谷川岳ロープウェイは視界広く、天神平は眺めも高山植物もよし!です

天神平

水上温泉「松乃井」を8:30に出発して、谷川岳ロープウェイに向かいます。
この日は、やや曇りだったので運の良い人は、この景色を青空バックで楽しんでください。
写真正面の一番高い山は、(多分)標高2,418mの朝日岳です。
現地には、見えている山々の名を記した看板(青く見えている看板です)がありますので、旅行に参加した方はご確認ください。


ロープウェイ駅

ちょっと時間を戻して、バスが着くのは、このロープウェイ駅です。
実際にロープウェイが発着しているところまで、皆でぞろぞろ歩くことになります。まあ、そんな大変な距離ではありませんので、ご安心を。


フニテル

そして、これが約4年前に導入した谷川岳ロープウェイご自慢の「フニテル」です。きれいで、カッコよいですね。
フニテルはフランス語で、2本のロープ幅がゴンドラ幅より広いロープウェイ、という意味なんだそうです。


空中ロープウェイ

「フニテル」は、窓面積の大きいロープウェイならではの視界のよさで、全長2,400m、高度差573mの眺めを、満喫できます。


天神平の眺め

「天神平」というだけあって、標高1,319mにこれだけの眺めと広がりがあるのですから、スキー場としても冬に賑わうのも当然という感じです。


リフト

そのスキー場の証明、リフトがあります。
バスの集合時刻に間に合うのなら、400円で行くことができます。


<ミズバショウ

天神平がいいのは、花のある高山植物が間近に見られることです。
写真の時期には見られた「ミズバショウ」は終わっているでしょうが、季節ごとにいろいろな種類の花が咲くので、見落とさないよう、注意して斜面を探してみましょう。


天神平駅

そんな風に高山植物を探しながら、斜面を登って、振り返ると「天神平駅」が見えました。


たんばらラベンダーパーク

ところで、谷川岳ロープウェイがコースに入っているのは、6月と、8月16日~9月の間です。
7月~8月15日までは、ラベンダーが見頃を迎える「たんばらラベンダーパーク」が観光先になっています。
このラベンダパークの入口は標高1,250m地点にあります。最初の施設、リゾートセンターにはレストランやギフトショップがあります。


MAP

この広いラベンダーパークの園内図がこちらです。
園内の真ん中にあるレストハウスには、2軒のレストランがあり、標高1,300mの高原の景色を眺めながらのお食事が売り物です。


ラベンダー畑

5万株と言われるラベンダーが咲き揃う様は、芳香に包まれ、薄紫色の絨毯のような見事な眺めになるのだそうです。
また、園内図の真ん中辺りにあるラベンダー館では、ラベンダーがエッセンシャルオイルになるところが見られます。

大浴場も新装で、広くて清々しくゆったりしてます

雲水の湯正面

2日目の朝は、館内にある大浴場「雲水」の湯を試しました。この風呂は、横長で正面が大きなガラス窓になっているワ~イドなものです。
洗い場も浴槽も全て新しく、テラスになっている窓の外の風景とも合って、何とも言えない清々しさに満ちています。
この取材のときには、窓の外は桜でした。


右側

真中から右を見ると、


左側

左側はこうです。
この左右の長さを表現するために、こんな風にご覧いただきました。
それにしても、確かに湯は湧き湯になっています。また、加水をしていない源泉そのままの良さは、湯に沈めた体がなかなか出たがらないことで、証明されています。


サウナ

他に、しっかり広いサウナも真新しく、とても清潔な感じです。なお、女性用もほぼ男性用と同じ構造・広さですが、ミストサウナもあるという、最近の女性優位の観光ホテルの姿勢が現れてますねぇ。


らいぶらり

館内施設の新しさは隋所にあって、例えばこの写真の右手は「らいぶらり」、つまり図書ルームになっています。
その他、女性向けのエステやリンパマッサージコーナーもあって、心身のリフレッシュに力が入っているようです。


ロビー

ロビーの装飾も、大都会の一流シティホテルのようで、センスよいなぁ、と思っちゃいました。


売店

売店もこんな感じですから、お土産選ぶのもセンス要るかなぁ、と思ったりしましたが、
ご安心を。


湯乃花まんじゅう

一番人気のコーナーは、この「湯乃花饅頭」で、


湯乃花まんじゅう試食用

係の人に勧められ、試食用をぱくりとやると、あっさりした餡の甘みが口中に広がります。


薬師饅頭

おいしいですね、と愛想を言うと、こちらの薬師饅頭も人気ありますよ、と試食を勧められました。
黒餡の湯乃花饅頭に比べ、白餡のこちらは、上品なお味ですね。


松乃井全景

そんなこんなしているうちに、出発時刻が迫ってきました。
外に出てホテルを改めて眺めると、最初のイメージより大きいことに気付きました。
広い駐車場を下がって下がって、やっと全景を収めた写真がこれです。

きれいな水上温泉「松乃井」で、きれいなお料理召し上がれ

松乃井

川越・菓子屋横丁散策を終え、バスは関越自動車道を北上、水上インターを下りて間もなく、利根川のほとりの水上温泉「松乃井」に到着します。
2007年7月にリニューアルしたこの宿は、まだまだどこもかも新しく、和風かつシャープなデザインが泊る者の心を弾ませます。


庭園回廊

やはりまずはお風呂でしょ、ということでお庭を愛でつつ、渡り廊下「庭園回廊」で露天風呂に向かいましょう。


天煌の湯

こちらは男性用露天風呂「天煌(テンコウ)の湯」(女性用も同じ名称)です。
弱アルカリ単純泉のお肌に優しい源泉を3本保有する松乃井は、「源泉掛け流し」はも当り前、湯殿の底から「源泉」を湧き上がらせる「湧湯」になっています。


夕食フル

お風呂に入ってお腹を空かせて、さあお待ち兼ねの夕食です。
(この宿ご自慢の、大浴場「雲水の湯」には、また後で入ることにしました)


山葡萄酒

まずは食前酒。今夜の食前酒、「山葡萄酒」のきれいな色を眼で味わうところから始めましょう。
香り高く、甘くて爽やかな味は、お酒に弱い女性方にも充分喜んで頂けそうです。


前菜

口中の山葡萄酒の味わいを残しつつ、最初の箸は定石通り「前菜」に向かいます。
山菜の香味豊かな「山独活(ヤマウド)味噌漬け」や地元ブランド鱒「武尊サーモン茶巾寿司などを味わい、舌慣らしと洒落込みます。
真中の白い生湯葉の淡白な味覚の広がりが感じられるのは、食事の始まりのこのときだけかも知れません。


サザエ

続いてズワイガニ、マグロ、鰆のお造りや、牛しゃぶしゃぶ等々、箸は次々食べたいものに伸びます、伸ばします。
そして気になっていた「サザエ」さん。こちらは「サザエのブルギニョン」と名付けられた、下ごしらえしてあるサザエのバター風味壷焼き、といったところです。
全体に和食系の夕食の中で異彩を放っておりました。


刺身こんにゃく

そして、お口さっぱりの「刺身こんにゃく」は、いかにも群馬の水上温泉の味。


生春巻き

それから、わざわざベトナムから来てもらっている本場のコックさんが作った「本場ベトナム生春巻き」が秀逸です。
ピーナッツを砕いて入れた甘酸っぱい、そして辛味のあるソースを付けて口にした、そのしゃきしゃきの食感こそ、松乃井の料理の幅の広さと色彩感覚を物語っているようです。


豚と大根

それらの国際色豊かな料理があるかと思えば、上州のもてなしの温かさを感じる「上州麦豚と大根の柔らか煮」の滋味あり、


うどん

素朴さと、それでいて山の幸の恵みをふんだんに盛り込んだ「おっきり込みうどん鍋」(太く切ったもちもちのうどん)の、腰の据わったもてなし心に触れられる料理の数々でした。
あ~お腹がくるしいぃ、と思わず口に出る満足満腹の夜でした。

路地を巡って、お気に入りのお店を見つけましょう「川越・お菓子横丁」

マップ

豊鉄ハニットアゼリアツアー「源泉掛け流し水上温泉・松の井泊りで爽快谷川、壮大「たんばらラベンダーパーク」の1日目は、「河口湖」~朝の連ドラでおなじみ「小江戸川越」のお菓子横丁をぶらついて、源泉掛け流しの「水上温泉・旅館松の井」宿泊となります。
2日目は、夏の盛りの7月~8/12は「たんばらラベンダーパーク」。それ以外の6月~9月は「谷川岳ロープウェイ」で壮大な眺めを楽しみます。
まずは連ドラで一躍有名度が増した、「小江戸・川越 菓子屋横丁」の買い食い散策といきましょう。


蔵造り通り

菓子屋横丁に行く前に、ちょっとご案内。
上の地図の赤枠でない右側部分は、小江戸と呼ばれる川越の由緒正しい(?)蔵造り通りがあります。
地図の「川越まつり会館」前の通りがそれで、写真のような大きな江戸時代を思わせるお店が並んでいるので、お菓子類にあまり興味のない方には一見の価値があります。


江戸屋

ここより菓子屋横丁、と看板が出ている「江戸屋」の横の小路の奥が菓子屋横丁であります。
その江戸屋さんは駄菓子屋さんですが、人気商品は「量り飴」だそうです。では、小路を入って行きましょう。


うなっ子

江戸屋の横の小路を入って行くと焼きそば・おでんの「浜ちゃん」、そして店前の小川を錦鯉が泳ぐ、うなぎ屋さんの「うなっ子」があります。
「うなっ子」は、お昼~午後4時までの、うな丼(850円)が人気で、モンドセレクション最高金賞の「COEDO」ビールのさつまいも「紅赤」が、ここでだけ生で味わえるお店です。
また、名物の「いも重」は、いもご飯の上にふっくらした蒲焼が乗って、秘伝のタレでとっても旨いと評判です。お腹に自信のある方、試してみます?


斜め道奥

うなっ子の前に、斜めに伸びている道をたどります。
写真奥の方に、玉力製菓(白地に黄色の看板)や、松本製菓が見えています。


松本製菓

玉力製菓も松本製菓も飴屋さんで、「玉力製菓」は組飴(金太郎飴などの絵の入った飴)が得意。
「松本製菓」は昔ながらの製法で、麦棒、ニッキ飴、ベッ甲飴、はっか飴、を作っていて、その歴史は100年を超えるのだそうです。朝早くから、元気よく観光客の相手をしていました。


来た道を振り返る

この斜めの道の折れ曲がるところ、田中屋を過ぎたところから、今来た道を振り返ってみました。


花音

菓子屋横丁は、皆が皆駄菓子屋さんスタイルではなく、こんな小奇麗なお店もあります。(なんて言ったら他のお店に失礼ですね…)
「和楽 花音」は喫茶軽食(おそば)のお店で、「芋そば とろろセット」「紫いもパフェ」「花音アイスクリーム」などが人気だとか。お洒落にスィーツしたい方は、ぜひどうぞ。


雷神堂

逆に(と言ったらまた失礼ですが)、こちらの「雷神堂」さんは手焼き煎餅のお店で、店頭には朝の連ドラの主人公さんの、サイン色紙が飾られてました。
煎餅好きの方は、ぜひぜひ。


かわしま屋

こっちだって手焼き(?)だ。と言うのは、鯛焼きの「かわしま屋」さん。
ご主人が店頭でいい手並みを見せてました。


室岡屋

一軒一軒、個性豊かなお店ばかりの「菓子屋横丁」。ここにご紹介してないお店にも、まだまだおもしろそうな商品が並んでいます。
小路の最後、大通りに出たところにある「室岡屋」さんは、芋まんじゅうや芋せんべいを作っています。
店頭にあった「焼きおにぎり」って、ぽんせんべいじゃないのかなあ…、とノスタルジックにもなる、昭和の味の横丁めぐりです。