山奥の乳白色の秘湯を満喫できる …白骨温泉「ゑびす屋」

白骨ゑびす屋 | 木曜日 6月 30 2016 8:08 PM | Tags: , ,

ゑびす屋外観
こちらのお宿も、今回のハニットアゼリアツアー「B335 白骨温泉の旅」の宿泊先になっています。

奇しくも「B324 「白骨温泉の旅(2)」でご紹介しているのですが、白船グランドホテルと「ゑびす屋」のどちらにしようか、とお悩みの方のため、こちらも未公開写真にて、詳しくご紹介させて頂きます。


「ゑびす屋」玄関最初の写真の、白抜き文字で「ゑびす屋」とある赤のれんの横が玄関で、そこを入ると、こんな様子の上り口になっています。

沢山並んでいるスリッパを履いて、左手にあるフロントでガイドさんが宿泊手続きをしている間、奥に進むと、


ロビーラウンジ明るいロビーラウンジがあります。

ここでしばし待って、お部屋が決まったら、


階段途中の景色浴衣に着替え、こんな景色を眺めながら、ゆっくり階段を下りて(エレベーター、もちろんあります)、


お風呂入口お風呂にでかけましょう。

ここは、湯上り処になっている場所で、写真に御婦人とある「女湯」と、右側の「男湯」に分かれます。


男湯、内湯それでは、まずは内湯に浸かりましょうか。

浴槽の縁を白く覆う石灰成分の層が、天然自然の温泉の由緒を伝え、乳白色の湯が効能を期待させてくれるようです。


石灰の堆積こちらのお宿の浴槽は、このように石灰成分で真っ白になっています。

白いお湯は、手にすくっても白く、湯に浸ると肌にやさしい、極上のお湯だということが分かります。


露天風呂外にある露天風呂は、このようにかなり下にあり、屋外階段で下りるようになっています。


露天風呂この「白骨温泉」は、700年昔から、地元民のための湯治場として知られていましたが、中里介山が小説「大菩薩峠」でその名が出したことで、全国区になったということです。

「含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩温泉(硫化水素泉)」という、様々な有効成分を含んだ湯は、飲んでも効用があるありがたい温泉です。


露天風呂の石灰堆積露天風呂の石にも、このように石灰成分が付着しています。

お湯の温度は、内湯より露天風呂の方が少しだけぬるめなので、ゆったりとした気分で長湯することができます。


露天風呂から内湯を見上げるこちらが、露天風呂から上の方を見上げたところです。

これくらい、段差があるのです。


夕食のお料理イメージもうひとつの旅の楽しみの夕食については、前回のブログをご参考頂くとして、前回取材で訪問した際の印象は、奥深い山の宿の特徴を生かした料理になっていること、でした。

この写真は、5年前のものですので、あれから積み重ねた料理の新しい工夫が楽しみです。


くるみゆべし、栃の実煎餅、塩羊羹最後に、前回は土産物売店として、さらりとご案内した白骨温泉のお土産を、少し詳しくご紹介しましょう。

写真は、お菓子系のお土産で「くるみゆべし」「栃の実煎餅」「塩羊羹」などが並んでいます。
※壁面は、シャンプー、洗顔フォーム、お茶石けんなどで、ジュース類ではありません(笑)


地酒類代わって、こちらは地酒と地産嗜好品(青こしょう醤油、信州味噌、とうがらし梅茶、松茸茶、野沢菜、きゃらふき等)の陳列です。

地酒のひとつは、有名蔵元・七笑(ナナワライ)の、秘伝・辛口純米酒「豪笑」。キリッとした飲み口が魅力です。

一方「大雪渓 吟醸」は、安曇野の蔵元の「北アルプスの天然雪解け伏流水と地元米」が原料の、フルーティーな香りとスッキリ後口のお酒です。

◆使用した写真は、全て2011年6月19日に撮影したものです。