高いところが好き、ゆらゆら感も好きな貴方のスカイウォークです

スカイガーデンへ
三島市郊外に、今年(2015年)の12月14日にオープンした日本一の人用大吊橋「スカイウォーク」には、大勢やってくる観光客のための施設も付随しています。

最初の写真、中央部のエスカレーターは、地元産品を展示即売している「スカイガーデン」への導入路で、駐車場に着いた私たちの目には、案外これが目立っています。

01 案内図施設の構成は、スカイウォークさんのHPに掲載されている案内図の通り、スカイウォークが全体図左側にあり、最初の写真は図中(3)の辺りから、(2)を見上げている構図です。

スカイガーデンエスカレーターを上り詰めたところがこの写真で、正面に見えるガラス張りの建物が「スカイガーデン」ということです。

準備中実は、この取材に伺った時点(12月8日)では、まだ什器類がはいっておらず、花の飾り付けの最中でした。

スカイガーデン館内こちらがNET内に掲載されていた完成後の写真で、取材当日に係スタッフの方が説明して下さったような状景になっているのが分かります。

明るい館内に、大きな花の飾り(非常に大きなハンギング)と「スカイショップ」を始めとする地元産品の展示即売ブースが並んでいます。

手前側にも展望台がありますさて、本命の「スカイウォーク」ですが、上の案内図(3)脇の入場口から左に歩くと、直にこの支柱が視界に入ってきます。

案内図中には展望デッキは吊橋を渡った対岸にありますが、こちら側にもこんな感じで小さめのがあります。

橋は完全に南北に架かっているため、昼間の写真の陽光はこちら側からの方が良さそうです。

スカイウォーク中前回の「ハニットアゼリアツアーA151」のコース案内に使用した写真の別カットですが、晴れていればよく見える富士山に目がいって、つい周りの景色を見るのが疎かになりがちですが、周囲の山景色もなかなかのもので、

足元は谷底こうして、見下ろせる足元の金網越しの谷底の景色も、高いとこ好きとしては、じっくり味わいたいものです(笑)。

実は、橋はしっかりできていて、そうゆらゆらしっ放し、という訳ではありません。

対面通行の方とすれ違うときに感じるくらいで、スリル(怖いというほどでは…)は足元にあり、なんです。

支柱ワイヤー根元対岸に渡り切ると、この大吊橋を支えている「支柱」を支えている、太いワイヤーを支えている根元のコンクリート塊がどーんと目立っています。

大吊橋そのものの重さに加え、最大2100人が乗っても大丈夫なように支えているワイヤーの根元の力持ち、大きさが分かり易いように、スタッフさんに立ってもらいました。

階段でお分かりなように、上に登れるので興味心のある方はぜひどうぞ。

対岸側の展望台そして上のワイヤー根元から少し離れたところにあるのが、案内図中(1)の展望台です。

スカイウォーク吊橋まで、そして400mの吊橋、渡り終わってまたこの階段…、ついつい弱気になりますが、ここまで来たんだから、と残ったエネルギーを使いましょう。

これはこれで、また違った大吊橋の全容が眺められますよ。

スカイコーヒーからトイレ方面吊橋から戻って一息つきたい方には、(3)にあるその名もずばり「スカイコーヒー」や、2億円かかっていると言われるおトイレ(写真右奥、白い建物)があります。

お洒落なトイレのサイントイレ内部は、行ってみてのお楽しみ、ですが、男女別のマークは、こんなにお洒落なのが壁面にちょこん、と付いているだけなので(ちなみにこれは女性用、男性はスカートじゃないだけ)、しかも小さいのでご注意を。

◆使用した写真の大部分は2015年12月8日に撮影したものです。