秋の甲州を堪能できる2日目のコース …B303 石和温泉(4)

武田神社入り口

さて、「ホテルふじ」のスタッフの皆さんに見送られて出発したバスは、甲府市内を抜け、坂道を上って武田神社に到着します。
武田神社と云えば、少し前の大河ドラマでおなじみの武田氏館跡「躑躅ケ崎(ツツジガサキ)館跡」に建っていることが知られています。
信虎・信玄・勝頼の三代が60年余りに渡って居住していた「躑躅ケ崎館」が、1919年(大正8年)に創建された武田神社の境内になっている訳です。


境内図

赤い「神橋」を渡ってすぐ左にある「三葉の松」は、全国でも珍しい黄金色になって落葉するところから、身につけると「金運」のご利益があると云われているそうです。
年末ジャンボに向かって、ぜひという方は地面をよくご覧くださいね。


鳥居

大きな石の鳥居をくぐり、


拝殿

さらにもうひとつある鳥居の先に「拝殿」があります。
秋には、境内の木々が紅や黄に彩られその他の、境内名所は上の境内図を参考にしながら、シャッターチャンスを狙ってください。


覚円峰と天狗岩

武田神社の次は、甲州と云えばここでしょ、と言うくらいに有名な「昇仙峡」にバスは向かいます。
写真は「昇仙峡」に向かう途中に車窓から見る「覚円峰(左)と天狗岩(右)」であります。ガイドさんも、必ず説明するのでカメラをお持ちの方々はご準備を。
なんでも、平安時代の僧「覚円」さんが、あの岩に座って修行をしたんだとか。秋には、周囲はすっかり紅葉して美しくなる名所のひとつであります。


昇仙峡マップ

昇仙峡と云うと、見渡せるくらいの谷のような処かと、初めて行った頃の私は、そう思ってました。
実は、かなり広い範囲の総称ですので、まずは地図をご覧ください。
このコースでは、地図の右側の「仙娥滝」から「石門」の辺りの散策となっています。


仙娥滝入口

仙娥滝周辺が「昇仙峡」の中心地で、ほうとう会館、影絵の森美術館などを始め、水晶の特産地甲府ならではの土産物店が軒を並べています。
その土産物店の間を通って行くと「仙娥滝入口」のアーケードが見えてきます。


宝石・貴石の展示

その宝石・貴石の土産物売り場も、こんな展示の仕方もあって、興味のある女性陣は思わず足を止めてしまいそうです。


滝への道

そんな楽しい寄り道をしながら、仙娥滝への下り坂を降りることになります。
それにしても、滝を見るときには必ずある坂道、う~ん頑張りましょう!


仙娥滝

やっと着きました「仙娥滝」。なかなか規模も大きく、周囲とのバランスも取れている美しい滝です。
紅葉の頃は、どんなに素晴らしい風景になっているのでしょう。紅葉の最盛期に、どんぴしゃで観光バスツアーに参加出来たら、その人は本当にラッキーですよね。


長澤屋

昇仙峡を満喫したら、大分歩くのでお腹も空いてくるはずです。
バスに乗って昇仙峡ラインと名付けられた道を下って、昼食場所の「長澤屋」に到着します。
長澤橋というきれいな橋のそばにある「長澤屋」の2階で昼食、お買物をして再びバスに乗って、富士山の西側、朝霧高原を車窓に見ながら帰路に着きます。

すっきりとしたしつらえ、「ホテルふじ」のくつろぎ …B303 石和温泉(3)

お風呂への入口

それではお風呂に行きましょうか。
館内の案内に従って、大浴場・露天風呂を目指すあなたの前に、ガラス張りのおしゃれな区画が目の前に開けます。
このワンクッションが、観光ホテルの温泉らしさの演出でしょうか。


大浴場

「大庭園風呂きんすい」と名付けられた大浴場は、アルカリ性単純泉で、よく云う肌がきれいになる温泉です。
サウナや打たせ湯もある大きなお風呂です。


打たせ湯

打たせ湯は落差があって、肩こりなどに効きそうです。


テレビ付の風呂

それから、テレビも見られるんです。テレビの下にはジェットバスの泡も見えています。


露天風呂

外の庭園に出ると広い露天風呂があって、温泉気分をさらに盛り上げてくれます。


朝食はバイキング

朝湯を堪能して、空いたお腹を抱えて朝食会場に向かいます。
Netで「ホテルふじ」を見ると、「バイキングの宿」となっているくらいですから、もちろん朝食はバイキング。


こんにゃく煮物

数ある料理の大皿のうち、印象に残ったのがこの料理です。
なんだと思います?私は、さすが甲州、マスカットの料理がある!と思っちゃいました。
正解は、こんにゃくの煮物でした。どうぞ、いろいろお楽しみに。


売店前の宝石・貴石

朝食も済んで、バスの出発時間を待つ間、館内をもう一度見て回ります。
売店の前には、宝石・貴石の産地の甲州らしく、美しく輝く“もの”が主に女性の皆さんを待っています。


ネットコーナー

500円で、ドリンク付きのネットコーナーとか、


中庭プール

中庭には、青いプール(夏には入れますよ)があって、なんだかいい感じですね。


ロビー

名残りを惜しんで、ロビーでくつろいでいると、そろそろガイドさんが呼ぶ声が…。
さあ、2日目は武田神社から昇仙峡のコースです。

「和会席」、地元の食材を活かした料理の王道 …B303 石和温泉(2)

夕食フルセット

ホテル石和にバスが着いたら、それぞれに部屋で寛いだり、お風呂に入ったりしているうちにお待ち兼ねの夕食です。
写真は夏の夕食フルセット。9月半ばくらいまでは、こんな感じでしょうか。
9月下旬には秋の味覚を楽しむお料理になるのですが、地元産食材を積極的に活かして、充分期待に応えるものになるでしょう。


ホテルふじ

豊橋発の1泊バスツアーに話を戻させていただくと、今夜のお宿「ホテルふじ」は、甲府市のお隣の笛吹市の石和(イサワ)温泉のほぼ真ん中にあり、河口湖から国道137号線で1時間弱の距離にあります。


せいろ蒸し豚

例えば、上の写真の左上の七輪に乗っているのは、甲州特産「ワイン豚のせいろ蒸ししゃぶ」で、蓋を開けるとこんな具合です。


豚しゃぶ

こんな感じで、ポン酢でいただくと豚肉の旨味が口中に広がります。また、野菜も美味しく、あっさり系なのでお料理全体とのバランスが取れています。


十六穀米ほか

秋のシーズンには釜めしに代わるのですが、十六穀米のご飯にとろろをかけたり、長芋養老豆腐、自家製ごま豆腐に、丸なす海鮮包みと、なんだか体によさそうなお料理が多いことに、好感が持つ方が多いのでは。


あゆ塩焼き

また、たで酢で頂く「あゆの塩焼き」(秋にはヤマメになるのでしょうか)や、


冷やしほうとう

温泉卵の付いた「冷やしほうとう」(こちらも9月下旬頃からは「ほうとう鍋」に)など、甲州名物の料理が、旅情をかきたててくれます。


甲州鱒、湯葉、白こんにゃく

もうひとつ、海ものの刺身に加えて「甲州鱒、生湯葉、白こんにゃくの刺身」など、甲州ならではのお料理に、バス旅気分のノリが一層よくなります。
そして、ここまでご案内した夕食は、宴会場での「和会席コース・飲み放題プラン」で、食欲に走りたい方には、洋風の「バイキングコース」を選ぶことができます。


ロビー方面を見る

お腹も一杯になり、ご馳走様と言って宴会場を出て、このまま部屋に戻るのはもったいない、と館内探検になりますね、大体は。
この写真は、ロビー方面を見たところです。夜の気分(!?)が盛り上がってきますよね。


ダーツ&セルフバー

もちろん、カラオケラウンジやカラオケルームに直行、という方々もみえると思いますが、もっと手軽なら、この「ダーツ&セルフバー」などもよいかも、です。


ゲームコーナー

お手軽と言えば、観光ホテルの定番「ゲームコーナー」もこんな感じで、ちゃんとあります。
この方が明るい感じでよいですね。
さて次回は、お風呂やそのほかのホテルの施設のご案内です、お楽しみに。

富士山麓の観光スポットをめぐる1日目 …B303 石和温泉(1)

富士山博物館

鳴沢村と言えば氷穴が有名ですが、最初の立ち寄り先「なるさわ富士山博物館」も、ハイテク技術を駆使した見所の多い優れた博物館です。
宝石・貴石で有名な山梨県の観光施設らしく、お買物フロアも充実していますが、博物館部分もしっかりと造られています。


館内博物館入口

館内に入ると、こんな岩窟風の入口があります。


恐竜

らせん状に誘導される通路に沿って行くと、なんと溶岩に捉えられ苦しむTレックスが!
これがなかなかの出来で、恐竜好きの方にはたまらない見ものなんです。恐竜の顔の前の人物と比較すると、大きさがわかりますね。


スケルトン富士

さらに奥には、マグマの様子がわかる透明な巨大富士山の模型が中央に鎮座しています。
スケルトンの富士山から溶岩の流れや湧き水の流れが見られようになっているのです。


売り場

もちろん、宝石・貴石がきらびやかに並んでいるショッピングフロアもしっかり用意されています。
そのほか、富士山博物館の同じ敷地内に「道の駅・なるさわ」もあって、地産の農産品などが求められます。


赤富士ワインセラー

次の立ち寄り先「赤富士ワインセラー」は、河口湖に至る道筋にある山梨県内のワイナリー数社が集まって造ったワイン産地アピールの施設です。
こちらでは、お楽しみのワイン銘柄の試飲タイムが待っています。


館内1

本場ボルドーの村にあるワインセラーをイメージして造られているだけあって、外観も内部も雰囲気は見事に統一されています。
さすがに甲州ワインの銘柄は充実しているので、分からないことは何人もいるスタッフの方に質問させていただきましょう。


レストラン部分

奥の方はレストランコーナーになっていて、ここでゆっくりワインを楽しむことができます。
でも、集合時間は意識しましょうね。


大石公園

この日3番目の立ち寄り先は、赤富士ワインセラーから河口湖大橋を渡って、河口湖の北湖畔にある「大石公園・ブルーベリー公園」です。


館内売り場

「河口湖自然生活観」の中には、ブルーベリー製品やラベンダー製品が一杯並んでいます。女性の皆様に、特に人気が高い売り場ということがよく分かります。


河口湖側からの眺め

生活館から外に出ると、河口湖が目の前に広がっています。7月まではラベンダーが一杯咲いているんですが、今回はその河口湖の方から、ブルーベリー公園と生活館をご覧ください。
なお、ブルーベリー狩りも8月で終わりなので、秋のバス旅ではこの夏の採れたての収穫をゲットしましょう。
さあ、これからバスは今宵のお宿、石和温泉に向かいま~す。