安曇野の空と水とわさび田の風景に染まる~「大王わさび農場」

大王わさび農場 | 金曜日 7月 31 2015 7:35 PM | Tags: , ,

わさび北畑から夢ホール、そば処を望む
北アルプスを背景に広がる、信州安曇野のよさを凝縮しているのが「大王わさび農場」ではないでしょうか。

清冽な伏流水が流れる蓼川の水を引いて、大切に育てているわさび田と、安曇野の原風景を残していると言われる「大王わさび農場」で、穏やかに流れる時に身を浸しましょう。

写真は「北畑」と呼ばれるわさび田から、「大王わさび農場」の入口方面にある「夢ホール」「そば処」を見渡しているところです。


大王わさび農場入口バスが着いた駐車場から、大王わさび農場入口へ。

入口のある建物は、土産物売店にもなっているので、帰り際のバス集合時刻に少し余裕を持って、ここならではのお土産を、ゆっくり選びたいものです。


場内案内図農場内は、かなり広い(約15ヘクタール×3025坪)ので、案内図は必携です。

入場時に頂けるので、ここでの自由時間に合わせて歩き出しましょう。
あまり時間がない場合は、水車小屋→北畑→わさび田の小径→大王神社を回って、入口に戻るのが良さそうです。


水車小屋と蓼川の清流それでは、個々の見どころをご案内しましょう。

その前に、左側カテゴリー欄に「B324 白骨温泉の旅(1)」でも、大王わさび農場をご紹介しているので、より詳しい「大王わさび農場」情報になります。

と、いうことで、前回にもご紹介している「水車小屋と蓼川(タデガワ)」の眺めは、大王わさび農場を代表する名所で、1990年に公開された、故・黒澤明監督作品『夢』の中の「水車のある村」のロケ地として有名です。


蓼川沿い道祖神の小径その「蓼川」沿いに続く小径(道祖神のある道)を歩いて、「北畑」を渡る橋に向かいましょう。


親水広場橋を渡ると、左側に「親水公園」があります。

きれいな水の中には、黄金色のニジマスを始め、様々な水生動植物が見られ、ちょうどこの辺りで一服したいなぁ、という私たちにやさしいスペースです(夏には特に…♪)。


大王神社前の 売店親水公園で一息ついたら、「北畑」に沿って続く「わさび田の小径」を歩いて、大王神社を目指します。

すると、先に目に付くのがこの「第3売店」です。
店内では、わさび関連商品などの土産物販売と、隣接する「わさび加工所」の丸加工を見学することができます。


大王神社売店の向かい側にあるのが、この大王わさび農場の名の元になっている「大王神社」です。

桓武天皇の頃(785~805年)、東征を進める朝廷軍に対抗した安曇野の豪族「八面大王」が戦いに敗れた後、その強さを恐れた朝廷軍が、遺体をばらばらにして埋め、その胴体を埋めた処に建てた社が、この大王神社と言われています。


いわな茶屋大王神社の横から「幸いの橋」を渡って、「大王畑」の向こうにある「大王様の見張台」を目指して行くと、「大王岩屋」のある小山があります。

岩屋の横の石段を上ると、写真の「いわな茶屋」があります。

ここまで、行くには時間の余裕が必要ですが、茶屋の庭先から農場全体が見えるので、足に自信のある方は行ってみるのも良いでしょう。


入口の建物の売店部分さて、そろそろバスに戻る時間、ということで、大王神社、もしくは「いわな茶屋」から入口を目指して、歩を進めることになります。

帰路には「レストラン」や「そば処」、ビッグな「わさびオブジェ」などがあり、次に来たときには…と思う方もあるのでは。

やっと入口の建物にたどり着くと、ここにも売店があります。


大人気ソフトクリーム外売場の「わさびソフト」や、「わさびコロッケ」を求める人の列が、並ぶ人気のほどを物語っているようです。


本わさび直売売店の内外で、わさび農場ならではの新鮮な生わさびの即売、本当にこんなにあるの、と思うほど、様々なわさび関連商品が並んでいます。

◆写真は全て、2011年6月19日に撮影したものです。