おはらい町通りとジャズドリーム、新旧買物比べ …A074 わたかの温泉(4)

おはらい町通り

バスの駐車場からしばらく歩くと、おはらい町通りらしさが感じられる店の並びになってきます。


五十鈴茶屋

抹茶と節季菓子の店「五十鈴茶屋」や、


赤福本店

創業が宝永4年の「赤福本店」などの伊勢の有名老舗が並ぶ辺りが中頃で、


もうすぐ宇治橋

土産物店や伊勢らしい食べ物屋の並ぶ通りを歩いて行くと、岩戸屋や赤福の支店でおかげ横丁が終わり、「宇治橋」や大鳥居の見える広場が見えてきます。


出来たての宇治橋

「宇治橋」は、長さ101.8m、幅8.42mの檜造りの橋で、五十鈴川にかかっています。
当初は宇治橋も式年遷宮の年に架け替えられていましたが、昭和24年の式年遷宮が太平洋戦争の為遅れ、橋だけでもということになり以降、式年遷宮の4年前に架け替えられることになり、今回も平成21年11月3日に架け替えられた橋の「渡始式」があったということです。


宇治橋

「宇治橋」の外側と内側には高さ7.44mの大鳥居が立っています。
この橋は俗界と聖界との架け橋といわれ、この橋を渡るとそこは神域ですから、身も心も引き締まります。


宮域図

皇大神宮(コウタイジングウ)「内宮」は、皇室の御祖神である天照大神を御祭神とする、日本の神社の総氏神という大変重要な神社です。
二十年ごとに神殿を建て替える式年遷宮は、千三百年も続く行事で、次の第62回は平成25年に行われることになっています。


内宮

鬱蒼たる杉並木の間を玉砂利を踏みしめて随分歩いた後、内宮の御正殿の前の「御幕(オンマク)」が掛けられている外玉垣南御門前で参拝をすることになります。
ここまで来るのに、かなり時間がかかりますのでバスの発車時刻を十分考えておかげ横丁の買物を優先するか、内宮参拝を目指すか事前に決めておく必要があります。


ジャズドリーム長島

伊勢神宮内宮とおかげ横丁を観光して、昼食と海産物ショッピングをした後、最後の立寄り地「ジャズドリーム長島」にバスが到着します。
有名ブランドのアウトレットショップが並ぶジャズドリームは、今までの観光土産ショッピングとは違ったお買物タイムになることでしょう。


ジャズドリームの店並び

正式名は「三井アウトレットパーク・ジャズドリーム長島」というこの施設は、ノースエリアとサウスエリアに分かれ、さらに2階と1階に数々の有名ブランドや、食事処が並んでいます。


カフェタナカ

いろいろなお店を回って付かれた方は、ノースエリア1Fの「カフェタナカ」の前はゆったりした椅子などが並んでいる休憩広場ですから、そこで休んでもよし、「ジャズロール」という名のロールケーキをお土産にするのもよしです。

渡鹿野島で海の幸を味わい尽す …A074 わたかの温泉(3)

宴会場通り

お風呂に入ってすっきりすると、次のお楽しみ夕食が待ち構えています。
いそいそと宴会場に向かう時が、観光バス旅の醍醐味でもあります。


夕食フル

お約束の海の幸尽くしのお料理が、ずらりと並びます。
もっともこれは、冬の料理ですから4月に入ってからのツアーに参加の方々には、春の料理に変わっているのでしょうが。
いずれにしても新鮮な魚介類が待っていることだけは、間違いありません。


鯛姿盛り

こちらは春に旬を迎える「鯛の姿盛り」。お二人に一舟付いています。


伊勢海老活き作り

海老で鯛ならぬ、海老と鯛の共演であります。こちらは、冬の味覚なので、4月中頃までの出陣のようです。


突き出し

板さんの腕の見せ所「突き出し」に牡蠣の醤油煮が、


ホタテ焼き物と蛤のコキール

と思えば、ホタテの焼き物と蛤のコキールが存在感を顕わにしています。


ミニ牡蠣鍋

先程の夕食セットの右側にあった紙鍋は、ミニ牡蠣鍋で、甘めの味噌に牡蠣がぐつぐつ煮えたら頂きます。


牡蠣の炊き込みご飯

さらには、熱々の串刺し天ぷらも鯛の兜煮も美味しく頂き、締めはお釜で炊いた牡蠣の炊き込みご飯となります。
ただし、牡蠣は3月までなので、4月のツアーにご参加の方には別のお楽しみが待っていることになりますが。


くらぶ風待ち舟

お腹一杯になって、夕食会場を後にして、元気な方には「くらぶ風待ち舟」がスタンバイしていますので、気分を変えてもうひと頑張りいたしましょう。


10-和食処花暦

くらぶのカラオケでカロリー消費して、小腹の空いた方には「和食処花暦」がお出でを待っております。


4人以上のお部屋

そんなこんなで夜が更けて、翌朝すっきり目覚めたら、朝湯朝食とまた元気の素を仕込みましょう。
写真の部屋は、基本的には4人様用のお部屋になっています。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A074わたかの温泉コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

お風呂自慢の、島の観光ホテル「福寿荘」 …A074 わたかの温泉(2)

福寿荘

鳥羽からシーサイドライン、パールラインを走ってバスはひとまず駐車場に。ここから渡鹿野島に渡る船が迎えにきてくれます。
目指す今宵のお宿「福寿荘」は、船着き場からすぐの処に建っています。


ロビー・ラウンジ

ウエルカムの玄関を入ると、明るいロビーが目の前に開けます。


売店

売店のお土産選びは夕食後か明日の朝として、


庭園露天風呂への渡り廊下

お部屋に入ったらそそくさと浴衣に着替え、この宿自慢の庭園露天風呂「風待ちの港」に出かけましょう。
プールを横目にしながらの通路を歩いていると、なんだかわくわくしてきます。


庭園風呂の入り口

入り口で男性女性、左右に分かれて、


男性用内湯

脱衣場に湯上がり休憩所も付いていて、内湯と露天風呂が大きなガラス窓越しに見えている開放的なつくりになっています。
男性用内湯はこんな具合です。


男性用露天風呂

大きなガラス戸を開けて外に出ると、六角形のお風呂とその向うに打たせ湯が数本落ちている岩風呂が広がっています。


檜サウナ

木の香も高い「檜サウナ」もあって、旅の疲れを癒やすにはもってこいのお風呂です。
しかも泉質は、ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉で、傷、火傷、打ち身、皮膚炎、疲労回復に薬効性が高いと云われている温泉です。


露天風呂から内湯を臨む

とにかく明るく開放的なことが最大の特徴で、露天風呂から内湯はこんな風に見えるんです。
内湯の左側も露天風呂が延びていていて、少し深くなっている歩行湯になっています。


女性側内湯

女性用のお風呂も基本構造は一緒ですが、浴槽の形が少し異なっています。
これが女性用の内湯で、大きな開放的なガラス窓は一緒で、


女性用露天風呂

女性用の露天風呂は、赤い日傘がポイントで、岩風呂の横の浴槽も丸い桶形になっていて優しい雰囲気を出しています。
もちろん檜サウナはこちらにもありますから、夕食前のひと汗を流すのもよいでしょう。
この「庭園露天風呂・風待ちの港」のほか、6階に展望大浴場もあるので、朝湯はそちらにして、温泉気分を満喫しましょうね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A074わたかの温泉コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

美しい和洋の混在、六華苑とミキモト真珠島 …A074 わたかの温泉(1)

桑名・六華苑の洋館

六華苑(ロッカエン)は、山林王と呼ばれた桑名の実業家、二代目諸戸清六の邸宅だった建物です。
全体で18000㎡余の広大な敷地に洋館、和館、蔵などの建物が建っています。


庭園側からの六華苑

六華苑を特徴づける一部4階建ての木造洋館は、鹿鳴館を設計したことで有名な英国人ジョサイア・コンドル博士の設計で、明治44年着工~大正2年に竣工したものです。
この写真は、「池泉回遊式」の日本庭園側から撮ったもので、洋館の左に和館が長く延びています。


六華苑邸内への入り口

洋館の右側に和風の玄関があり、邸内の見学用の入り口になっています。
中に入ると正面に喫茶ルームがあり、右側には「離れ」と「お蔵」、左側に「和館本館」と「洋館」の広い邸内を見て回るコースになっています。


和館本館の畳廊下

右側の離れだけでも、大きな屋敷だなと思う方が多いはずですが、左に入った和館本館はさらに広く、写真は二の間辺りから一の間方向を右に見て、左側に庭園を臨む長い畳廊下を撮ったものです。
この数寄屋造りの豪壮な日本建築に、圧倒される方が多いと思います。


洋館ゲームルーム

和館の規模に驚いた後、洋館に入ると「風と共に去りぬ」の屋敷を連想させるような眺めに感激です。
写真はゲームテーブルのある一間で、主な各部屋にそれぞれ暖炉があるのには驚かされます。
またこの洋館は、ただ今(2月現在)上映中の映画「人間失格」のロケ場所になったことが、大きくアピールされています。


九華公園と七里の渡し跡

六華苑の近くに、旧桑名藩の城跡でもある「九華公園」があります。
写真の左の看板辺りが有名な「七里の渡し」跡で、右奥に見えている櫓(ヤグラ)が「蟠龍(バンリュウ)櫓」です。
桑名藩の初代藩主は、三河でおなじみの本多忠勝公と云うことでなにやらご縁がある場所なのです。


御木本幸吉翁像

桑名を出て、伊勢湾岸道~東名阪自動車道・亀山インター近くの「安全文化村ドライブイン」で昼食休憩を摂った後、伊勢自動車道~伊勢二見鳥羽ラインを経由して、鳥羽市の「ミキモト真珠島」に立寄ります。
陸側から長い屋根付きの橋を渡って着いた真珠島には、この島で真珠養殖を世界に誇る日本を代表する産業として確立した、御木本幸吉翁の巨大な銅像(上野の西郷さんより大きいと云う)が迎えてくれます。


海女の実演

銅像のそばには、最近海女さんが偶然見つけたと云うハート形の石があり、その海女さんが寒中でも海に素潜りする実演が観られます。
なお、海女さんたちが入口改札所で出迎えてくれることもあるのです。


真珠博物館

海女さんたちの実演が見られる観覧席の反対側には、真珠博物館があります。
この博物館には、真珠貝の種類や真珠の養殖法、加工法などが展示されていて、漠然と知っていたつもりの養殖真珠のことがよく分かります。


美術工芸品コーナー

養殖真珠についていろいろ説明されているコーナーのなかでも、これを見逃しては、というコーナーがこの「美術工芸品コーナー」です。
フィラデルフィアで開かれた万博で、世界を驚かせたと云う「御木本五重塔」を始めとするパール製美術工芸品の数々が、気品高く静かに輝いています。


御木本幸吉記念館

私は2度目なの、という方は真珠博物館からさらに右に歩を進め、瀟洒な和風の建物「御木本幸吉記念館」を訪ねるのもよいかもしれません。
ここでは、御木本幸吉その人について、詳しい紹介展示がされています。
この建物からさらに右に行けば、最初に入った入口の前に出られ、ちょうど島を一周することになります。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A074わたかの温泉コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。