高原の風に吹かれて~八ヶ岳リゾートアウトレットで昼食&ショッピング♪

MAP八ヶ岳の麓、標高1000mの高原に、大自然に包まれながらショッピングを楽しめる施設「八ヶ岳リゾートアウトレット」があります。


観光バス駐車場広い敷地は7つのエリアに分かれて、それぞれに個性的な品揃えのお店が点在しているので、上のエリアマップは必須です。

バスは、上のマップ(…駐車場にある看板より)内の中央下端の「大型バス駐車場」に駐車しております。


マウンテンビューテラスへこのリゾートアウトレットは、自由昼食&散策・ショッピングとなっているので、どちらを優先するかで、周り方は変わります。

まずは腹ごしらえ!ということなら、今回は駐車場わきの丘を少し上って、ノースコートのお隣りの「マウンテンビューテラス」から始めてみましょうか。

階段わきには、上にある各レストランのメニュー看板が美味しそうに主張をしています。


お食事ゾーン左側階段を上り切ると、左側に麺自慢の二八そば処「八ヶ岳製麺所・えびす屋」と、オレンジ色の横断幕が目印の、種々のハンバーガーメニューを揃えた「バックカントリーバーガーズ」が見えます。

さらに(写っていませんが)、写真の右側に行くと、ジェラートとピッツアなどの軽食カフェレスト「ジェラテリア・野の花牧場」、その先にワインとソーセージの「サンクゼール・マルシェ」、「オムライスカフェ・農家の食卓」などが並ぶ〝お食事ゾーン〟になっています。


ノースコート~ボーネルンド、ハッツ、マルシェそのお食事ゾーンの裏側が「ノースコート」のショップたちです。

写真のお店、一番左奥が「サンクゼール・マルシェ」のワインや食品の物販部で、赤看板の帽子専門店「グッズグッズ・ハッツ」、青看板の世界中から集めた遊び道具のお店「ボーネルンド・セレンディピティストア」の裏側が、「農家の食卓」になっているという訳です。


ノースコート~グラスライン、ブルーメゾンノースコート全体は、L字形の店舗配置になっています。

写真は、お隣りの「イーストコート」側の道から、きれい系レディスファッションの「グラスライン」、レディスとメンズのヨーロッパのエレガンスショップ「ブルーメゾン」、ドイツ生まれのメンズ&レディスの「ブルデル」が並び、その奥に先ほどご紹介したお店たちがあります。


イーストコート~奥は遊歩道、ドッグラン上の写真を撮ったところから、「イーストコート」の坂道を少し下って見返しているのがこの写真です。

左側の店の並びは、手前からゴルフウェア中心の「M・U スポーツ」、その奥に幼児に人気の「シルバニアファミリー・森のお家」、さらに二人の人物の奥に、20種以上の自家焙煎コーヒーとサンドイッチの店「プリムビーンズ」があります。(さらにその左奥が「ノースコート」です)

右の店並びは「ヒルズ・スリードッツ&インポート」~「和 なごみ」に続いています。


イースト~ナインブロックス今度は、カメラを坂道の下の方に向けると、写真の「ナイン・ブロックス」(~子供服からパパ・ママのファミリーファッションなど)から、アメリカンカジュアルから犬用商品の「ドッグ・デプト」、フライトジャケットやミリタリーアイテム、カジュアルウェアの「アヴィレックス・デポ」などが並んでいます。

写真の奥に向かって歩を進めると、このお店の並びの裏側に、スポーツ&アウトドアのお店が4店並ぶ構造になっています。
又、バス駐車場から見えていた「エントランスコート」や、さらに「アッパーコート」方面も見えてきます。


エントランスコート~ラ・カンパナ「エントランスコート」には、この施設で最大のレストランカフェ「森の洋食屋 ラ・カンパナ」があります。

また、お隣には「インフォメーション」があるので、行き先に迷われたら、相談に乗ってもらう手もあります。


エントランス~エドウィン、Kent「ラ・カンパナ」の向かい側にあるのが、ビッグブランドの「エドウィン」、「ケント・アヴェニュー」、「福助・アウトレット」の3店です。

カジュアルショップの「エドウィン」、アメリカントラッドの「ケント」には、時間を割きたい方も多いのでは…。


アッパコートー~シュガーコート→ロウアーコート続いて「アッパーコート」を巡ってみましょう。

こちらは、スキー&アウトドアブランドの「フェニックス」、レディスとメンズの「シュガーモーテル」、レディス中心のカジュアルショップ「パッパ・ドゥドゥ」、「マリクレールスポール/フィラゴルフ」、キッズファッションの「フラワーキッズ」が並び、

さらにその先には、次のゾーン「ロウアーコート」(~「レゴ」や「ビームス」、「コーチ」など17店で構成)が広がっています。


アッパー~カフェ・バックカントリー、ABCマート「アッパーコート」にも軽くお腹を満たしてくれる移動式(…とは言っても動かない)カフェの「カフェ・バックカントリー」があります。

オープンカフェの向こうに見えているのは、ご存じ「ABCマート」で、写真には写っていませんが、反対側には「クロコダイル」や「エーグル」などのカジュアルショップが軒を連ねています。


ロコビーズ メニュー「カフェ・バックカントリー」のオリジナルメニュー『ロコビーズ』は、ちょっと珍しいので、ご紹介しましょう。

写真では、ピザのようにも見えますが、実は薄くて平たいドーナッツにいろいろトッピングしたものなんです。

表面カリッ、中もっちり。これはコーヒーに合いそう!です。時間とお財布に余裕があったら、ぜひお試しあれ。


アッパー~スイートポーターとクレージーマムこれで(ロウアーコートも周れば)大体ぐるっと1周、最後に「アッパーコート」のもうひとつの移動式カフェ、焼き立てクレープの「スイートポーター」と、後ろの「クレージマム」、「トリンプファクトリー・アウトレット」、「ノリータ」で完了です。

このまま右に行けば、ハニットアゼリアバスの待つ「駐車場」に出られます。

◆写真は、2015年6月10日撮影のものです。