生駒山に建つ密教寺院の重文特別公開 …C504 宝山寺編

宝山寺惣門
境内案内図生駒山は、奈良県生駒市と大阪府東大阪市との県境にある標高642mの山で、昔から神や仙人が住む山とあがめられていました。
1678年、宝山湛海律師がその生駒山に創建したお寺が「宝山寺」です。

上の写真は「宝山寺惣門(ソウモン)」で、こんな石段の光景が、この先かなりあります。

※「惣門」は、総門と同じく外界との門ですが、「惣(ソウ)」は自治性のある団体を意味し、禅宗の門に多く使われています。


和光殿惣門をくぐると、すぐ右にあるのが「和光殿」です。
寺院ではなく、お土産物売り場と休憩所になっています。


宝山寺みそ普通のお菓子や、仏具のほかに、名産の「宝山寺みそ」があります。
境内を一通り廻って、帰りがけに寄られるが良いでしょう。


獅子閣和光殿を右に石段を上って行くとある、今回公開の重要文化財「獅子閣」は、明治8年の聖天堂再建の際、腕を振るった大工・吉村松太郎に洋風客殿として建築を依頼して、明治17年に落慶した建物です。
総二階建ての「獅子閣」は、外観が擬洋風、内部は洋風と和風を巧みに調和させた、明治時代の洋風建築模倣の頃の所産として文化的意義が深いものです。
細かい造作の妙を是非ご覧ください。


本堂
背後に断崖を背負って建つ「本堂」は、五間四面の重層護摩堂洋式の建物で、宝山寺創建当時の威風が感じられます。ご本尊は、湛海律師作の「不動明王像」です。
また、後方の岩山(岩屋)が「般若窟」で、山の名を「朝日嶽」と云います。
最初の境内図にあるように、本堂の周囲には「拝殿」とその奥に「聖天堂」、「客殿」「線香場」「庫裏」などが建ち並んでいます。


常楽殿、観音堂いつもなら、本堂に参拝すればそこでお参りは終了なのですが、これからが本格的な参拝コースになるのです。
線香場の奥にある石段を上ると小さな「文殊堂」があり、さらに進むと写真手前の「常楽殿」と、奥に「観音堂」があります。


多宝塔への道さらに、その先に道は続きます。
それほどの坂道でもないのですが、気分的には『まだあるの~』となりそうですが、この先には良いものが待っています!


多宝塔そのご褒美が、この「多宝塔」の美しい姿なんです。
昭和32年に建立された「多宝塔」は、塔の様式は鎌倉様式、建築細部の意匠は桃山様式に、内陣須弥壇および四天柱は中尊寺と同じ藤原様式によったものです。

建物のある場所は、もと常楽殿があった場所で、別のお堂を建てるために整地した際、奈良時代の貨幣が出土したので、多宝塔建立の場所となったと云います。


奥の院へ多宝塔を眺め、それなりの満足感を味わったのに、
なんということでしょう、さらにさらに道は続きます。
最終参拝地「奥の院」は、もうすぐ(?)ですよ。


大師堂奥の院のひとつ手前に建つのが、この「大師堂」です。
元々、寺伝に、あったとされていた「大師堂」は、高祖・弘法大師がこの地で修業されたとの言い伝えもあり、昭和42年に大阪の篤信者が再建したものです。


奥の院やっと到着した「奥の院」の本堂は、宝永二年(1705年)に護摩道場として建立された建物で、七間四方という寺内で一番大きな建物だったようです。
その後火災で焼失し、安政三年(1856年)に現在のように、大分小ぶりな瓦葺屋根の寺院として再建されました。
同じ敷地の中にある「開山堂」は、昭和6年に建てられたもので、開山の祖「湛海和尚像」が安置されています。
こんな風に広い境内を歩いて次々に参拝していると、なんだかとても善いことをしたなぁ…、と感慨が湧いてくるものですね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
C504-06 大和の薔薇の寺と重文特別公開

薔薇庭園のお寺の歴史と今風に触れる …C504 霊山寺編

霊山寺駐車場
入口鳥居「花々が微笑む大和十三佛シリーズ」の第6回目は、9月催行の5回目「萩の花咲く新薬師寺と国宝めぐり」に続くもので、10月催行の薔薇の寺「霊山寺(リョウセンジ)」と重文特別公開「宝山寺」です。
正式名称「登美山鼻高(トミヤマビコウ) 霊山寺」は、1300年以上の昔、時の右大臣・小野富人(=通称・鼻高仙人)が、湯屋に薬師三尊仏を祀って、薬草風呂で人々の病を治したところから始まっています。
それで、鼻高が入っているのですね。
また、現在の霊山寺にも鼻高仙人の薬草風呂を再現した「薬師湯殿(入湯料600円)」があります。
なお、上の写真左側の赤いのぼりの処は「幸せを呼ぶ鐘」の鐘楼です。


仙人亭
赤い大鳥居をくぐると、すぐ左手にあるのが昼食場所の「仙人亭」です。
この仙人亭も霊山寺さんの経営ですが、お寺さんらしいのは店内で売っているお土産物に仏具があるくらいで、とっても洒落た“薔薇の寺”らしいレストランです。


昼食会場こちらが、その昼食会場です。
しかも頂くのは「重箱風バラ弁当」♪どんな内容か楽しみですねェ。


薔薇のじゅれお土産に「薔薇のじゅれ」はいかがでしょうか?
薔薇の香りのするデザートジュレで、ほかには無いお土産として、人気があるようです。


バラ園1
食事が終わったら、寺内散策といきましょうか。
今回の目玉、バラ庭園は仙人亭の向かいの小道を入ったところにあります。
それでもお寺さんらしく「人生の輪廻」がテーマの、1200坪の世界のバラ200種2000本のバラ庭園が広がります。


バラ園2こちらの撮影時は8月上旬だったので、お花が少ないのですが、毎年5月中旬~6月中旬と、今回ツアーに合った10月中旬~11月中旬に見ごろを迎えます。


ティーテラス「プリエール」バラの満開期間中には、ティーテラス「プリエール(祈り)」も営業しているので、ローズティーやローズコーヒー、バラのアイスクリームなどで、お庭を観ながら寛ぐこともできます。


八体仏霊場
ところで、見どころはバラ園だけではありません。
1300年余の歴史のある霊山寺には、主に鎌倉時代に建立された国宝や、重要文化財の数々の建物や仏像があります。
では、境内拝観にと歩き出すとすぐにあるのが「八体仏霊場」です。
生まれ年の「えと」と、生まれ日の「星座」のお守り本尊霊場として、5年をかけ平成3年に完成した八体の仏像です。
きれいな仏像の出来栄えに、思わず自分のえとや星座の守り本尊を探してみたくなるでしょう。(えと+星座…この辺りも今風ですね)


分かれ道八体仏霊場の左手が写真の鳥居と、まっすぐ行く参道で、最終的にはどちらも本堂に行けますが、お参りコースとしては、まっすぐ行くのが良いかも知れません。
鳥居のコースは、石段を上り、「辯天堂」「聖天同・六福神像」~「東光院」を経て本堂に横手から出られます。


本堂こちらが、鎌倉時代の建造物「国宝・本堂」です。
まっすぐの参道コースを行った場合は、「黄金殿」「白金殿」「竜神池」を経て、最後にやや長い石段を上って(楽して参拝はできないということですね)、本堂に至ります。
この本堂で、10月23日~11月10日の間のみ、御本尊の薬師三尊のほか、数々の秘仏が特別公開されるのです。
本堂そばには、室町時代の建立の「重文・鐘楼」も端正な形態を見せています。


行者堂と三重塔まだまだ、奥が深い霊山寺ですが、見落とせないのが、参道を本堂に行く途中の、左に入る坂を登ったところにある「行者堂」と「三重塔」です。
行者堂では、毎年9月15日に「柴燈護摩(サイトウゴマ)法要…火を焚いて不動明王に祈る儀式」が執り行われます。
また、鎌倉時代中期に建立された「重文・三重塔」は、姿形も美しいのですが内部の壁面に描かれた極彩色の壁画(非公開)がすばらしいと言います。
この後、バスは次の目的地「宝山寺」を目指します。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
C504-06 大和の薔薇の寺と重文特別公開