蓼科高原のお洒落な雰囲気に似合ってます …蓼科高原チーズケーキ工房

蓼科チーズケーキ工房 | 日曜日 7月 31 2016 3:04 PM |

蓼科高原チーズケーキ工房
ハニットアゼリアツアーの『日帰り夏山の旅』シリーズの「C922 さわやか信州・白樺湖と清流の渓谷・横谷峡」のバス旅の、帰路に立ち寄る「蓼科高原チーズケーキ工房」を撤退ご案内しましょう。

写真は、2013年のグランド改装前のメイン建物(もちろん現存)の北側駐車場から見たところです。


01 チーズケーキ工房こちらが、改装後(現在)の「蓼科高原チーズケーキ工房」の外観になります。


お店の方のお奨めメインの建物に入ってみましょう。

お店の方一押しの賞品が、こちらの『ワンランク上のこだわり商品』と銘打たれた、りんごパイ、パウンドケーキ、マドレーヌです。

写真に写りこんだ手の先の「森の果実」ケーキも美味しいと評判です。


館内1さらに歩を進めると、とても広い販売スペースになっています。

グリーンのテーブル上のブルーベリーと、プラカップの自家製生チーズケーキが美味しそう!


館内商品1それでは、館内をもう少し丁寧に見てみましょうか。

写真の中、手前の緑色の箱はカマンベールチーズどら焼きで、左側奥には、チーズミルクケーキの箱が大量展示されています。


ミニ・クレームフロマージュほかこちらには、上の段にミニ・クレームフロマージュとクレームショコラ、カマンベールチーズどら焼きが、

下の冷蔵ケースには、左から生チョコケーキ(チョコレート色の包装)、カマンベールチーズ、さくらんぼミルクケーキなどが陳列されています。


壁際のスイーツたち壁に「Tateshina Highland Cheese Cake Factory」とあるその下には、ブルーベリームース、白桃チーズケーキなどが、あなたの訪れを待っています。


商品のアップ画像こちらの、カマンベールチーズどら焼きと、オリジナルチーズケーキはいかが?


商品のアップ画像2蓼科高原チーズケーキのサンプルです。

ふんふん、な~るほど、後は食べてみないと…という方には、試食コーナーもあるので、お楽しみに。

そのほか、この店のシュークリームが安くて美味しいと、ネットで評判になっているので、要チェックですね。


南側駐車場よりホールを突き抜けると、南側駐車場に出ます。

当日の加減で、バスがこちらに停まれば、こちら側から入ることになります。


南側入り口南側からだと、直接売場スペースに飛び込む感じになりますね。

ちょっといい感じを味わいたい方は、あえて北側に出て、建物の外観を眺めることをお奨めします。


再び館内ということで、南側から入ったところがこちらになります。

手前の緑色がブルーベリーと自家製生チーズケーキ、右側の赤い箱は、人気ナンバーワン(当時)のりんごパイです。

なお2013年5月、館内に洋生菓子を販売する店「たまごとミルクとりんごの樹」がオープン、ケーキやシュークリーム、焼き菓子など30種類以上が並んでいます。

特に、ドーム状の「ズコットチーズケーキ」が人気だとか。また、隣接するイートインコーナーの紅茶やコーヒーの無料サービスは見逃せません。

◆使用している写真の大部分は、2012年8月22日撮影のものなので、お菓子の名称や種類、写りこんでいる価格に変動があるやも知れません。ご容赦ください。