加太海月の魅力を深掘りしてみました

加太海月 | 土曜日 4月 30 2016 11:57 PM | Tags: , ,

加太海月看板夕景
左のカテゴリー欄の、「A806 加太温泉の旅」の中で、ご案内した「加太海月」が、「B735 絶景と美湯の猟師町旅館・加太温泉」の宿泊先となっておりますので、先回未使用の写真にて、同館のロケーションの魅力を中心に、深掘りしてご案内いたします。

写真は、夕暮れを迎える海辺の旅館「加太海月」の門の銘板です。


玄関ホール玄関ホールに入ると、フロントがあり、画面右側にロビーラウンジがあります。


ロビーラウンジの夕景そのロビーラウンジから、穏やかで美しい海の夕景が、このように見られます。

(※天候に恵まれることが条件なのは言うまでもありませんが…)


部屋からの海景色お部屋からも、このように伸びやかな海の夕景が眺められます。


大阪湾~紀伊水道の夕景運が良ければ、こんな夕焼けが見られるのです。

目の前の海は、大阪湾と紀伊水道の、ちょうど接合している辺りになるようです。

遠方にぼんやり見える大きな島影が「淡路島」。手前に濃く見える島の向かって左が「沖ノ島」、右が「地島」です。


部屋備え付けの海の眺め案内う~ん、どれがどれ?

と、分かりにくい宿泊客のために、このような案内板が各部屋に備えてあります。

でも、こんなにぼんやりしてしまっては、ちょっと無理ですね、明朝ご確認ください。


大浴場入口大浴場ののれんは、着いた日はこのように左が女性、右が男性になっていて、翌朝は男女が入れ替わりますので、ご注意を。


飽等(アクラ)の湯男性の着いた日のお風呂は、この「飽等(アクラ)の湯」になっています。

その名は、万葉歌の「紀の国の 飽等の浜の 忘れ貝 吾は忘れじ 年は経ぬとも」から取っています。

加太温泉は、そんな昔から名湯として有名だったようです。


露天風呂「飽等の湯」露天風呂の良さは、外の景色を身近に感じながらの入浴なのは、ご承知の通りですが、それにしても素晴らしい海の夕暮れ!

泉質が、炭酸水素塩泉(重曹泉)なので、お肌がするするして、男性陣でもうっとりするような天然温泉の良さが一杯です。


露天風呂の夕景それにしても、刻々と色が変わっていく大海原の夕焼けは、あまりにすばらしく、湯のぼせに注意が必要なくらいです。


ロビーラウンジの贅沢なくつろぎタイム季節によっては、ロビーラウンジでこんな夕映えを見られるかも知れません。

このソファのゆったり感も堪りませんねぇ…。
ちなみに、夜にはバーカウンターも営業しているので、大人の夜が楽しめそうですね。


夕食最初のセッテイングところで、いつもフルセットで全部のお料理を並べてご紹介していますが、最初は大体このようなセッティングになっているのは、ご承知の通りです。


鯛めしをこれから炊く上の最初のセットの中の小さなお釜は、前回もご紹介した「鯛釜飯」ですが、炊く前はこのようになっています。


鯛釜めしを頂く固形燃料の火が消えたら、このように飯茶碗によそって、頂くわけですが、これが本当に美味しいのに、お腹はもう一杯!となると、

もったいないなぁと、つい思ってしまう方は、最後のお腹の余白を上手に残しておいてくださいね。


売店のお酒こちらも、前回スペースの都合で、ご紹介し切れなかった売店にあった紀州のお酒です。

やっぱり「吉宗」とか「紀伊国屋文左衛門」なんてのがあるんですね。
こんなお土産も、楽しいかも知れませんね。

◆使用した写真は全て、2014年11月20日に撮影したものです。