能登半島から高岡を経て五箇山へ …A071&072 和倉温泉(4)

能登食彩市場

2日目のバス旅は、和倉温泉を出発して南東へ、七尾港にある「能登食彩市場」に朝一で立寄ります。


能登食彩市場店内

この施設は、ご想像通りの海産物のお買物天国です。2階建ての建物は、1階に「能登生鮮市場」「銘産・工芸館」「祭歳時館」が入っており、2階には「能登グルメ館」がある大きな施設です。
私たちがお買物をする「能登生鮮市場」には、魚屋さんのほか「浜焼きコーナー」や寿司屋さんまであって、朝食後でなければ時間を取られてしまいそうな賑わいです。


高岡大仏

七尾市を出て、寒ぶりで有名な氷見市を抜け、バスは高岡市に入ります。この高岡にある大仏は、奈良、鎌倉と並ぶ日本三大仏と称され、特に、かの与謝野晶子さんが立寄った際「鎌倉の大仏様より美男では」と言われたとかのイケメン大仏様なんだそうです。


大仏正面

現在の「高岡大仏」は、全体の高さ15.85mあり、最初(1221年)の木製の大仏から数えて4代目の大仏様なのです。
台座の内部には回廊があって、中央の部屋には1900年に焼失した木造大仏の頭部が飾られています。「高岡大仏」は、高岡銅器職人の技術の結晶と云われています。


香月

次のバスの立寄り先「彩の里・香月」は、高岡市のお隣の射水市小杉にある祝い事などの会食場所として有名なお食事処です。


昼食会場

こちらで昼食となっています。
それにしても、きれいなお座敷ですね。


五箇山菅沼合掌集落

「香月」で昼食休憩をしたあと、バスは小杉インターから北陸自動車道~東海北陸道を走り、五箇山に向かいます。
3月までの五箇山・菅沼合掌集落は、この写真と違っておそらく雪景色でしょうね。


合掌家屋

「こきりこ節」で有名な五箇山の合掌集落は、もうひとつ南にある有名な白川郷と並んで世界遺産に登録されていますが、その山懐に抱かれた姿は、より素朴で昔の山村の生活をそのまま表わしていることが、感慨を呼ぶでしょう。


民家の軒先の土産物

こんな風に、民家の軒先で売っている土産物を見ていると、自分が遠い昔の時代にタイムスリップしているのでは、なんて思ってしまいそうです。


ささら館

五箇山を出発したバスが最後に立寄るのは、五箇山から白川郷に向かう合掌ラインとも呼ばれる国道156号線沿いの「ささら館」です。
ちなみに、ささら館の「ささら」は、こきりこ節を唄って踊るときに使う、竹の半分に細かい切れ目を入れた楽器の名前です。


ささら館珍品堂

さっき立寄った五箇山が、とても素朴だったので土産物を買い損ねた人は、ささら館の本館やこの「珍品堂」で最後のお土産物選びをいたしましょう。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A071和倉・あえの風コース集客情報
A072和倉・のと楽コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

「あえの風」の豪華な泊り心地 …A071&072 和倉温泉(3)

大浴場入口

とても美味しい夕食を満喫した後、ちょっと夜遊びも楽しいのですが、まだお風呂に行ってなかった方は、寝る前に行っておきましょう。
お風呂上がりの「湯上がり茶屋」が楽しみですね。


夜の大浴場

こちらのお湯は「東海道中膝栗毛」の作者、十返舎一九が効能を書き記しているほど、全国でも著名な温泉の一つなのです。
塩化物泉で高張性(高濃度)のため、お肌の敏感な方は少しずつ体を慣らしながら入るのがよいそうです。
飲用も可能ですが、しょっぱいのでちょっとにしておきましょう。
もちろん、外に出れば露天風呂も楽しめます。


ロビーの天井

お風呂上りに、さっきこのホテルに到着したときに見て驚いた、ロビーラウンジ「花万葉」をじっくり見てみましょう。
直径20mの巨大な番傘のような内屋根の裏側の一部には、加賀友禅の絵が美しく張られています。
それにしても、規模の大きさに目を奪われる方が多いはず。


傘の下は土産物フロア

その傘の下のフロアは丸く抜けていて、よく見ると巨大な土産物売り場になっています。


ロビーとショップ

ロビーのあるフロアと土産物ショップのフロアは、こんな風な関係になっていて、エスカレータで行き来できるのです。
また、ロビーのサイド部分にはシースルーエレベーターが2基、頻繁に上下しているので、一度は乗り込んでロビーを上から眺めてみましょう。


朝のロビー

朝のラウンジは、大きく広がる七尾湾がパノラマになっていて、またすばらしい眺めを誇っています。


朝の大浴場

ところで、朝風呂に行った方は、その七尾湾の景色を眺めながらの入浴タイムを味わえるはずです。


朝の露天風呂

海風をほほに当てながら入る朝の露天ぶろは、本当に気持ちがいいものです。


朝食バイキング果物コーナー

朝風呂に入って、お腹も空いたら朝食バイキングが待っています。
豪華なこのホテルにふさわしい充実した料理がずらりと並んでいます。たとえば、フルーツコーナーもこんなに一杯揃っています。


私の朝食

ちなみに、こちらは私の朝食であります。


あえの風外観

そうこうするうちに、バスの出発時刻になってしまいました。
昨夜はよく見えなかった「あえの風」が、名残りを惜しむように美しくそびえています。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A071和倉・あえの風コース集客情報
A072和倉・のと楽コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

どちらも素晴らしい「あえの風」と「のと楽」 …A071&072和倉温泉(2)

あえの風

能登半島の一番くびれている部分あたり、東海岸にある和倉温泉は北陸唯一の海の温泉として知られています。
また、日本有数の有名旅館「加賀屋」ほか、今回A071で宿泊の「あえの風」やA072のお宿「のと楽」というゴージャスな観光ホテルが立ち並ぶ立派な温泉街です。
この写真は、加賀屋姉妹館の「あえの風」の夜景です。


「のと楽」夜景

一方の「のと楽」も素晴らしいホテルで、規模の大きさは勝るとも劣りません。


「のと楽」夜景2

近づいて、見上げるとその大きさに胸が高鳴ります。


「のと楽」ロビー

この「のと楽」は、ロビーからの海の景色もすてきな、おしゃれなホテルです。
A072で、和倉温泉に出かけられた方の朝の眺めは、きっとこんな風でしょう。


「あえの風」玄関からロビーを

ところで、今回はA071「あえの風」にお泊まりのコースをご案内させて頂きます。
玄関を入ると、広~いロビーが目の前に広がります。なんだか番傘みたいな屋内の屋根が特徴的なロビーです。


夕食会場の桟敷席

館内の探検は後に回して、まずは夕食会場に急ぎましょう。
夕食の席は、下に見える丸いステージを囲む桟敷席風のお部屋「花舞茶寮(ハナマイチャリョウ)」です。


円形ステージのショー

円形のステージでは、ショーが始まりました。歌と踊りが、華やかな夕食タイムを演出してくれます。
しかもこの円形ステージは…(行って観てのお楽しみ)


夕食フルセット

出てくるお料理も、このすてきな「あえの風」にふさわしいレベルの高い味覚を楽しませてくれるものです。
例によって、全部並べての撮影ですが、ちゃんと順序良く出てきますのでご安心を。写真の料理は秋から冬のものですが、これから春にかけての演出をお楽しみに。


のどぐろ一夜干し

お料理は、どれも美味しく工夫の凝らされているものですが、なかでも珍しいのがこの「のどぐろ一夜干し」です。
脂の乗りが絶妙で、添えられている特製みそで食すと、ここでなければ頂けない味に巡り合った感じでした。


能登豚の岩塩スープしゃぶ鍋

もちろんお造りも、酢のもの(かに)も、煮物もみんな美味しいのですが、特筆ものがこの「能登豚岩塩スープしゃぶ鍋」です。
シンプルかつ奥の深いスープで頂く「能登豚」と地野菜、中島菜うどん、に美肌コラーゲンと天然ヒアルロン酸が入った味は、お腹一杯なのに最後のスープまで飲み尽くせるほどです。


鯛茶漬け

そして、最後の締めのご飯も「鯛茶漬け」という豪華さです。
わさびの乗った鯛の刺身を「能登産古代米おにぎり」に乗っけて、どびんのだし汁をかけますと、その美味しさに、思わずうなってしまう嬉しい夕食です。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A071和倉・あえの風コース集客情報

A072和倉・のと楽コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

月うさぎに遭って、月面探検船を見る1日目 …A071・072 和倉温泉(1)

月うさぎの里

1日目の最初の昼食立ち寄り先は、可愛いうさぎが一杯いる「月うさぎの里」です。
元は「うるし蔵」と云いましたが、10周年を迎えると同時に2007年に「月うさぎの里」に改名。
館長さん曰く、家族連れのお客さんにも喜ばれるような施設にしたかったので、この地に残っている民話を題材にした、誰からも親しまれそうな名称に変えたのだそうです。
この写真は、うさぎ好きの館長さんが撮られた「月うさぎの里」の愛情あふれる写真です。


MAP

「月うさぎの里」はマップをご覧のように、「うるし蔵」として集めた見事なうるし工芸品や、薮内佐斗司(サトシ)の美術作品が施設内の建物や広場のそこここにあるので、昼食後の時間を有効に使いたいものです。


仏手堂

写真は、マップの「うさぎ専門店」辺りから「仏手堂」の辺りを撮ったものです。


ふれあい

施設内の中央「蔵なみ通り」には、うさぎたちが一杯いるのですが、よく慣れていてこんなふれあいが、よく見られます。


土産物ショップ

その他、「蔵ごまうどん」や、「有機栽培コロンビア豆」をこだわりの抽出法で淹れてくれるカフェや、写真の土産物ショップの名物漬物コーナーや、うさぎ関連の菓子類も充実してます。


コスモアイル羽咋

バスは能登半島に入り、「千里浜なぎさドライブウェイ」を走り抜け、「コスモアイル羽咋(ハクイ)」に到着します。
広い敷地に、UFO型の建物とマーキュリー型レッドストーンロケット(MR7)の雄姿が出迎えてくれます。
下の大きいロケット部分(1段目と2段目)は、実際に宇宙を飛行して回収された本物なんだそうです。
また、撮影用の宇宙服姿があるので、帰りに記念写真を撮っておきましょう。


入口を入ると

「コスモアイル羽咋」は、NASAの特別協力を得たアメリカの宇宙開発の機器類の実物や試作機、大変精巧なレプリカの展示を始め、旧ソ連の衛星や宇宙船などの宇宙科学技術を展示しています。
これらの展示品は、専門家によれば¨なぜこんなところで展示しているのだ?”と言うくらい貴重な宇宙科学博物館になっています。
さらに、UFO目撃談が多発(?)する羽咋市らしく、UFOや宇宙人に関する展示があるのも興味深さを増幅しています。


マーキュリーとヴォストーク

2階の展示室に入ると、いかにも宇宙らしい暗がりの中に数々の衛星や宇宙船、月面車などがそこここに展示されています。
写真左が、オリジナルを忠実に再現したアメリカの「マーキュリー宇宙カプセル」で、右が旧ソ連の「ヴォストーク帰還用宇宙カプセル」の本物です。


アポロ

こちらは、かの有名な「アポロ月面着陸船(LM)」の全長8mの実物大模型です。


バイキング

そして、こちらが「バイキング火星着陸船」の実物大レプリカです。
この他、月面探検車の実験用プロトタイプや、「ルナローバー月面車」「ボイジャー惑星探査船」、某TV番組お宝○○団で、垂涎の的になった宇宙服、さらには宇宙人の解剖模型(??)などなど、宇宙への夢は限りなく広がります。


土産物ショップ

最後に、本物の宇宙食やアポロキャップなど、ここにしかないお土産ショップもあるので、その気のある方は¨その気

で”お出かけください。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A071和倉・あえの風コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。