2日目は堂ヶ島から河津桜を観て小室山 …A075.76堂ヶ島温泉(6)

天窓洞遊覧船Uターン場所

「アクーユ三四郎」にお泊まりの方は特に、また「ニュー銀水」の方も、堂ヶ島温泉に来たのならぜひ観ておきたいものに、「天窓洞」があります。
「堂ヶ島遊歩道」のコースを歩くと、写真の「天窓洞」に入った遊覧船がUターンする場所や、


散策コースの看板

散策コースの看板の立っている処を、少し登ると、


上から見た天窓洞

こんな風に、上から天窓洞の天井に開いた穴が見られます。
朝の散歩がてら、ぜひ見に行ってみたいものです。


菜の花畑

さて、バスは宿を出発して早春の伊豆半島をいったん南下して、下賀茂温泉方面に向かいます。
途中、こんな菜の花畑が車窓から見られると思います。


河津桜

今年の「河津桜まつり」は、2月6日~3月10日になったそうです。
河津桜は、寒緋(カンヒ)桜と早咲き大島桜の自然交配種と云われ、濃紅色の蕾が花が咲くと淡紅色に変わります。
全体として、世間に一番多いソメイヨシノに比べると、やや濃いめの桜色でしょうか。
写真は、昨年2月中頃の河津川沿いの様子で、


河津桜と河津川

こんな風に、河津川の川岸に菜の花と河津桜が、3月上旬くらいまで楽しめそうです。


小室山レストハウス

河津桜まつりを観た後は、東海岸沿いに伊豆半島を北上して、伊東・川奈温泉近くの小室山に向かいます。
その小室山のすぐ麓にある「小室山レストハウス」で昼食と、自由時間が取られています。


リフト

自由時間には、一人乗りリフトで小室山の山頂を目指せば、
(別途料金:大人往復400円)


小室山

当日が晴れていれば、標高321mの小室山からは、


眺望

こんな、大パノラマが観られる(はず)です。
あいにく、取材時はお天気が芳しくなかったので、レストハウス前の看板の眺望を、どうぞ。


レストハウス内部

リフトで山頂を目指さなかった方も、大パノラマに感動した方も、レストハウス内の土産物売り場で、伊豆の想い出の品を探しましょう。
写真で一番目立つ青い箱は、このレストハウスのオリジナル商品「白い真珠の涙」です。試食もさせてくれるはずですので、気に入った方はぜひどうぞ。
バスは、この後沼津インターから東名高速道路に入る前、沼津の干物センターに立寄って、帰路につきます。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A075堂ヶ島・アクーユ三四郎コース集客情報
A076堂ヶ島・ニュー銀水コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

お風呂にも、料理にも「ニュー銀水」らしさが …A076 堂ヶ島温泉(5)

大浴場

展望大浴場には、気泡風呂にジェットバス、ミストサウナなど、お風呂のアメニティー施設が充実しています。


露天風呂

大浴場から外に出ると、とっても開放的な露天風呂で海風に包まれましょう。
泉質は、こちらもカルシウム、ナトリウムー硫酸塩泉で、毎分100㍑湧き出しているのだそうです。


パウダールーム

女性のお客様には、このパウダールームが人気なのだとか。
お風呂もパウダールームも、ニュー銀水のセンスで統一されているようです。


夕食フルセット

おしゃれなお風呂でのんびりしたら、お腹の調子はもう絶好調です。
楽しみにしていた夕食は、伊豆の海の幸+山の幸がずらり、です。


鯛舟盛り

こういう舟盛りがあると、いかにも温泉旅館に宿泊してるって感じですよね。
大体8人くらいのグループに一舟といった感じで並んでいます。


パンプキンスープ

そしてこれは、今一番人気と言ってもよいくらい評判がいい「パンプキンスープ」です。
海老と人参とブロッコリーがきれいですね。これは6人分の大皿で、フルセット写真のお造りと焼き魚の間に写っているのが、1人分です。


お造り

氷鉢に入っている「お造り」は、さすが伊豆ならではの新鮮さで、


牛肉柔らか煮

こちらの「牛肉柔らか煮」は、お魚に慣れた舌の印象を、がらりと変えてくれるにくい演出です。


渡り蟹のみそ汁

その他、「季節の釜めし」は、桜えびだったりキンメダイだったりのお楽しみで、しめに出てくる「渡り蟹のみそ汁」は、パンプキンスープと人気の1、2を争う美味しいみそ汁です。


マーレマーレ

食後は、館内散策の続きで、お土産物ショップの「マーレマーレ」に行ってみましょう。
とってもおしゃれなプロショップで、お菓子類もファッションものも、工芸品ものも充実していて、さらに


海産物ショーケース

伊豆らしい、海産物のショーケースもこんなにきれいに揃っています。
朝の出発前では丁寧に見ていられないので、夜の内に見ておかないと、家に帰ってから後悔しそうですよ、ほんとに。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A076堂ヶ島・ニュー銀水コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

滞在型リゾートホテル「堂ヶ島ニュー銀水」 …A076 堂ヶ島温泉(4)

ニュー銀水

堂ヶ島温泉の旅、「堂ヶ島ニュー銀水」に宿泊するA076のコースならば、バスが着くのはこんなお宿です。
伊豆東海岸の有名旅館「稲取銀水荘」の姉妹館でもあるこのホテルは、滞在型リゾートホテルがコンセプトになっているだけあって、施設の充実感は素晴らしいものがあります。
でも、正面から見るとなんだか平に見える…いいえ、海岸の高台から海に向かっての10階建てのホテルで、今見えているのは9階と10階部分なのです。


お出迎え

バスから降りて、玄関を入って来るお客様に、ずらりと並んでのお出迎えは、とっても気分がよいものです。
なにしろこのホテルは、第34回「プロが選ぶ日本のホテル旅館100選」(旅行新聞新社主催)の、「総合13位」に選ばれたホテルなんです。
ちなみに「おもてなし部門 第8位」「料理部門 第15位」と云うことで、期待度がぐっと高まりますね。


ロビー

その入ってきたロビーは、とても広くてきれいです。
女性のお客様から、歓声もしくは溜め息が聞こえそうです。


部屋

案内されたお部屋も清潔できれい。すぐ前の西伊豆の海に目を奪われますが、こんなにきれいなホテルですから、まずは館内探検に出かける方も多いのでは。


シースルーエレベーター

シースルーのエレベーターで、一番下の階まで下りてみます。


イズ・パラッツォ

一番下の階グランドフロアにあるのが、常夏のパラダイスをイメージした「イズ・パラッツォ」です。


パラッツォの橋

パラッツォには、様々な施設があり、ちょっとTDLを彷彿させるようなシチュエーションになっています。
その中でも、こんな跳ね橋があれば、その先を覗いてみたくもなりますよね。


クラブ

その先にあるのは、大人の遊園地(?)カラオケホールに、写真の「クラブ」などのナイトスポットです。
なんだか夕食の後が楽しみですね。


パラッツォ2

次は、明るい外の景色が見えている大きなガラス窓方面に行ってみましょう。どうやら、こちらから外に出られそうです。


パラッツォ外観

外に出てみると芝生のお庭になっていて、今いたパラッツォのガラス張りの外観が大きく見えます。


左側ホテル宿泊棟部分

芝生の庭のすぐ前がもう海で、振り返るとパラッツォの左側に、今夜のお泊まりのホテル部分が大きく広がっています。
これだけスケールが大きいと、いつもと全く違う素敵な体験ができそうで、わくわく感が高まっちゃいます。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A076堂ヶ島・ニュー銀水コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

新鮮海の幸でお腹一杯に …A075 堂ヶ島温泉(3)アクーユ三四郎

夕食フルセット

さあ、夕食です。
「アクーユ三四郎」の夕食は、その日に獲れた魚を中心に献立するので、この通りではないこともありますが、そこは当日のお楽しみと云うことで。
今回も、本来は順序よく出てくるお料理を全部並べての撮影です。


前菜四点盛り

それでは、目立ったものからご紹介いたしましょうか。
上のフルセットの写真では、真上からなのでよくわかりませんが、食前酒の「にごりワイン」が、濃い甘めのワインで体によさそう、という印象でした。
さて、この写真は「前菜・四点盛り」で、手長海老、貝ひも、栗、とゼリーで、小技が冴えている感じです。
今のツアーでは、栗の代わりはなんでしょうか。


鰆のカルパッチョ

もちろん、お造りは新鮮で美味しいのですが、こちらの「鰆のカルパッチョ」も特筆ものです。
海の幸と言えば、全体に和食系になるだけに、洋風の味が舌を刺激します。


カサゴの唐揚げ

まだアツアツの「笠子唐揚げ」は、レモンをきゅっと絞って、塩で頂きます。
かりっと揚がっているので、魚好きの方ならヒレはおろか中骨以外はぱりぱり食べてしまえそうです。


鮭つみれ鍋

冬場の旅行と言えば、鍋でしょ。と云うわけで、この鍋に注目しました。
なにやら真中でぐつぐつ煮えているつみれ団子の鍋は、「鮭つみれ鍋」です。
だしがよく効いた汁が美味しく、温まります。


桜えび釜めし

しめは、小さなお釜で炊いたばかりの「桜えび釜めし」とアサリのみそ汁です。
ただし、当日頂いた「おしながき」には「季節の釜飯」となっていましたので、桜えびはたまたまのようです。


朝食バイキング

例によって、お腹一杯になった後は、¨自由”時間ですが、そこは各自にお任せして、翌日の朝食時刻にワープします。
朝食はレストランでのバイキングで、和洋様々なお料理が並んでいます。
やはり海鮮ものが多く、これはこれでお楽しみですね。


私の選んだ朝食

お庭の向うの海を眺めながらの、我がチョイスはこちら。


足湯

朝食会場から外に出られ、テラスの一部に海を見ながらの「足湯」があります。
バスの出発までは、こちらで過ごすのもよし、


釣り場

体力のある方は、散歩がてらそのまま足を伸ばすと、ホテルの敷地内に岩場釣りが楽しめる「釣り場」があります。
これを目当てに夕方釣りに行くのも、季節が暖かくなれば、ありですね。


朝のロビー

もちろん、出発までロビーでのんびり過ごされるのもよろしいのではないでしょうか。
次回は、もう一方のお宿「ニュー銀水」をご案内いたします。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A075堂ヶ島・アクーユ三四郎コース集客情報
※お電話の際、「バス旅ガイド」で見たと係員にお告げください。

次ページへ »