7月の草津温泉の旅2日目は、発哺ゴンドラリフトと信州・小布施散策です

朝食バイキング

頑張って早起きし朝風呂を楽しんで、お腹が空いたところで朝食会場へ、いそいそ出かけました。
やはりバイキング形式ですが、規模の大きさを感じますね。


朝食会場

とにかく、どこもかしこも広くって大都会の一流ホテルみたい(?)。それでもかしこまらなくっても良いのが、リゾートホテルのいいとこなんですね。
ゆったりしていて、なんかいい気分なんですよね。もちろん、朝食も美味しかったです。


<エスカレータとロビー

広いと言えば、これが地階(と言っても外が見えましたが)の大浴場へのエスカレータと、向うにロビーが見えている部分です。


全景

最初、櫻井に着いた時、大きくって豪華なホテルだなぁ、と思いましたが、こうして一晩宿泊すると、さらに思った以上に広かった気がします。
バスに乗る前に、広い駐車場をどんどん歩いていって、全景を入れようとしたのですが、なかなか入り切らず苦労しました。


善光寺

さて、いよいよバスは草津を出発したのですが、6月までは長野善光寺の7年に一度の御開帳がコースだったのですが、6月1日にご本尊の「御還座式」も済み、下旬には、本堂の前に立っていた「回向柱」も納められたので、7月からはコースが変わります。


発哺ゴンドラリフト

その7月からは、冬はスキーで賑わう「発哺」のゴンドラリフトで、標高2,000mにある「東館山高山植物園」を観に行きます。


小布施MAP

次に立ち寄るのが、葛飾北斎が愛した信州の文化都市「小布施(オブセ)」での、自由散策です。
なるべく観たい処、買いたいお土産(小布施は栗菓子で有名なんです)のあるお店を事前にチェックしておいて、効率良く回りたいものです。
と言うことで、マップをどうぞ。


竹風堂

町並みも雰囲気があって、散策向きなのでついついぶらぶら歩いてしまいそうですが、マップの真ん中縦(南北)に通っている国道403号線沿いにある綺麗な菓子屋さんが、竹風堂です。
「栗ようか ん」、「栗かの子」、粒入り栗あんの入った栗まんじゅう「くりん子」、渋入り栗あんをパイ生地で包 んだ「くりんぱい」、そしてなんといっても「栗おこわ」が名物のお店です。


自在屋

その竹風堂から入ったところにある、カブトムシの彫刻があるのが旧本店だった民家造りの諸国民工芸雑貨を売っている「自在屋」です。


日本のあかり博物館

さらに同じ敷地に、土蔵造りの灯火具専門博物館「日本のあかり博物館」があり日本のあかりの始まりから電灯が灯るまでのいろいろなあかりの道具を展示しています。


北斎館

反対側の道を入って行くと、本命「北斎館」があります。
北斎は浮世絵師として有名ですが、この美術館には浮世絵は展示してありません。代わりにここには、掛け軸、屏風、肉筆画など、浮世絵と違って、他 に同じ物は一つとしてない作品ばかりなのです。

豪華ホテルの良さと地産食材を味わえる「ホテル櫻井」の夜

夕食1

草津温泉街の湯めぐり散策を終えて、ホテルに帰り着くともうお腹がぺこぺこ(のはずです、温泉饅頭食べ過ぎてなければ…)、夕食時間にやっと間に合いましたね。
さあ、お待ち兼ねの夕食です。
総料理長さんのお話では、最近の料理の傾向は観光ホテルでも地産地消が主流になっていること、だそうです。


先付け

例えば、この「先付け・前菜」ですが、「なめこ」も、地元のブランド鱒「銀ひかり」の天ぷらも、


地ブタ鍋

地ブタと「嬬恋キャベツ」の豆乳鍋も、地産地消の料理です。


地ブタ鍋2

地産地消料理の特徴は、どうしても食材の調達状況で献立を変えなければいけないことだと言います。
こちらも地ブタ鍋の材料ですが、キャベツがないときにはこんな食材で、それに合った鍋つゆとの組み合わせになるのです。


ごま豆腐

もうひとつのキーワードは、ヘルシー。
例えばこの「黒ゴマざる豆腐と糸こんにゃく」の料理は、下のつゆにさっとつけて食べる“おそば”感覚のヘルシー料理です。


夕食2

上の写真では、夕食に出てくる料理をフルに並べてしまっているため見難い奥の方の料理をご覧いただきましょう。
こちらは、後半になって出てくるものです。


湯もみショー

夕食も終わりに近付き、お腹も一杯になった頃、夕食会場の外が賑やかになってきました。
それではご馳走様、と中央部ホール方面の「お祭り広場」に向かうと、毎晩8時半から泊り客をもてなす「湯もみショー」が始まっています。
『くさつよいと~こ~いちどぉ~はぁ~おいでぇ~♪』そうです、これがあってこその草津温泉の旅、やがては泊り客も参加しての湯もみショー。続いて元気がどんどん出てくる「太鼓ショー」と、楽しさ演出効果100%のショータイムです。


パレルージュ

ショーが終って、元気になって、まだまだ物足りない方は、本物エンターティナーが生出演するコンベンションホール「パレルージュ」にどうぞ。
この夜は「扇ひろ子ショー」でした。


大浴場入口

そう言えば、外湯めぐりはしたけれど、と言う方はぜひ櫻井の温泉も味わってください。
ということで、1階にある大浴場へエスカレーターで下りると、こんな風に大浴場の入口が。広いんですよ、ここも。


白根の湯

男性用大浴場「白根の湯」です。
横にず~っと長い、大きなお風呂です。申し訳ないけど、共同浴場とは全然違うゆ~~ったり感です。
この写真は、翌朝撮ったものですから窓が明るくなってます。


わたの湯

さらにさらに、特筆したいのが大浴場の外にある「わたの湯」です。
白濁したこのお湯は、男の私でも肌がゆったりまったり、やさしいこのお湯に同化してしまいそうな、ついついいつまでも入っていたいな、と思わせる極上の湯です。
間違いないっ!と呟いてしまうです。

草津よいとこ一度は~おいで~ぇ♪町中湯が湧くいい処

MAP

早めに「草津櫻井」に着いたのは、草津温泉街の外湯めぐりを楽しむためです、どっこいしょ~♪
部屋で浴衣に着替えたら、フロントで草津の町の地図をもらって早速、出かけましょう。
上の地図の、緑色のマーキングが「櫻井」の位置です。ホテルのマイクロバスが定期的に、湯畑(ユバタケ)方面に行ってますから、乗せてもらいましょう。
青丸、赤丸が今回取材してきた共同浴場(一部有料、ほとんど無料)です。


光泉寺

草津山光泉寺は、721年僧行基によって開基されたと言い伝えられ、日本温泉三大薬師(草津と有馬と後1ヶ所)のひとつとして有名なのです。従って、ご本尊様は「薬師如来」となっています。
湯畑のすぐそばにありますから、旅の無事を祈ってぜひお参りいたしましょう。


白旗の湯

その光泉寺の、というか「湯畑」のすぐそばにあるのが「白旗の湯」です。
18ヶ所ある共同浴場は、ほとんどが浴槽の大きさが約2~3㎡のものが多いのですが、この「白旗の湯」は男湯/6.6㎡(2坪、4畳くらいの広さ)、女湯/7.6㎡と一番大きく
場所も分かり易いので、人気があります。
共同浴場は全て無料ですが、本来は地元住民用ですので、心配りを忘れないように利用させてもらいたいものです。


湯畑前部

日本三名泉の1つである草津温泉全体の自然湧出量は、日本一の毎分32,300ℓ以上です。
湯畑は草津温泉の中でも特に有名な場所で、毎分4600リットルもの豊富な湯が沸き出す町一番の源泉です。
くさつ=くさうずの名の通り、硫化水素(ゆで卵の)臭いが立ち込めています。
湯の花を沈殿させて採るための木の桶が並ぶ風景は、草津独特のものです。
随分広がりがあるので、ワンショットでは収まりません。まずは上流側からの光景です。


湯畑後ろ側

こちらは下流側からの眺め。石灯籠の向こう、見物台の人が見ている方向はお湯が滝になって、流れ落ちています。それをバックに記念写真を撮るスポットでもあります。
こんな風に、広い湯畑の周りはぐるっと見学コースが巻かれていて、しっかりと観ることができます。
Netで公開しているライブカメラもあるので、思わぬ記念映画に出演しているかも、ですよ。


千代の湯

こちらは湯畑から少し歩けば行ける「千代の湯」。
ここと、次にご紹介する「地蔵の湯」は、湯長の指導で熱い湯に時間を区切って入浴する、伝統の『時間湯』が行われています。


地蔵の湯

「地蔵の湯」に行く道は少し分かりにくいのですが、地図と今見えている目標物をしっかり照らし合わせて、散歩気分で行けば良いでしょう。
そばに名の由来のお地蔵さんも祀られています。


温泉まんじゅう

坂道が案外多い草津の湯めぐりは、観光バス旅の場合、あまり張り切って沢山回らない方が良いかも知れません。
先ほどの「千代」か「地蔵」のどちらかで『時間湯』が経験できたら、そろそろ次の見ものの「西の河原」を目指しましょう。
その道すがら、草津の温泉街を歩けば必ず出くわすのが、「温泉まんじゅう」売りです。
売り、と言ってもアツアツの温泉まんじゅうの試食を勧めてくるだけですから、1度は素直にいただきましょう。後で立ち寄るかは、貴方次第です。
おいしいんですが、餡が熱いので、口中の火傷にご注意です。


美術館

「西の河原」に行く途中にあるのが「片岡鶴太郎美術館」です。彼の絵や書が好きな方は、ぜひお立ち寄りを。喫茶コーナーもあります。
入館料は、大人950円 学生・子供600円 となっています。


西ノ河原

ここが「西の河原園地」です。
地獄の賽の河原を連想させるような、荒れ果てた風景ですが、実は河原のそこここに湯が湧いていて、そこに手を入れると温かく(あるいは熱く)て、あ~ほんと温泉なんだぁ、と思える、ほのぼのスポットでもあるんです。


大露天風呂

その西の河原の一番奥にあるのが、「西の河原大露天風呂」です。
ここは有料の施設ですが、板塀の向こうにある、雑木林に囲まれた500㎡の岩風呂は、草津温泉一の広さを誇っていますので、お試しになる価値は充分あるかと思います。
入浴可能時間は7時~20時で、入浴料金は大人500円・子供300円となっています。
また、西の河原をここまで登ってくる途中に、明治時代に草津温泉を世界に紹介した「ベルツ博士」の像や、草津の自然を紹介している「ビジターセンター」などがあります。

高原ドライブを満喫して、温泉情緒漂う草津温泉へ

車窓風景

豊鉄ハニットアゼリアツアー「日本三名湯草津温泉・ホテル櫻井泊りで爽やか志賀草津高原ルート」は、1日目に「志賀草津高原ルート」から白根山で45分の観光後、草津温泉の中でも一際豪華な「ホテル櫻井」に泊ります。
5月、6月の2日目は、「長野善光寺」参拝を入れたコースで、7月の2日目は、「白根山」~「発哺」への絶景ゴンドラリフトを楽しんだ後、小京都「小布施」を散策~帰路に着く観光バス旅です。
バスの車窓に、残雪で縁取られた高山が見えると、我ら東海地方人は訳もなく心ときめきますよね。
それでは早速、心ときめく志賀草津高原ルートの立ち寄り先、「白根山」からご案内いたしましょう。


レストハウス4月

国道292号線(志賀草津道路)を、バスがどんどん登って行くと、やがて「草津白根山」の駐車場とレストハウスが見えてきます。
この写真は今年4月下旬に立ち寄ったときのもので、まだ雪が残ってました。


レストハウス7月

おまけに霧がすごくて、ほとんど景色が見えなかったので、昨年の7月の写真でご紹介といきましょう。
同じレストハウスを白根山の側(反対側)から見ています。
この建物には、草津白根パークサービスセンターや喫茶店、土産物売り場が入っています。いわゆるお立ち寄り処ですね。


標識冬

同じく、こちらは道路の傍らにある白根山の標識の4月下旬の状態で、


標識夏

こちらが、7月の同じ標識です。
この標識は、レストハウスの道路を隔てて反対側にあり、斜面を登ると「弓池」があります。


登り口

「白根山」は、標高2,160mの活火山です。他所にもある白根山と区別するため、草津白根山と呼ばれています。
山頂は硫化水素ガスが発生しているために、こんな風に注意の立て札がたっています。でも、山頂付近の湯釜と呼ばれる火口湖は観光地として有名で、レストハウス脇の登り道から登ることができます。
ここの自由時間は45分くらい設定されているので、充分行って来られるので、ぜひ見に行きたいものです。


自然観察林表示

登り道の途中には、自然観察林の表示や、


避難所

今も活動中の活火山らしく、こんな分厚いコンクリート製の緊急避難小屋があります。


湯釜

やっと辿り着いた「湯釜」は、直径約300m、水深約30m、水温約18℃の火口湖です。エメラルドグリーンの神秘的な湖として人気がありますが、pHが1.0前後という、世界でもっとも酸性度が高い湖で、生き物は一切棲むことができないと言われています。


山から見たレストハウス

湯釜を見終わって、下りてくるとレストハウスの建物がこんな風に見えています。バスの集合時刻にはちょうどよいくらいの、軽い登山でした。


櫻井到着

白根山から草津温泉はすぐそこです。別の道を辿れば、万座温泉もすぐの距離です。
バスは、草津温泉街の外湯めぐりの時間も考慮して、まだ明るいうちに今夜の宿泊先「ホテル櫻井」の立派な建物に到着です。