越後に育まれた食材と芸術に出会う …A705 越後湯沢温泉の旅(4)

ゆきくら館
ゆきくら館内部2日目最初の観光先は、1673年創業の老舗酒造会社玉川酒造の「越後ゆきくら館」です。
お酒好きの方のみならず、最近はお酒の力を活用した「化粧品」も女性に人気です。

写真の「ゆきくら館」と表示された建物の中は、豪雪地帯で知られるこの地ならではの、冬降った天然雪を特殊なシートで覆って溜めた貯蔵庫になっています。
ここで、年間を通して大吟醸酒を“低温貯蔵”して、美味しく熟成させているのです。


売店ゆきくら館と酒造りの工程を見学した後、新潟の美味しいお米から生まれた大吟醸「越後ゆきくら」や吟醸「越乃雪蔵」を始めとする日本酒を試飲できる、売店が待っています。
また、昔から蔵人の手が白くてスベスベなことに注目して生まれた「天然化粧酒」を素にした美白水、モイスチャーミルク、エッセンスソープ 、エッセンスクリームなどが並んでいます。


永林寺
次に訪れる「針倉山 永林寺」は、500年以上前の創建で、徳川家康の孫松平忠直公(作州津山藩祖)と、その子松平光長公(越後高田藩主)の香華所(=仏前に香や花を供える役割の寺院)として本堂建築を認可され、三葉葵の紋章を許された由緒深い曹洞宗の名刹です。


雲蝶作品幕末から明治にかけての名匠「石川雲蝶」が永林寺に来たのは安政2年(1855年)で、慶応3年(1867年)までの13年間滞在して、100点余りの彫工・絵画を残しています。
その後明治14年(1881年)に再度来山し、晩年最後の作品「燈籠台」と「香炉台」を完成させています。

雲蝶の作品は撮影禁なので、永林寺さんのHPに掲載されている作品の一部をご紹介しました。この彩色と彫の深さが雲蝶作品の特徴です。


日本海フィッシャーマンズケープ全景永林寺の次の立ち寄り先「日本海フィッシャーマンズケープ」は、写真手前の「お魚の三十三間堂 日本海鮮魚センター(CELLARと表示)」と、奥の「浜焼きセンター」「レストラン(昼食会場)」の建物から成り立っています。


レストラン、浜焼きセンターまず、奥の方にある「浜焼きセンター」と、昼食場所になっている「レストラン」に向かいましょう。


レストラン棟1階お土産物フロアレストランの建物の1階は、海に関したものが一杯の土産物フロアです。
昼食が終わったら、店内をゆっくり見たいもの。
可愛いもの、面白いもの、貝殻から鮫の口(!)まで、見て廻るだけでも興味深い売り場になっています。


レストラン棟2階店内の階段を上がると「海鮮自慢の店 福浦」があります。


昼食会場こちらが「福浦」の昼食会場です。


浜焼きセンターレストラン棟の隣りの浜焼きセンターには、ご覧のような日本海の魚を豪快に焼いた「浜焼き」が種々並んでいます。
昼食が物足りなかった方や、バスの車内でビールのつまみにでもしようか、と思う方はぜひどうぞ。


日本海鮮魚センター店内最初の写真の、手前側に並んでいる「日本海鮮魚センター」の店内は、長~い建物の中に、日本海の鮮魚を始め、北海道の鮭など全国の鮮魚や乾物など、様々な海産物がずら~っと並んでいます。
最後の、日本海らしいお土産物選びができる場所なので、お見逃しのないようにどうぞ。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A705 寒ぶりツアー 越後湯沢温泉

朝湯も、朝食もバラエティに富んでます …A705 越後湯沢温泉の旅(3)

山の湯大浴場
山の湯案内図朝は、昨夜は女性用だった「山の湯」に出かけましょう。(女性の方は「里の湯」へ)
まずは、ひのき造りの「大浴場」から。
写真、奥の方から外の露天風呂に出られます。
例によって、広くて様々な浴槽があるお風呂なので、案内図を見ながら以下のブログをご覧ください。


薬草風呂こちらにも「薬草風呂」があります。
4つある浴槽のうち、2番目の「初代巨木の根っ子風呂」は、使用できない状態で2代目を捜索中でしたが、そのほかの浴槽はそれぞれ趣も異なっているので、ひとつひとつ入らないと気が済まないかも。


楊貴妃の真珠風呂なかでも人気なのが、この「楊貴妃の真珠風呂」でしょうか。
古代中国の絶世の美人「楊貴妃」が、好んで入ったという真珠を溶かして作ったという「真珠風呂」を、現代の科学で再現(真珠は入っていないようですが)した入浴剤のお風呂です。
女性だけでなく男性でも、このまったりした入り心地は堪らないでしょう。


洞窟風呂ホテル双葉ご自慢の二十八の湯は、本当にバラエティに富んでいます。
薬草の湯に入った後、小道を歩くと「洞窟風呂」が現れます。
単にコンクリートで“洞窟風”にしたものと違い、なかなかスケール感もあり、こうして中に入るとカーブしたその先に、また外の景色が広がるという仕掛けです。


洞窟風呂出口から下を見下ろす上の、洞窟風呂の外の景色が見えるところから出て、下を見下ろすとこんな眺めになります。
冬の、雪があるときには出られないのかも知れませんが、この立体構造もまた楽しさを増してくれているようです。
手前側に見えるのは「上の湯」と「下の湯」で、奥側に見えているのは「大浴場」です。


朝食会場「コンベンションホール」
楽しくお風呂めぐりをしていたので、お腹も随分減ったことと思います。
それでは、朝食会場へ行きましょうか。
朝食会場は3階の「コンベンションホール」で、こんなに明るくて素敵な会場です。
大きな窓の向こうには、『水が織りなす越後の宿』のテーマを表す滝が流れる庭園が、パノラマワイドに広がっています。
ここで、美味しい新潟の食材をふんだんに使ったバイキング料理が、皆さまのおいでを待っています。


バイキング1「湯沢のっぺ」ほか例えば、新潟らしい「湯沢のっぺ」。
「のっぺ汁」は、全国の郷土料理にあり、信州の物が有名ですが、お隣の越後にもしっかりあるのです。
奥に見えているのは、バイキング料理に欠かせない「スイーツ」たちです。


バイキング2「郷土料理 新潟朝ごはんプロジェクト」残念ながら、一部の料理しかご覧に入れられませんが、会場には和洋の料理がずらっと並んでいます。
この写真は「新潟朝ごはんプロジェクト」と表示されたコーナーです。
米どころ新潟に来たなら、普段パン食の方でもご飯にしなくっちゃ、と思わせてくれるラインアップです。
奥の方の板さんがいる屋台では、イカを短冊切りにしたものを焼いています。(ぜひオススメです)


私の朝食セレクトちなみに、こちらが私のチョイスした朝食です。
見事にバラバラですが、美味しそうなものを選んでいるので、これで満足しました。
真ん中のお皿の「焼きイカ」と「出汁巻卵焼き」は絶品です!
この後、コーヒーとスイーツを持ってきて、満腹満腹…でした。


土産物売り場朝食も終え、部屋に戻って支度を整えたら、バスの出発までまた最後のお土産チェックタイムですね。
広い土産物売り場にはお菓子類のほか、家に帰ってから楽しみたい新潟のお酒や、つまみ類も豊富にそろっています。


朝のラウンジ出発前のひととき、こうしてラウンジで寛いでいると、本当にいいお宿だったなぁ、と思えるときがうれしいですね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A705 寒ぶりツアー 越後湯沢温泉

お風呂めぐりの楽しさと越後のご馳走 …A705 越後湯沢温泉の旅(2)

7階展望大浴場「空の湯・ぱぱらく」
ぱぱらく露天風呂一杯あるこの宿のお風呂、まずは最上階7階の展望大浴場「空の湯・ぱぱらく」へ。
ご覧の通りの景色が、広がります。
「ぱぱらく」は男性専用、もちろん女性専用の「空の湯・ままらく」もあります。
名前の由来は…わかりますよね。
この空の湯と併せ、6階の「山の湯」「里の湯」を入れて全部で28もあって、双葉のお風呂=「二十八(フタバ)の湯」と云っています。


「やまんぼちゃ」湯上り処
7階の空の湯で、遠く谷川連峰を望む雄大な景色を満喫した後、今度は6階の数々の変わり風呂が楽しめる「やまんぼちゃ」へ。
エレベータを下りると、こんな湯上り処で、先に入られたお客さんたちが休んでいます。
その向こうに、男女入れ替え制の「里の湯(20時迄男性)」と「山の湯(20時迄女性)」が見えています。
入れ替え時刻は、20時までで、20時半から翌朝までが男女逆になります。


やまんぼちゃ「里の湯」到着した日の夜の男性用は「里の湯」です。
女性は「山の湯」へ。朝は逆になっているのでご注意を。
その「里の湯」も、案内図にある通り、こんなに沢山のお風呂とお湯が楽しめるんです。


里の湯「大風呂」まずは「大風呂」へ。
「寝湯」が3つもある、ほんとにのんびり入られる大きなお風呂です。
この大風呂の、今カメラの私が立っている側にある「うずまきシャワー」や「打たせ湯」のボックスは、入ってみると結構おもしろい(すごい)ですよ。


「抱きっこ石」この里の湯には、面白いものが多く、例えばこちらの「抱きっこ石」は、川で遊んだ子供たちがお日様で温まった石に抱きついて、ぬくぬく温まるイメージの施設です。
※でも日が落ちてから入る私たちには、その温かさが感じられない…残念。


里の湯「露天風呂」外に出るとある露天風呂にも、ユニークなお風呂がいろいろあります。
写真で一番手前の大きいお風呂には「寝湯」と、底にごろごろした石がある「足つぼ押しの湯」になっています。
また、奥に見えている屋根のあるお風呂は、身長130㎝以下の方は入れない「びっくり立ち湯」です。


「薬草三昧の湯」さらにその奥、上の写真では見えないところに、この3連の浴槽「薬草三昧」があります。
要するに薬湯なのですが、なかなか珍しい薬湯で、一番奥の緑色の「米ぬかの湯」は私のお気に入りです。
そのほか「よもぎ」と、名前がよく分からなかった薬草湯があり、入り比べるのが楽しいものです。
(※「抱きっこ石」と「薬草三昧」の写真が、夜で光度が足りずピンボケですみません)
などと、いっぱいあるお風呂を入り比べていると、夕食の時刻が迫っています。
慌てて夕食会場の2階宴会場にGO!


夕食フルセット
数ある大広間、中広間のうちの案内された広間で、待望の夕食タイムです。
さすが、農業漁業の盛んな新潟県らしく、山海の幸がいっぱい!!
「かまくら」に入っている「お造り」は、鮪、貝柱、甘海老。その右の、本当は最後に出てくる「お椀」は、渡り蟹の味噌汁です。
いつものように、こんなに一度には出てきませんのでご安心を。


「前菜」気になるお料理をご案内しましょうか。
とりあえず「食前酒」を、くいっと飲って、花弁盛りになっている「前菜」に箸を伸ばします。
真ん中のおちょこが「黒もずく」で、一番上の「海老」から右回りに「カリフラワー」「南瓜チーズ」「青梅ゼリー」「大学芋」と並んでいます。
この本格的に料理に手をつける前に、素材と調理法を想像しながら「前菜」から始めるのが、楽しいひと時ですね。


「牛肉朴葉焼き」やはり気になるのが、この「牛肉朴葉焼き」。
白味噌は、この宿特製の「バター味噌」で、私たちの知っている朴葉味噌焼きとはちょっと違ったモダンな味になっています。
あまり焼きすぎるとお肉が硬くなるので、焼き加減にご注意を。


「蒟蒻うどん鍋」ほかにも「煮物」「焼肴」「洋皿(ベーコンと野菜のポトフ)」「揚げ物」「酢の物」と数々ありますが、この「蒟蒻うどん鍋」は、ここならではのお料理です。
新潟産の「蒟蒻うどん」と、栃尾の「油揚げ」、福田屋の「豆腐(ブランド品)…美味しい!」に野菜が入った、温まる鍋です。
もうすぐ雪も降るでしょう。おいしいご飯も待っています。
どうぞ、ご自身の舌でお確かめを。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A705 寒ぶりツアー 越後湯沢温泉

「天地人」ゆかりの銭淵公園を散策 …A705 越後湯沢温泉の旅(1)

銭淵公園の直江兼続公伝世館
園内図美味しいお米で有名な、南魚沼地域にある庭園風の公園「銭淵公園」は、上杉景勝、直江兼続主従が幼少を過ごした坂戸城が築かれていた坂戸山の麓にある日本庭園風の明るい公園です。
駐車場から入ると最初にある建物が、直江兼続の生家を模した資料館「伝世館」です。


伝世館内部大河ドラマ「天地人」をきっかけにして2009年に、築200年以上前の古民家を移築した資料館「直江兼続公伝世館」には、甲冑や槍、古文書、戦国時代の生活様式がわかる家財道具などが展示されています。


景勝・兼続主従像伝世館の横から公園に入ると、じきに見えてくるのがこの「景勝・兼続」の若かりし姿の像です。
兼続の指差す方角には、二人の居城である坂戸城が見えているのでしょう。


水字型池公園の中心には噴水のある、写真の「水字型池」があり、一部がこの公園の名の元になっている「銭淵」とつながっています。
坂戸城の外堀となっていた魚野川が、大きく蛇行し渦巻いたところがこの辺りで、上杉景勝の実父長尾政景がここで溺死したという説があり、その供養に集まった人々がこの淵に六道銭を捧げたことが、「銭淵」の名前の由来と云われます。


太鼓橋こちらは中ほどにある「太鼓橋」。
さらに歩を進めると「築山」などがあって、水字型池を周回するコースになっています。


水字型池の噴水最初のあたりからも見えますが、ほぼ一周廻ったあたりからの噴水です。
振り返ると、写真(には写っていませんが)の反対側に「ふれ愛支援センター」の建物や、銭淵があります。


ホテル双葉
銭淵公園から約20㎞ほど南西に行くと、今夜の宿泊地越後湯沢温泉に到着します。
「国境の長いトンネルを抜けると…」で始まる、川端康成の『雪国』の舞台が、この越後湯沢温泉です。
今宵の宿「ホテル双葉」は、雪国の主人公「島村」が降りた「越後湯沢駅」から400mほどの処にある立派なホテルです。


能舞台と奥にラウンジ玄関を入ると、立派な舞台が見え、さらに奥にラウンジのある広いロビーになっています。
この舞台では、夕食後の20時~21時頃まで、飛び入り歓迎のカラオケ大会が開かれますので、喉に自信の方もそうでない方も、ぜひ楽しみにしてください。


フロントロビー右手にあるフロントを見ても、しっかりしたホテルらしい雰囲気が感じられる嬉しい気分が盛り上がります。


部屋係りのスタッフに案内されるお部屋は、大体こんな造りのすっきりした、いい感じのお部屋です。


お風呂のご案内座卓の上にセットされているお茶やお菓子の他に、こんな「お風呂のご案内」が置いてあります。
う~ん、なんだかお風呂の楽しみが増しちゃいますねぇ!

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A705 寒ぶりツアー 越後湯沢温泉