山中湖の2頭のKABA …C665 水陸両用バスKABA号編(2/2)

C665 森の中の水族館と水陸両用バス | 水曜日 8月 13 2014 10:09 PM |

バスターミナル1F
バスターミナル2Fさぁて、いよいよ本命の山中湖のカバに逢いに行きます。

水陸両用のカバは、この「山中湖旭日丘バスターミナル」を出現の拠点にしています。

上の写真が1階部分で、下の写真が2階部分で、2階部分がKABA号も含め、バスターミナルになっています。


KABAカフェ&ショップKABA号の発着出札所や、軽食も摂れるKABAカフェ、土産物売場などは、2階にあるのでこちらで、湖で遊んでいたKABAが帰ってくるのを待つのです。


土産物売り場ハニットアゼリアバスが着いた時刻によって、KABA号に乗れるまで時間があったら、この土産物売り場で先に土産を選んでおきましょう。

KABAの絵柄の「KABA(ミネラル)ウォーター」や「KABAチョコクランチ」、後は富士山がらみのお土産物に、甲府名産「ほうとう」などはいかが。


KABA号 2号車そうこうしているうちに、山中湖のKABA号が、お客さんを乗せてターミナルに帰ってきます。

水陸両用であることと、その形状からカバ号と名付けられたこのバスも、2011年4月から運行開始の1号に続いて、昨年(2013年)4月から、この写真の2号が加わって現在2台(頭?)で運用されています。


KABA号1号車続いて帰ってきたこちらが、先に運行していた1号車です。

ご覧のように、上の2号車に比べると、前部分が尖って船らしく、いかにも水陸両用車という感じです。

こちらは世界的にも数多く運用されているアメリカ製で、上の写真の少し丸みのある2号車は、我が国唯一の国産車なのだそうです。(お値段ナント1.5億円!)


2号車に 乗り込みターミナルに着いたKABA号からお客さんが降りた後、次に乗る私たちをグループ毎に、女性のクルーさんが乗車記念写真を撮ってくれます。

そして、いよいよ乗車となります。
ご覧のように、2号車は後部にタラップが降りてくるので後ろから、1号車だったら前の方から乗り降りします。


 森の中を走るKABA先に手渡されているチケットの乗車番号の座席(水に濡れてもよいビニール製・足元に救命胴衣あり)に皆座ったら、KABA号の出発です。

陸上は普通のバスのように走りますが、観光バスよりは少し小ぶりのせいか、このカバは元気に森の中の小道を走ります(結構揺れます)。

バスガイドさん役の、女性クルーがずっと案内や、クイズなど出してくれるので、乗車した老若男女と一体感が生まれてきます。


湖岸へやがて、森の中から山中湖の湖岸に出てくると、
いよいよコレカラダ感が、ぐっと増してきます。

誰もが子供の気分になってくるような、わくわくタイムの共有です。
窓の、ビニールを下ろして、水しぶきに備えましょう!


 飛び込みバスは、勢いをつけて湖へ!

ざっぶ~んんんん!!
今まで陸を走っていたKABAバスが、すいすい泳ぎ始め

この瞬間のために、はるばる東三河からやってきた、といっても過言でない瞬間です。


航行中もう船として山中湖を航行しています。

運転手さんも船長さんに変わっている訳です。
(法律的にもそのようになっているそうです)

ちなみにバスは、カバらしく航行中もタイヤが外に出ていて、後部のスクリューで走っているということです。


富士山この取材の日は、薄曇りでしたが、航行している間に、少しだけ薄くなった雲の奥に、富士山の影が…

よ~く見て下さい、うっすら見えるでしょ。
運がよいあなたの行かれた日には、ちゃんと見られる、かも、です。


KABA号2号車 後部さて、無事再上陸を果たして、道路を走ってターミナルに戻って、KABA号から下りたら、メカ好きだったら細部をよ~く観察しましょう。

これは、2号車の後部ですが、このように舵もスクリューもあるのが見えますヨ♪


KABA号乗車記念写真最後にターミナル2階のチケット売り場の前で、女性クルーが乗車前に撮っていた記念写真をグループ毎に用意してくれています。

手札サイズの記念写真1枚を、さらに大きく伸ばした写真は有料ですが、頂けます。(自分で撮った写真もよいのですが、こういう“記念写真”もまたよいものですね)

◆このバス旅に参加してみたい方は、残席わずかですがこちらへどうぞ↓
C665 富士山麓・森の中の水族館と水陸両用バス・山中湖のカバ

忍野の森の中の立派な淡水魚水族館 …C665 森の中の水族館編(1/2)

01 駿河湾沼津SA
リサとガスパールカフェ今回のハニットアゼリアツアーの最初の立ち寄り先は、なんと新東名の「駿河湾沼津SA」です。

ここでトイレ休憩ではなく、自由昼食の予定ですがご心配なく、その候補は大変多く、選ぶのが大変なくらいなので、まだ寄ったことのないお店情報を、ざっとご案内しましょう。

例えば2階にある「リサとガスパールカフェ」は、愛らしいキャラクターのイメージを活かしたカフェメニューと、カレーやパスタなどの軽食を頂けます。


レストラン ソラノテラス同じく2階にあるのが、新東名で唯一のオーシャンビューが楽しめるレストラン「ソラノテラス」です。

「牛ほほ肉のとろける赤ワイン煮(1700円別)」とか「オリジナル手ごねハンバーグ(1500円別)」~どちらもライスまたはパン付…など、本格洋食のメニューが食欲を誘います。


ポンパドゥルほかにも、1階のフードコートの「港町の旨い定食屋 かもめの台所」「自家製うどん 地粉屋」「駿州醤油らーめん 一滴屋」「沼津港海鮮食堂 サマサ水産」等々、店名からも美味しさの期待が膨らみますネ。

また、写真の手づくり焼き立てパンの「横浜ポンパドウル」や、外スタンド店の「鶏膳」や「Loco cafe」でテイクアウトして、お気に入りの場所で頂く手もあります。


森の中の水族館駿河湾沼津SAで腹ごしらえをした後、バスは御殿場インターから山中湖方面に向かって走ります。

そして着いた処が、富士山麓・忍野の森の中にそっと建っている丸太造り風の建物が、魚類大好きっ子の目指す、今回の1番目の目的地「森の中の水族館=山梨県立 富士湧水の里水族館」です。


入館直後、川や池の身近な小魚水槽静かな水族館の入館口を入ると、最初にあるのが身近な川や池に棲む淡水の小魚たちのいる水槽です。

そして、目を上げると水槽の向こうに、大きくきれいな大水槽が見えます。


 曲面大水槽この水族館は、(特に清流の)淡水魚については、日本有数の規模と設備を誇っています。

富士の湧水(地下水)を利用している大水槽は、水が大変きれいで、マスやサケ、チョウザメといった大きな魚がゆうゆうと泳いでいるのを、間近に眺められます。

見学通路の途中に、湧水の冷たさに触れることのできるプールもあり、子供たちの歓声が時折聞こえます。


 1F水槽の間を歩く通路写真左側にある二重回遊水槽は、二重構造になっていて、大きな魚と小さな魚が一緒に泳いでいるように見えるのです。

照明効果もあって、まるで川の中にいるような気分が味わえます。


 2F展示室通路を進むと、2階に上がれる階段があるので、上ってみましょう。

そこは、こうした広い展示フロアになっていて、さっきまで両脇にあった流水大水槽を上から眺められるようになっていたり、淡水魚の生態を解説している「シアターホール」があります。

また、水槽に設置されたモニターカメラを遠隔操縦できる装置も並んでいます。
そのほか、この水族館を訪れた有名人のニュースや、ソフトクリームなどの販売コーナーもあります。


土産物コーナーコースの最後の方に、こういったお魚がらみのぬいぐるみや、アクセサリー、携帯ストラップが売られているコーナーがあるので、お魚好きなお子さんの目が輝くでしょう。


森の学習館森の中の水族館は、森林浴も楽しめる総合施設になっていて、

写真の「森の学習館」や、「湧水泉」「親水池」「水飲み場」があるので、一通り水族館を観終わって時間がある方は、森のお散歩が楽しめます。


忍野高原野菜直売所また、駐車場にテント張りしている「忍野高原野菜直売所」には、8月中なら、特産の美味しい桃が格安で売られていたりもするので、覗いてみることをお奨めします。

次回は、本命「山中湖のKABA号」を、ばっちりご紹介!

◆このバス旅に参加してみたい方は、残席わずかですが、こちらへどうぞ↓
C665 富士山麓・森の中の水族館と水陸両用バス・山中湖のカバ