りの中、トロッコ列車はガタゴト走る …嵯峨野トロッコ列車

トロッコ嵯峨野駅
ハニットアゼリアツアーの今年の嵐山・嵯峨野の紅葉散策旅「C951 秋色の嵐山と嵯峨野トロッコ列車」の目玉企画、トロッコ列車を徹底ご紹介します。

写真は、嵐山レストランから徒歩で行く「トロッコ嵯峨野駅」です。周辺が住宅地で道も狭いため歩くのですが、ちょっとした京都散策気分も味わえるかと思います。

JR山陰本線の嵯峨嵐山駅に隣接した、レンガ調の駅舎がちょっとレトロで旅のわくわく感が高まりますね。


19世紀ホールとD‐51実物展示トロッコ嵯峨野駅の建物には、写真の「19世紀ホール」が付帯しています。

「19世紀ホール」には、19世紀の巨匠たちが好んで使用したピアノ名器「ベーゼンドルファー」、蒸気機関車の「C-56」「C-58」「若鷹号」などが展示されています。

トロッコ列車の発車時刻に余裕があれば、ちょっと覗いて見るのも良いかも知れません。


ジオラマJAPANまた、駅舎内部の奥の方にある「ジオラマJAPAN(入場料500円)」は、極めて精巧に作られた京都の史跡や街並みの模型の中を、走る様々な種類の鉄道模型が、趣味のある方には楽しい施設でしょう。

本物の列車運転席と同じマスターコントローラー(15分体験1000円)もあります。
ただ、残念ながら今回は時間が無いのでまたの機会になります。


発車間際のトロッコ列車さて、本命のトロッコ列車がホームに入って来ます。

満員のお客さん方が下りたら、早速乗り込みましょう。


屋根のない5号車こんな屋根のない車両(5号車)もあります。

風が感じられるフルオープンのこの車両は人気ですが、季節によってはちょっと寒いのが…。


座席こちらが車内です。

う~ん、レトロな座席!ちょっと硬いですが、これもまた楽し、です。

これで、時速25㎞、片道7.3㎞を約25分で走るのです。


ちらっと紅葉が写真の撮影時期は10月中旬です。

保津川沿いの木々に、ちらっちらっと紅葉が見えます。安心して下さい、11月になれば、見事になりますよ。


保津峡下りの舟最初のうち(行程の前半)、進行方向左側にある保津川を「保津峡下り」の舟が進んで行くのが車窓からよく見えます。

シーズンのピークには、何十艘もの舟が下る様が見られるそうです。

※ちなみに「保津峡下り(料金4100円)」は、トロッコ列車の終着駅「亀岡」から、嵐山渡月橋近くまでの16㎞を、2時間近くかけて行く渓流下りです。


保津峡駅のタヌキたち出発駅の「嵯峨野駅」、続くトンネルの中の「嵐山駅」の次にあるのが、この「保津峡駅」です。

ホームに並んだタヌキさんたちが名物の小さな駅です。


川の中の丸い岩いつのまにか、進行方向右側にある保津川の眺めに、〇〇岩、などのアナウンスが流れます。

車内は相当な騒音があるので、お聞き逃しのないように。(川の中の丸い岩ですが、すみません、何岩か聞き逃しました)


山陰本線の鉄橋こんな風に、ときどき交差する山陰本線の鉄橋を見ることができます。

写真を撮る方には、絶好のポイント。トロッコ列車も見どころの場所はスピードを落として走行してくれます。


亀岡駅そうこうしているうちに、ぐっと開けた場所に出てじきに、終点の「亀岡駅」に到着します。

駅前には、保津峡下りの乗船場まで(1000円)や、周辺の周遊コース(500円)を回る「京馬車」が乗降客を迎えています。

そして、ハニットアゼリアバスも皆さんをお待ちしています。


亀山駅で下車亀山駅のホームにトロッコ列車は到着。

乗っている人も多いのですが、ホームにも大勢の人が列車を待っています。

まずは、降りる人が全員降りて、それから乗車になりますので、人混みのホームを気を付けて降りましょう。


亀岡駅ホーム乗り込むお客さんもすっかり乗車して、トロッコ列車は嵯峨野駅目指して出発していきます。

25分とは言え、中身の濃いトロッコ列車の体験になるでしょう。

◆使用した写真は全て、2014年10月17日に撮影したものです。