元伊勢籠神社~天橋立を満喫 …A904、905 京都湯の花温泉の旅(4)

元伊勢籠神社の鳥居と神門
拝殿と奥に本殿2日目の観光の最初の立ち寄り先「元伊勢籠神社(モトイセコノジンジャ)」は、昨日参拝した「出雲大神宮」が出雲大社の元社なのに対して、こちらは読んで字のごとしで、伊勢神宮の元社です。

大きい写真は、バスが着いた駐車場から見える鳥居とその向こうに白い幔幕のある「神門」の様子で、

左の写真は、神門をくぐると見える「拝殿」(さらに奥に本殿があります)です。
なお、神門の両脇には鎌倉時代のものとされる重文の「狛犬」が控えています。


分社4社拝殿前から左に行くと、天照大神和魂社、春日社、猿田彦社、真名井稲荷社の分社が並んでいます。

「元伊勢籠神社」は、大昔(神代)から豊受大神(トヨウケノオオカミ)をお祭りしていたところ、十代祟神天皇の時代に天照大神(アマテラスオオカミ)が大和国から遷られ、両神をお祀りするようになりました。

そして、十一代垂仁天皇と、二十一代雄略天皇の時代に、それぞれ伊勢に遷られたので、元伊勢神社と云われるようになったということです。
また、両神が伊勢に遷られた後、彦火明命(ヒコホアカリノミコト)を主祭神とし、社名を籠宮(コノミヤ)と云うようになったと云うことです。


ケーブルカー駅元伊勢籠神社から徒歩で移動できる近さに、傘松公園に登るケーブルカーとリフトの「府中駅」があります。

写真の奥に見える、小山の頂上が有名な傘松公園なのです。


ケーブルカー府中駅から乗るケーブルカーは、約4分で頂上の傘松公園に着きます。

大体、往きはこのケーブルカーで上り、帰りに前を遮るもののないリフトで下るというのが、定番のようです。


傘松公園の股覗きそして、こちらが有名な「天橋立股のぞき」でございま~す。天地が逆さになって、「天橋立」の名の通り、天に上る橋に見えるんです。

眼下に見る天橋立の名所の一番は、この「傘松公園」と言ってもよいでしょうが、他の2ヶ所「ビューランド展望台」の「飛龍観」や、

「一字観公園」からの「一字観」もそれぞれ趣があるので、機会があったらそちらも一度ご覧になるのも良いかも知れませんね。


昼食会場「橋立大丸」お待ちかねの昼食は、傘松公園からバスに戻って、橋立公園方面に移動した後、この「橋立大丸 本店」で頂くようになっています。


智恩寺山門昼食が済んで、お腹ができたら、まずはこの「智恩寺」へ。

立派な「山門」が、私たちを出迎えてくれます。

この山門は、本格的な唐様(禅宗様式)の山門として、丹後地方最大のものだということです。


文殊堂山門をくぐると、有名な「文殊堂」が建っています。

室町時代に活躍した雪舟が描いた「天橋立図」にもある文殊堂は、若干形が違いますが、この文殊堂が写真のものになったのは、明暦元年(1655)から始められた、宮津藩主京極高国による修理によるものです。

屋根は、わずかに照り起(ムク)りを帯びた優美な「宝形造り」で、その形状は雪舟の描いた文殊堂と同じです。


多宝塔山門から文殊堂に行く手前の左側に、この美しい「多宝塔」が建っています。

この重要文化財・多宝塔は、室町時代のものとして丹後地方唯一の遺構で、先ほどご案内した雪舟の天橋立図にも、そのまま描かれているものです。

多宝塔の反対側の、右手に行くと、すぐ海になり観光船発着所があります。そこに、こちらも有名な「知恵の輪灯篭」があるので、お見逃しのないように。


廻旋橋智恩寺の参拝が済んだら、山門前の土産物店の通りから小道を曲がると、天橋立そのものに渡る「廻旋橋」が架かっています。

鉱石運搬船や、大型の観光船が通ると、写真のように橋が旋回して船を通す仕組みになっています。


人が渡れる状態の廻旋橋船が通過してしまうと、このように元の橋に戻ります。

さあ、橋を渡って天橋立に行ってみましょう。


橋立公園案内図の左半分橋を渡ると、この案内図が立っています。

この智恩寺と橋立公園散策の時間は、大体80分くらいが予定されています。

智恩寺で20分くらい、橋立公園で40分くらい、最後に土産物選びに15分(5分は予備時間)といったところでしょうか。

戻る時間を考えると、図の真ん中あたりの「岩見重太郎仇討の碑」くらいが限界かも。


橋立公園散策路道は、こんなに気持ちの良い松林の散策路です。

また、右手に松林を抜けると、夏は海水浴場になるきれいな砂浜になっています。

少し歩くと、この雰囲気にぴったりの「お休み処」もあるので、よほど時計を気にしていないと、バスの集合時刻に遅れそうになって…
、ということになるかもですよ。


舞鶴港とれとれ市場どうにか皆さん遅刻もなかったということで、次の目的地、舞鶴港「とれとれ市場」にバスは到着します。

ここは、舞鶴港で水揚げされた、文字通りのとれとれピチピチの魚介類が、皆さんの我が家へのお土産候補に名乗りを上げている新鮮海産市場です。


市場内部約500坪の市場の中は、ご覧のようなにぎわいです。

ぜひ、お店の人と値切り交渉して、うれしい買い物をいたしましょう!

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A904 おもてなしの宿渓山閣

A905 松園荘保津川亭

京の湯遊び処、松園荘保津川亭 …A905 京都湯の花温泉の旅(3)

松園荘保津川亭
エントランスロビーA905のコースを選ばれた皆さんは、渓山閣お泊りの人たちがバスを降りた後、もう少しバスで先に進み、この近代美術館(!?)かと思うような建物に到着します。

こちらが、今宵のお宿「松園荘保津川亭」でございま~す。
玄関を入ると、館内なのにせせらぎの水の流れと、京の町屋のような眺めが、皆さんの目をまんまるにしそうです。

そんなエントランスロビーの佇まいが、お泊りのお客さんを、雅な京の町での遊び気分に誘う仕掛けです。


部屋ともかく、お部屋に案内されて、浴衣姿になってちょっと寛いで、それからお風呂に出かけるのはいつもの通り、ですね。


湯上り処そのお風呂ですが、この保津川亭ではお風呂だけの建物「浴場棟」があるのです。

連絡通路の「松の廊下」を歩くと、写真の湯上り処に入る前に能舞台が眺められるスペースを通って
この広い「湯上り処」に入るという、期待感がわくわく膨らむという仕掛けです。

お風呂に入る前に気になるのが、歌舞伎の定式幕柄が目立つ、ガラスのケースです。


江戸の芝居小屋大きなガラスケースの中には、細部までよくできている「江戸時代の芝居小屋」が再現されています。

手作りの小さな人形(人間?)が、幾百といて、芝居小屋の前の通りの様子、裏に回れば芝居小屋の内部の様子、楽屋の有り様まで驚くほどリアルに描いています。


大黒の湯入口さて、いつまでも芝居小屋に見惚れている訳にもいかないので、目的のお風呂に入りましょうか。

こちらが「大黒の湯大浴場」の入口で、男女入れ替えはなく、夜は12時まで、朝は6時から入ることができます。


男湯男女のお風呂はほぼ同じ造りなので、男性用のお風呂をご覧頂きましょうか。

まず最初に足を踏み入れるのが、この大浴場です。
直線的なデザインのすっきりした御影石の浴槽で、床は滑りにくい陶質タイルが敷き詰められています。


ジャグジー、ジェットバス大浴場には、このようなジャグジーや、ジェットバスもあって、疲れを癒したい方には特に好評です。


薬湯風呂、檜風呂大浴場から渡り廊下を伝って外に出ると、3つの浴槽の露天風呂が。

実は、ここからが「京の湯遊び処」の、湯遊び処たる所以なのです。
まずは、青い屋根の下の2つの御影石の浴槽が、備長炭、麦飯石を用いた薬湯風呂で、奥の広い方が桧風呂となっています。

で、ここでずっとのんびりしている訳にもいきません。まだ、この先があるのです。


ミストサウナ再び渡り廊下を辿って行くと「ミストサウナ」と表示されたドアがあります。

扉を開けると、この通りミストが…!
カメラではぼんやりとしか見えませんが、広いきれいなミストサウナ室があなたを待っているのです。


円形風呂さらにさらに奥に進むと、このような滝の見える円形石造りの湯船があって、気分は王侯貴族、でしょうか。

どのお風呂を愛するかはお好みですが、この贅沢感はなかなか味わえないものだと、うなづく方が多いでしょう。

泉質は、単純弱放射能泉(弱アルカリ性低張性低温泉)で、無色、透明、無味、微硫化水素臭の、温泉となっています。


宴会場へ向かいますいくら素敵なお風呂でも、お腹は空いて夕食時刻を知らせてくれるもの。

ちょっぴり早足になったりして、夕食会場へ向かう通路はこんなに華やいだ、京都の夜の街並みみたい。

なんだか、心弾んじゃいます。


宴会場いくつもある宴会場の中の、どれかが案内された会場です。

どうやら間違いなく、辿りつけたようですね。


夕食フルセット
は~い、お待たせしましたぁ!
例によってフルセットですが、とにかくこんな風にきれいに並んだ、京のお料理があなたの食欲に挑戦です。


前菜前菜にも、京の料理人の意気込みが感じられる、…と、思ったあなたなら、食通を名乗れる、ってもんです。


京風すきやききれいな霜降りのお肉が気になるあなたなら、グルメと呼ばれて当然です。

こんなに美味しいお夕食を、こんなにリッチな気分で頂ける、これこそが旅の醍醐味ですよね~❤


ナイトラウンジ「マドンナ」リッチな気分の仕上げは、夕食後のナイトラウンジ、ではないでしょうか。

殿方に勘定はお任せにして、こんな夜の楽しみ方をしても、バチは当たりません。
このナイトラウンジ「マドンナ」のお隣には居酒屋「吾作」もあるので、和風の2次会がお好きな方はそちらにどうぞ。

ちなみに、ここは、この宿の最上部にあったあのドーム部分なんですよ。


カラオケルームわたしは歌が唄いたいの、という方にはちゃんと1階にカラオケルームがありますよ。

他にも、お土産物を見に行く方、お風呂に入り直す方、などなど、それぞれの方の京の夜が…。
翌朝目覚めれば、朝風呂が、朝食が待っている、という極楽生活です。

2日目は、日本海側にまで出て天橋立に行きますからね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A905 松園荘保津川亭

おもてなしの宿「渓山閣」のおもてなし …A904 京都・湯の花温泉の旅(2)

渓山閣外観
入口出雲大神宮に参拝した後、A904コースに参加した方のお宿は、この京都・湯の花温泉「渓山閣」になっています。
入口の門を入ると、小さな渓流と一緒に石段を下った先に、玄関が見えるという、趣のあるアプローチになっています。


ロビー・ラウンジ玄関を入ると、こんな風にロビーが広がります。
左側には「みやげもの売場」…こちらは後で寄りましょう。
座り心地の良さそうなラウンジの奥には、見事な活け花と雄大な石絵が私たちを歓迎しています。


部屋お部屋に通されたら、まずは茶菓で一服して、その後はそそくさと浴衣に着替え、のんびり気分でお風呂に出かけましょう。


男性用「なごみの湯」大浴場この宿のお風呂は、写真の男性用「なごみの湯」と、女性用の「ほのかの湯」に分かれています。
男女の入れ替えはなく、夜は12時半まで、朝は5時から安心して入浴なさって下さい。
ちなみに、「なごみの湯」と「ほのかの湯」の造りはほぼ同じようになっています。


大浴場内湯から露天風呂が見えますすっきりとした横長の大浴場の端の方はジャグジーの寝湯になっていて、外の露天風呂が見えています。


サウナ広めのサウナ室もあるので、今夜たっぷり食べたり飲んだりしようと思っている方は、準備のために入っておくと良いかも…。


なごみの湯露天風呂こちらが、なごみの湯の露天風呂です。
浴槽の先端の、お庭が見える方はゆっくりできる寝湯になっているので、時が経つのを忘れてしまいそうです。


ほのかの湯こちらは、女性用の「ほのかの湯」の大浴場です。
造りは先ほど述べたように、男性用の「なごみの湯」とよく似ています。
この湯の花温泉には、鬼退治に絡んだ不思議な霊石「桜石」が産土するということです。
大豆くらいの小石で、どこを切っても桜の花びらの模様が現れるというこの石は、国の天然記念物に指定され、採掘は規制されているということです。
そんなお話も、この温泉の効果を高めてくれているようですね。


ほのかの湯露天風呂ほのかの湯にも、なごみの湯と同じような露天風呂があります。
気になる温泉の泉質は、「単純弱放射能(ラドン)泉」となっています。


夕食会場の~んびり、ゆったりお風呂に入っていて忘れていた時を、腹時計が教えてくれて、サウナに入った方も、入っていない方も、三々五々宴会場に集まり、お楽しみの夕食タイムが始まります。


夕食フルセット例によって、これはお料理を全て並べた状態です。
京会席らしい彩りと、華やかさは格別なもので、まず目で楽しんで、それから舌で楽しもうという、都の流儀に触れるのことが、旅の宴の醍醐味と言えるのでしょう。


ナイトラウンジ「エルメス」宴会が終わると、それぞれお風呂に入りなおす方、お土産物を選びに行く方、
こうして、8時オープンのナイトラウンジ「エルメス」で、さらに飲み直す方などがみえるのは、いつのバス旅でも同じですね。
ちなみに「エルメス」のセット料金は1人2100円(込)で、追加ドリンク840円(込)、カラオケ1曲200円、となっておりました。


みやげもの売場こちらは「みやげもの売り場」で、ロビー・ラウンジの横に見えていた処です。
ここには、いかにも京らしい土産物と、やはり京都の奥座敷「亀岡」らしい、


料理長お奨めの地産の海山の特産物~料理長自慢の逸品コーナーなど、じっくり見ていると飽きないほど種々様々に並んでいます。
もちろんお菓子類も豊富にあるので、お土産を待っている人の好みを思い出しつつ、いろいろ悩むところでもあります。


朝食会場そのように夜も更け、朝が来て、朝湯など楽しんで、皆がこの朝食会場に集まって来ます。


モーニングバイキングA904の渓山閣にお泊りのコースに参加された方の朝食は、このようなモーニングバイキングになっています。
お好きなお料理をお腹いっぱい頂いて、2日目の旅行の活力を蓄えましょう!


朝のラウンジ朝食も頂いて、忘れ物がないように身支度をしたら、バスガイドさんが呼びに来るまで、ラウンジで最後のゆったりを楽しみましょう。

次回(3)は、A905コースを選んで「松園荘保津川亭」に泊まられる方へのご案内とさせて頂きます。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A904 おもてなしの宿渓山閣

伏見、金閣、出雲大神宮を巡る …A904、905 京都湯の花温泉の旅(1)

伏見の町
月の蔵人京都市の南部に位置している「伏見」は、奈良時代から街道と水運を基に、平安~室町~江戸時代と繁栄し続けた町です。

少し歩けば、そちこちに様々な時代の痕が見られる史跡の町でもあり、江戸時代初期に興った「伏見酒造株八三軒」を基とする酒造りの町として栄た町でもあります。

そんな伏見の町にある「月の蔵人」は、手作りざる豆腐の味が自慢の、和の趣のある京都らしい食事処で、ここで昼食、その後、伏見の町並み散策となっています。


手作り豆腐膳こちらが、月の蔵人自慢の「手作り豆腐膳」です。
京らしい日本料理に、この店自慢の自家製手作り豆腐や湯葉を組み合わせた、和の風味が堪能できる昼食です。


手作りざる豆腐特に、自家製の手作りざる豆腐の味は、出来立ての温かみのある豆腐の、甘さや大豆の風味がくっきり感じられる会心の味覚です。

この豆腐を、ポン酢だけでなく「源塩」「なまら塩」「わさび塩」などのこだわりの塩で頂くと、いつも食べている豆腐とは全く異なる、日本の深い味わいに驚きを覚えるでしょう。


金閣寺総門2番目の観光先「金閣寺」は、京都市の西北にあり、東北にある八代将軍の足利義政によって創建された「銀閣寺」のほぼ対照に位置しています。

門柱だけの「黒門」を通ると、写真の「総門」があり、その先が金閣寺の境内になります。


舟形石、庫裏、方丈総門をくぐると、拝観受付所までの間に、有名な「舟形石(=一文字蹲踞(イチモンジソンキョ))」があります。

また、舟形石の後ろには、「庫裏(クリ)」や「方丈(ホウジョウ)」が見えています。


金閣金閣寺は舎利殿(シャリデン)であるこの「金閣」が有名なため、通称金閣寺と呼ばれていますが、正しくは臨済宗相国寺派「鹿苑寺(ロクオンジ)」と云い、

東の銀閣寺と共に相国寺の「塔頭(タッチュウ)寺院(=禅寺で祖師や高僧を称えて造る分院)なのです。

写真は「鏡湖池」のほとりに建つ「金閣」で、足利三代将軍義満の山荘「北山殿」を基に造営されたものです。


不動堂参拝コースの終点にある「不動堂」の本尊は弘法大師が作られたと伝えられる石不動明王で、霊験あらたかな秘仏として広く信仰されています。


名神鳥居から出雲大神宮拝殿を見る1日目3番目の立ち寄り先、「出雲大神宮」は、大国主命(オオクニヌシノミコト)と后神である三穂津姫命(ミホツヒメノミコト)の二柱をご祭神とする、

出雲大社の元社とされる大変歴史ある神社です。
(※兼好法師の『徒然草』第236段に、出雲大神宮の事が記載されています)

写真は、南側駐車場から入ると最初にある石造りの「名神鳥居」から「拝殿」を見たところです。


境内図境内はこの図のようになっており、拝殿、本殿の右側の奥には、大国主命が皇孫に国譲りをした際、

天津神の使者として遣わされた建御雷之男神(タケミカヅチノオノカミ)が、祀られている「春日社」や、「磐座(イワザ)」、「崇神天皇社」などがあります。


拝殿の奥に本殿拝殿の奥に見えるのが「本殿」です。

出雲大神宮の三大御神徳と云われるのが、ご神体山から湧く霊水による「長寿」と、大黒様として知られるご祭神・大国主命の徳性である「縁結び」と「金運」です。

これはもう、しっかり参拝したいものですね。


磐座、春日社方面へ「夫婦岩」を祀っている赤い鳥居の脇の小道を、白木の鳥居の方に上ると、上の境内図にある「磐座」や「春日社」があります。

そんなに大変な上り坂ではないので、出発時間に余裕があったら上るのもよいと思います。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A904 おもてなしの宿渓山閣

A905 松園荘保津川亭