美人の湯源泉かけ流しで味わう贅沢な時間 …おいがみ温泉「紫翆亭」

紫翆亭外観
只今参加募集中のハニットアゼリアツアー「B159 おいがみ温泉の旅」で宿泊するお宿「紫翆亭」は、肌に優しい源泉「美人の湯」を堪能できる人気のお宿です。

片品渓谷の美しい景観に恵まれたおいがみ温泉の温泉街から、少し離れた小高い丘の上に建っている「紫翆亭」は、すっきり美しく整った佇まいと館内施設、そして心のこもったおもてなしに定評があります。

今回は、以前「A701 「おい神温泉の旅(2)」と「A701 「おい神温泉の旅(3)」でご案内した「紫翆亭」の未公開写真による補筆記事として、ご覧ください。

※「紫翆」とは、紫と緑(=翆)のことで、山の木がみずみずしく美しいさまを表す「紫幹翠葉(シカンスイヨウ)」の略。


フロントロビー最初の写真の、大きな玄関ポーチから館内に入ると、こんなロビーラウンジになっています。

この写真は、ロビーにある売店「花ぐるま」の前(館内)から、フロントと玄関を見たところです。

※以前のご案内「A701 おい神温泉の旅(2)」の、2枚目の写真はフロントの前(玄関)から、中庭を撮っています。


中庭こちらがその中庭で、このホテル館内の各所から、異なる視点で趣ある庭園の眺めを楽しめるように(夜はかがり火で照らされ)なっています。


部屋の奥側から入口側の写真こちらは、以前の「おい神温泉の旅(2)」でご紹介したお部屋(入口からの写真)の、奥側から入口に向けて、室内を撮った写真です。

基本的には、4名以上のグループのお部屋ですが、当日の宿泊具合で少人数でもこちらになることがあるようです。


女性用大浴場女性用大浴場「乙姫の湯」は、おいがみ(老神)温泉近くの名滝「吹き割の滝」にまつわる浦島太郎伝説から、その名を付けられています。
(ちなみに男性用大浴場は「浦島の湯」)

泉質は「アルカリ単純泉」で、肌に柔らかなすべすべする“美人の湯”という特徴のある源泉です。

高い天井が気持ちい~い♪、と大好評です。


「乙姫の湯」洗い場きれいな大浴場の洗い場には、リッチな浴用洗剤が揃っています。

例えば、ノンシリコンの馬油シャンプー、リンスの、洗った後のしっとり髪や、お茶成分や炭成分のシャンプー・洗顔フォームなどの、洗い比べも楽しめます。


女性用露天風呂そして、大浴場内のサウナルームの前を通って出られる庭園露天風呂は、大浴場とはまた異なる、のびのびした入り心地が、温泉のよさを更に高めてくれるでしょう。


男女交代入浴露天風呂「銀河」左右対称にできている男性用、女性用の内湯と露店風呂の中間に、男女入れ替え制露天風呂「銀河」があります。

この「銀河」の入浴タイムは、男性が14:00〜20:00の間、女性は20:00〜翌朝9:30(夜のライトアップは23時まで)となっているので、ご注意を。


男性用「浦島の湯」ご覧のように、女性大浴場「乙姫の湯」と同じL字型の浴槽の「浦島の湯」。

高い天井も、外の露天風呂の形状も、全く同じです。


男性用露天風呂露天風呂も、全く同じしつらえです。


お風呂からロビーに戻る中庭回遊通路入浴タイムをたっぷりとった後、湯上り気分で中庭を愛でつつ、ロビーに戻る通路の様子です。


売店「花ぐるま」のぬれやき煎以前のご案内では、スペースの都合で省略していた売店「花ぐるま」のお土産物を、徹底紹介いたしましょう。(※商品により若干の入れ替わりをご容赦下さい)

まずは、写真の「ぬれやき煎」は、群馬県館林市で明治六年より醸造されてきた、まろやかで味わい深い正田醤油を使った、群馬限定の土産物です。

下の段には、群馬特産の「舞茸、野沢菜、こんにゃく」などを使った、ご飯のお伴的食品の数々。


二段熟成正田醤油コーナーぬれやき煎に使われている「正田醤油」の特設コーナーもあります。

「丸大豆二段熟成醤油」を始め、焼きめし煎餅、くるみゆべし、昆布割干し、たまりらっきょうなど、郷土色豊かな土産物です。


蒸しきんつば餡ものが多い(記者の主観ですが)群馬土産のうち、この宿の人気ベスト3に入るのが「蒸しきんつば」。

なつかしー、とおっしゃる方も結構多いと思いますが、餡が美味しいのです。

ちなみに、人気1位は以前にご紹介している「花まめ」なんだそうです。


「花雪肌」製品と「ひのき泥炭石」食べ物以外にも、美人の湯処らしい美肌製品が。

「花雪肌角質ジェル」を塗ったら、みるみるうちに角質がボロボロ出てきて、しかもお肌はツルツル。保湿ジェルもあってこちらも凄い保湿力でした…と、ネットに体験談がありました。

その隣は、毛穴の奥から汚れをかき出す、という謳い文句の「ひのき泥炭石」です。
バス旅のお土産に、こういったものもアリでは…。

◆使用した写真は全て、2013年9月23日撮影のものです。