見どころ多い東伊豆観光の2日目 … A801・802 稲取温泉の旅(5/5)

いろり海産
いろり海産店内さあ、いよいよ2日目のバス旅です。稲取温泉を出発したバスは、東伊豆道路を北上して、最初の立ち寄り先「いろり海産」に到着します。

写真の店舗の裏側に回り込んで、バスは駐車。早速、朝からのお買いものになります。

天日干しの新鮮魚介がウリの店内は、広くて様々な海産物がずらりと並んで、魚好きな方々の目が輝くことでしょう。


 ひものコーナー伊豆の干物と言えば、アジの開きが有名ですが、こちらの名物は店内の至る処に飾られている「いかの生干し」。

飾ってある「生干しいか」は、特注で作られたプラスチック製品(それにしても上手くできてます!)ですが、本物はむちゃ美味い、のでお土産(2枚入880円)にお奨めです。

他に、名産「くさやの干物」があったりで、店頭で焼いて供している「試食品」を食べて納得したら…財布のひもをゆるめるしかないか。


金目鯛コーナー干物やかまぼこ類、干し海老を粉にした「えび粉」など、海産加工品がいろいろある中で、特にこれは!というのが、この「金目鯛コーナー」の『金目鯛味噌漬け&粕漬け』です。

あの、銀水荘の朝食に出た〝美味いやつ〟です。

いろり海産の自家製で、滅多に他所で売ってませんから、お土産にも最適じゃないでしょうか(って、力が入ってますが、ホント美味いので…)。


シャボテン公園入口いろり海産を後にして、次にバスが着くのは(懐かしの…1959年開園!)「伊豆シャボテン公園」です。

天気が良いと、富士山が見えるでしょう。


 カピパラさん入浴中こちらの冬の名物は、このカピパラさんの露天風呂入浴シーン。

テレビCMで紹介され、ほのぼのムードが受けて、今では全国様々な場所で露天風呂に入っているカピパラさん、ここが『元祖カピパラ露天風呂』なんです。

今では、シャボテン公園最大(?)のスター。朝10:30から約1時間のご入浴なので、まず先にここに行くのが良いでしょう。


ピラミッド温室と高原竜カピパラを見て、ほっこりした後は、園内散策といきましょう。

こんなに広かったっけ(昔行った記憶のある方は)、と思うほど、観る処が多い。

入口近くの「大講堂」で、犬や鳥、豚、チンパンジーなどの「学習発表会」があったり、放し飼いのリスザルの村があったり、

そして、シャボテンの生えている「ピラミッド大温室」、その入口になっている「高原竜(~ウルトラマンに出ました!)」までが、結構あります。


シャボテン公園大温室内大温室は、「南米館」→「アフリカ館」→「森林シャボテン館」→「マダガスカル館」→「メキシコ館」→「シャボテン狩り館」、とゾロゾロ続きます。

写真は一番〝らしく〟見える「メキシコ館」で、ここまでの間に、ナマケモノやアルマジロなどの、シャボテンの生えている環境ゆかりの動物も展示されていて、お好きな方は時間を取られるところです。

また、最後の「シャボテン狩り館」で、お好みのシャボテンをお土産に買えるようになっています。


小室山レストハウスシャボテン公園で、大分歩くので、お腹もへる頃、バスはいい具合に昼食会場になっている「小室山レストハウス」に移動します。

ちなみに、シャボテン公園があったのは「大室山(標高580m)」で、こちらは小室山(標高321m)です。


小室山レストハウスの昼食お待ちかねの昼食「小室山彩り御膳」で~す。

「釜揚げしらすご飯」と「カニみそ汁」が旨そうでしょ。

黄色の器は「桜そば」で、腰の強いおそばです。全部頂いて、満腹になっちゃいましょう。


小室山ロープウェイお昼が済んだら、リフトで山頂を目指しましょう。

乗るタイミングは、係員が付いているので大丈夫。スキーやっていた方は楽々ですね。

でも、あっという間に山頂駅に着いちゃいます。


小室山山頂「森の象嵌美術館」山頂で、私たちを待っているのは、360度の大パノラマ(富士山~房総半島~伊豆諸島まで)と、写真の「森のぞうがん美術館」です。


森の象嵌美術館内「象嵌(ゾウガン)」とは、薄く削いだ金属や貝殻の内側、そして木肌などの持っている模様や風合いの美しさを活かした、貼り込み細工のことです。

こちらでは、様々な木を使って、景色や犬、猫などを表現しています。(即売品もあります)

どれも見事なもので、作家の横田さんは、三河に縁のある方なので、話しかければ色々教えて頂けると思います。
※入館料300円


熱海・来宮神社最後の立ち寄り先は、熱海にある「来宮神社」です。

大変古くから、この地にある神社で、樹齢2千年以上という「大楠」があることで有名な神社です。

この鳥居を入ると、すぐにあるのが「第二大楠」で、こちらも大木ですが、神社の社殿の奥に、本来の大楠があります。


15 DSC_0851 ご神木「大楠」本当に、歴史を経た大木というものは厳かなもので、私たち人間は、小さなものだなぁ…と感じさせるものがありますね。

1泊2日のバス旅ですが、久しぶり(の方も多いのでは)に来てみると、伊豆はさすがに観光地なんだな、と思われるのでは。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A801 稲取温泉[東海ホテル湯苑]宿泊
A802 稲取温泉[銀水荘]宿泊

料理もさすが!の稲取銀水荘 …A802 稲取温泉の旅(4/5)

夕食フルセット
前菜、中皿夕食会場は、銀水荘にお泊りの人数によって、お部屋だったり、8階の宴会場だったりのお楽しみ。

ご飯、香の物、デザートが出ていないだけの、一度に並べて頂いたものです。

食前酒は、みかんワイナリーの「ニューサマー酒(甘)」、下の写真のカップは「中皿」のコーンクリームスープ(優しい味!)です。
前菜は左から「自家製胡麻豆腐」、柿色の器「スズキの真子、梅くらげ」、緑色器「叩き鰆みぞれ和え」となっています。


お造り伊豆の旅館の料理と言えば、新鮮なお魚の刺身。

「お造り」は、この時期らしく雪玉を半分に割った風の器に盛られています。

鮪、鰤、鰆のたたき、金目鯛、甘海老…
じっくりお味わい下さい。
わさびは、もちろん本物です。


金目鯛煮付けもっとも東伊豆らしいのが「煮物」の金目鯛です。

ひたひたの甘めの煮汁が、ほくっとした金目鯛の身を大根を、ふわっと包んで、口中に広がります。


富士の国ポークすき鍋具材魚が続いた後は、「鍋物」に火を入れましょうか。

「漁火焼」と題された、富士の国ポークの豚すき鍋の具材を見ると、きれいな豚肉とお野菜に隠れて、うどんの姿も見えています。

これらを鍋に入れ、蓋をして湯気が立つのを待つのです。


豚すき鍋豚すきを頂く甘めのだし汁で、熱いうちに頂きます。

うどんが、もちもちして美味です。


ご飯、香の物、デザート締めに出てくる「ご飯」ですが、これがただのご飯ではありません。

ご覧の通りの雑炊仕立てで、なめこ、アオサ、三つ葉が入っていて、とても美味です。

お漬物も、合います。お腹いっぱいだった方も、ぺろりといけちゃうでしょう。

カップの中身は、デザートの杏仁豆腐です。


大浴場の朝お腹いっぱいになって、夕食タイムがお開きになってから、8階の「クラブ キングスアレー」や「カラオケサロン 赤い華」に行った方、2階の「エステサロン」M2階の「卓球コーナー」や「ゲームセンター」に行かれた方、それぞれの楽しい夜が明け、

さあ、朝です!
まずは朝湯で、2日目をスタートさせましょう!!


09 DSC_0083 露天風呂朝この朝の大海原を見られるだけで、今回のバス旅はよかった~(好天でありますように)と思えるでしょう。


 朝食の膳そして朝食は、伝統的な日本旅館の和朝食膳です。

右下の、緑の椀は「アオサとねぎの味噌汁」です。美味です。
右上隅の皿は「鮪中落ち」にワサビとわさび漬けが添えられたもの。

気になる火の上の銀色の包みは…


金目鯛みそ焼きこの辺りにしかない「金目鯛味噌焼き」です。

焦げた匂いはしてますが、中はふっくら…これは、特に美味です。
お楽しみに、です。


 朝の海産物即売朝食が済んだら、お部屋に戻って出発の準備。準備が出来たら、バスが来るまでもう一度、お土産物のチェックでしょうか。

エレベーターを降りたところに、昨夜はいなかった地元業者の「海産物出張販売」と、写真の反対側に「生チョコ屋さん」が店を開いています。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A802 稲取温泉[銀水荘]宿泊

憧れの名旅館「銀水荘」、自噴泉の湯触り …A802 稲取温泉の旅(3/5)

稲取銀水荘
玄関ロビーもうひとつの宿泊先「稲取銀水荘」は、東海ホテルからほんのちょっと先の、同じ海岸傍に建つ名門旅館です。

玄関を入ると、立派なロビーと旅館スタッフの方たちの笑顔が迎えてくれます。


ロビーラウンジ広々としたラウンジで、ほっとした後、係りのスタッフに案内されて部屋に向かいます。


 部屋和風のお部屋は、全室海岸に面していて、


部屋の窓からの夕景天気が良ければ、こんな相模湾の夕景が見られます。


2階大浴場入口「姫桜」と「菖蒲」それでは、お風呂に入りながら、夕焼けを愛でに参りましょうか。

2階にある大浴場は、男女の入れ替えはありません。

女性は「姫桜」、男性は「菖蒲」の暖簾をくぐります。


 「菖蒲」大浴場広~い大浴場の窓が、ほんのり夕焼け色に染まっています。


露天風呂夕景露天風呂からは、大海の夕焼けが一層間近に感じられます。

敷地内から自噴している温泉の泉質は、弱アルカリ性塩化物泉で、お風呂を出てからも温かさが長持ちする、良いお湯です。


 露天風呂夜の~んびり入っていると、陽がすっかり沈んで、こんな様子になります。


脱衣室化粧台女性の皆さま方には気になる化粧台は、男性用でもこれこの通りの充実ぶりです。

さあ、しっかり準備ができたら、夕食タイムはそろそろですよ。


土産物コーナー「伊豆のれん」ところで、まだもう少し時間があるの、と言うのなら、お土産処「伊豆のれん」を回って見るとか、


夜のラウンジ夜のラウンジで、ゆったりしてみるのも、旅の風情じゃないでしょうか。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A802 稲取温泉[銀水荘]宿泊

抜群の眺望の湯、豊饒の海の幸~湯苑 …A801 稲取温泉の旅(2/5)

東海ホテル湯苑
ロビーラウンジ1日目のお宿に「東海ホテル湯苑(ユウエン)」を選ばれた方たちは、こちらのホテルにてバスを降りることになります。

このホテルについては、以前のバス旅ガイドでもご紹介していますので、左の[カテゴリー]欄のB105「稲取温泉」の(2)と(3)も、補足としてご参照ください。
(2012年7月の旅なので、料理等大きく異なる記述があります)

玄関を入ると、目の前のロビー・ラウンジが、まるで海に向かって延びているようです。


売店
全室オーシャンビューのお部屋で浴衣に着替え、お風呂に行く前に館内探索といきましょうか。

ロビーにある売店をちょっと覗いて、お土産のイメージを固めておくのも良いかも、です。

明日の朝になれば、海産物の朝市もあるので、実際のお買い求めはバスの出発前でもよいでしょう。


5階「洋々湯苑大浴場」前回のご案内でも触れたように「東海ホテル湯苑」さんのご自慢は、すぐ前の大海原を臨めながらの絶景のお風呂です。

5階にある「洋々湯苑」が男性陣の今宵のお風呂です。(現在は当日24時、写真の内湯は24時半からは女性用に切り替わります)

ちなみに、女性の皆さんは宿泊当日は3階の「湯々苑」になっています。


5階「洋々湯苑」露天風呂内湯から外に出ると、このような露天風呂になっています。

ホテルに到着したら、早速お風呂に行って、黄昏の大海原の景色を楽しみましょう。
(露天風呂から見える景色は、前回・B105の(2)をご覧ください)

露天風呂は、明日朝5時から女性用に切り替わります。


ハニットアゼリアツアー夕食イメージお風呂でのんびりしたら、次はお楽しみの夕食です。

こちらは湯苑提供の、夕食のイメージ写真なので、アジのたたきや、お刺身の舟盛りが5人前になっていますが、とにかく鮮度抜群のお魚はどう料理したって旨い!

「金目鯛の煮付」、その上に見える「海鮮鍋」も素敵な味です。どうぞ、ゆっくりご堪能ください。


3階「湯々苑」内風呂宴会がお開きになって、それからのそれぞれの夜を過ごした後、夜が明けたら朝湯へゴー!!

昨夜と男女が入れ替わっているので、新鮮な気持ちでお湯が楽しめます。

「湯めぐり大浴場」とうたっているだけあって、写真奥に見えている「どんつく満天洞窟風呂」とか、ガラスの向こうに見えている露天風呂も、


露天風呂、ハーブ湯(ローズ)写真の「ハーブ湯(この日はローズでした)」や、寝湯、岩風呂(これは、サウナ用の水風呂!)など、変化に富んでいるので、朝食時刻をお忘れなく!


露天風呂から入れる「低温サウナ」14-23時もうひとつご案内しておきたいのが、露天風呂側から入る「低温サウナ」。

外の景色が見られるサウナですが、14時~23時が利用時間です。

…ということで、昨夜の女性陣は、汗を流してさっぱりされたことでしょう。
(※男性は昨夜、5階「洋々苑」の内風呂にある「珊瑚サウナ」がご利用できました)


早朝サービスの「金目鯛みそ汁」ところで、こちらもお話ししておきたい情報です。

朝の6時半~7時半には、2階にある休憩処「茶爐夢」で、「金目鯛みそ汁」をサービスしてます。

早めの時間には、具もしっかり入っている(この写真は7時半頃のものです)ので、朝湯の前に寄られるのがオススメです。


アジの開きを焼いて召し上がれそして、朝食タイムとなる訳ですが、こちらの朝食は日本旅館らしい和朝食で、

特筆すべきは、この自分で焼いて頂く「アジの干物」です。

出来立て焼き立ての干物は、う~~ん、旨い!!


 デッキからの眺め朝食が済んで、お部屋に戻って出発の準備ができたら、ロビーラウンジに行ってみましょう。

前回・B105の(3)でもご紹介している通り、帆船をイメージしたラウンジと、さらに外に出られるデッキからの眺めは素晴らしいもの。

お土産選びも忘れず、東海ホテル湯苑の記念写真に残して下さい。
次回は、もうひとつの宿泊先「稲取銀水荘」をご案内します。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A801 稲取温泉[東海ホテル湯苑]宿泊

次ページへ »