彗星蘭、貧乏神、山下清~見るもの多! …A806 蓼科温泉の旅(4)

オーキッドガーデンの蘭
「蓼科グランドホテル 滝の湯」を出たバスは、諏訪郡富士見町にある「ニチレイフラワー オーキッドガーデン」を最初の立ち寄り先にします。
これまで一部の蘭愛好家と業者にしか知られていない、ニチレイの子会社が運営する日本最大級の「彗星ラン」と「胡蝶ラン」の生産基地が、2012年9月から観光客に公開されたものです。


オーキッドガーデン遠景ご覧の通りの山間に設置された温室は、1500坪の建屋が2棟あり、暖かい環境(冬でも22℃)を好む胡蝶ランを南棟に、逆に涼しい環境(夏の夜でも20℃)を好む彗星ランが北棟で栽培されています。


彗星ラン ニチレイサンライズ レッドラグこちらが、ニチレイフラワーのみが生育している「彗星ラン」です。
星形の花弁が名の由来であり、それまでの彗星ランが南方のラン特有のまだら模様入りだったものを、鮮やかな赤色に発色させ得たことで、一躍ランのヒット商品になったものです。
その名も「ニチレイサンライズ レッドラグ」と命名されています。


蘭の生産工場のよう2棟の広い温室を見学していると、園芸愛好家ならば、その規模と、高価なランの様々な年数の苗(普通サイズの花で3~4年、大きな花は5~6年かかる)や花が、どれだけの手間と設備に支えられているのか、考えただけで気が遠くなるでしょう。
取材に伺った11月下旬で、胡蝶ランのメリクロン苗(ビン詰めの苗)が、毎週1万株入荷してくるのだとか、これもまた気が遠くなりそうな話です。
ともあれ、私たち観光客には、最後にお土産で頂けるランや、格安で買えるランの鉢がなによりなんですけどネ。


信州味噌蔵 丸井伊藤商店
次にバスが立ち寄るのは、ランの花とは全くかけ離れた信州の味噌蔵です。
昔ながらの天然醸造の味噌を作っている「丸井伊藤商店」は、館内に「貧乏神神社」をお祀りしている一風変わった味噌屋さんです。


店内店内に入ると、信州味噌(白、赤、甘口、かわり味噌、なめ味噌、等々)や各種高原野菜の味噌漬け(=高原漬け)などが一杯並ぶ土産物スペースです。
お買い物は後にして、まずは自慢の天然醸造の味噌工場の見学と、お味噌汁の試食が待っています。


貧乏神神社その工場見学の一番奥に、鎮座ましますのが「貧乏神神社」です。
(※工場内が暗かったからか、貧乏神様のせいか、写真のピンがぼけてしまってスミマセン)
さすが貧乏神様はお参りの仕方が変わっていて、①まず豆代100円を壺に入れ、②ご神木を貧棒で3回叩き、3回蹴り、③最後に豆をご神体に向かって「ちくしょうめ」とか声を出しながら投げつけるように、とあります。
ほかにも貧乏神に気に入られないよう、様々なご注意(作法)があるので気を付けましょうね。
この場所と、この味噌蔵から道路を隔てて「おかめ神社」があるので、お口直しのお参りを。


山下清放浪美術館
貧乏神に別れを告げて、次に訪れるのは「山下清放浪美術館」です。
代表作「諏訪湖の花火」の縁もあり、清の好きだった諏訪湖に近いこの地に、放浪中にお世話になった人々へのお礼に残した作品を基に放浪美術館が開設されたのは、平成2年12月でした。


放浪美術館に入ると館内はご覧の通り、木の温もりが感じられる造りになっていて、貼り絵を主体にフェルトペンの点描画やスケッチが展示されています。


館内2しばらく廊下を歩くと、なにか懐かしいものが。
初代裸の大将、小林桂樹さんやテレビで人気者になった芦屋雁之助さんが背負っていたリュックサック(?)が…。
館内には140点余の作品が展示されています。


売店・骨董品店館内を巡って、最後にあるのが山下清の作品の絵葉書や作品集の売店と、昭和の香り懐かしいあれやこれやの骨董品展示室です。
とにかく、なにがなにやらわからないものまで、一杯並べてあるので面白気分でご覧になるとよいでしょう。

この山下清放浪美術館を出ると、「信州野沢菜センター諏訪店」で昼食、その後、中央高速に入って飯田インターで一旦高速を下り、りんごジュースとりんごジャム試食を楽しむという、最後の最後まで見どころ寄りどころ満載のツアーとなっています。
◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A806 蓼科温泉 蓼科グランドホテル滝の湯

夕食は会席料理か豪華バイキングかの2択 …A806 蓼科温泉の旅(3)

バイキング料理イメージ
お風呂上りで土産物の目星もつけて、そうこうしているうちに夕食のお時間になります。
今回の「蓼科グランドホテル滝の湯」の夕食は、広い会場でのバイキングディナーか、いかにも温泉旅行らしい宴会場での和食会席料理かのいずれかを選べる2択(2卓?)コースになっています。
こちらの写真がもちろんバイキング(季節により日によって、若干食材・料理の内容は変化)ですね。


バイキング会場「ブッフェレストラン シーズ」
お料理もさることながら、会場の「ブッフェレストラン シーズ」は北欧風の大変広い会場です。
こうして、シェフ(料理長)が居てコック(料理人)さんたちが居るので、出来立て料理が頂けるのがよいところですね。


左フロアからセンター方面を「シーズ」は左右に大変広いフロアで、この写真は左側フロアにちょっと入った場所からセンター(上の写真の入口から入った場所)辺りを見たところです。


右側部分こちらは、右側に入っていったところの写真で、いかにも落ち着いたレストランらしいフロアになっています。
左右とも、奥の方がシックな雰囲気になっているように思えます。
バイキングディナーですから、何回もお好みのお料理を探しに行きたい方はセンター寄りに、
ゆっくり会話を楽しみながらの方を好まれるなら、奥まった方がよいのでは。


和風会席宴会場
でも、立ったり座ったりお皿を持って列につくのはどうも、という日本的温泉旅の情緒を重んじる方なら、やはりこのスタイルでないと。
そんなお客さまには、こんな風にちゃんとお席が用意されてます。


会席料理イメージそして、板長さんと板さんたちが腕によりをかけて用意した、和食会席料理で盛り上がります。
冬の宴席に鍋がないなんて…とお思いのあなたには、こちらの方がよろしいのでは。


庭園大浴場「巌の湯」
いかがでしたか、昨夜はバイキングでお腹いっぱい?
それとも和風会席料理で満腹でしたか?
いずれにしても大いに盛り上がれば、翌朝の目覚めもよいってもんです。
さあ、朝風呂に出かけましょう。
男性方は昨夜の野天風呂と違って、フロントロビーのある2階の離れにある「庭園大浴場 巌の湯」に入ります。
女性の方々は、野天風呂と同じ3階にある「庭園大浴場 深山の湯」にお入り頂きます。
(女性の方には露天風呂があります)


「巌の湯」の寝湯男性の「巌の湯」には露天風呂がない代わりに、全体として大分大きくなっていて、奥の方にこのような「寝湯」があります。
ここで又、一眠り(?!)
…寝込んでしまわないよう、気を付けましょうね。


カフェラウンジ「やまのね」お風呂から出て、出発の用意も整ったら「巌の湯」の帰り道にある2階の「カフェラウンジ やまのね」でコーヒータイムもよいかも、です。
この写真の反対側にもお席があるので、何人でもOKですよ。
ここもまた北欧風の清潔感ある喫茶コーナーです。


暖炉のあるラウンジ
もっと北欧風なのが、このホテルの象徴とも言えるこの、暖炉のあるラウンジです。


暖炉数年前の改装で登場した「暖炉」は、このホテルを訪れる客の思い出にしっかり残っているようです。
私たちもバスの出発までの間、あるいは昨夜の夕餉の後など、ゆったり燃える炎を眺めて旅の思い出の1ページを作れたら、と思いませんか。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A806 蓼科温泉 蓼科グランドホテル滝の湯

露天ベスト1 信玄野天風呂の魅力に浸って …A806 蓼科温泉の旅(2)

蓼科グランドホテル滝の湯
諏訪湖から、茅野市を通って蓼科温泉に入って、さらに山道を進むと、今宵の宿「蓼科グランドホテル 滝の湯」に到着します。
規模の大きな立派なホテルが姿を見せると、皆の笑顔が広がるようです。


フロント玄関を入ると、左側にシティホテルのようなフロント、そして2階への階段とさらに続く空間が、


ストーブのあるロビーラウンジと売店右側には、冬の高級リゾートの雰囲気を醸し出す、ストーブのあるロビーラウンジと木の質感を活かしたオブジェのような壁と、その奥に土産物ショップが広がっています。


部屋さりげなく都会を感じさせつつ、山の暮らしの温もりも伝えてくれるロビーを通って、案内されたお部屋は、すっきり清潔な空気に満ちています。


信玄野天風呂への道それでは早速、浴衣に着替えて、このホテルご自慢の「信玄野天風呂」に出かけましょうか。
さっき入ってきたフロント・ロビーは2階になります。
お目当ての信玄野天風呂は、本館3階から通路を通って別館の女性用「庭園大浴場・湧泉」や貸切露天風呂の扉の前を抜けて、建物の外に出ます。
この階段の先が「信玄野天風呂」となるわけです。


野天風呂「潤肌(ウルハダ)の湯」扉を開けて、外気に震えながらも、その先に見える「潤肌(ウルハダ)の湯」の湯気が、早くお入りと呼んでいるようです。
なにしろ、宿泊予約サイト「ゆこゆこ」の口コミ評価が90点以上の名宿の中から、露天風呂の人気第1位に選ばれたという「信玄野天風呂」ですから、
お風呂好きならば胸が高鳴るはずですね。


「潤肌(ウルハダ)の湯」から見上げると「潤肌の湯」の泉質は、三大美人泉質の一つ「ナトリウム-炭酸水素塩泉(旧称・重曹泉)」です。
美肌効果が期待できる成分「メタケイ酸」の含有量は国内トップクラスで、弱アルカリ性の温泉だから、後でお肌がすべすべになりますヨ。
写真は、下に位置する「潤肌(ウルハダ)の湯」から上にある「渓流の湯」、サウナの建物、内湯の建物を見上げたところです。


渓流の湯上の「渓流の湯」からは、その名の通り、渓流の眺めが素晴らしく、山の霊気が体内に入ってくるようです。


野天風呂の内湯それにしても寒い!
という方にはこんな円形の内湯もあるので、ご安心を。
ガラス窓越しの景色も、ご覧の通り結構いけてるでしょう。


売店「やまびこ」随分ゆっくり入りましたね。
「ナトリウム-炭酸水素塩泉」と「単純泉」という2種類の温泉をじっくり味わった体はぽかぽか、肌はつるつるです。
夕食の集合時間まで、ストーブのあるラウンジの前にある売店「やまびこ」で、お土産選びでもしていましょうか。
こちらはお菓子類、


売店衣類売り場衣類やアクセサリー類が結構揃っているのも、長期滞在のお客様が多いからでしょうか。
明朝時間がなくて困らないように、宴会前にしっかり見ておかないと、ね。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A806 蓼科温泉 蓼科グランドホテル滝の湯

諏訪大社、万治の石仏、諏訪の冬景色 …A806 蓼科温泉の旅(1)

諏訪大社春宮
今回のハニットアゼリアツアーは、中央道「駒ケ根インター」近くの「レストハウス駒ケ根」で昼食後、この「諏訪大社下社春宮」参拝となっています。
ちなみに、 東に1㎞離れたところに「下社秋宮」があります。
創建の年代はよく分かっていないのですが、日本最古の神社の1つといわれるほど古くからこの地にあるようです。
写真の御影石の大鳥居は万治二年(1656年)建立とされ、この後で訪れる「万治の石仏」と同じ作者だと言われています。


ご神木「結びの杉」
この諏訪大社には本殿がなく、下社春宮は杉の木(結びの杉=根元はひとつですが、木の先が二又に分かれているので)を御神木として拝しています。
※下社秋宮のご神木は「一位(イチイ)の木」
また、本宮である上社にも本殿はなく、山そのものがご神体となっています。


「弊拝殿」と御柱写真の立派なお宮は、本殿ではなく「弊拝殿(ヘイハイデン)」。その右に長く続いているのが「左片拝殿」で、その前に立っているのが、柱に人が乗って山の斜面を下る祭りで有名な「一ノ御柱(オンバシラ)」です。
※写真には写っていませんが、反対側の「右片拝殿」の前に二ノ御柱があり、拝殿の裏に三と四ノ御柱が立っています。


御柱ちなみに、御柱祭は7年毎の寅と申の年に行われる神事で、正しくは「式年造営御柱大祭」と云う、山から切り出した「樅の大木」を神殿の四隅に建てる諏訪大社最大の神事です。
なお、写真は「二ノ御柱」になります。


神楽殿境内には弊拝殿と左右の片拝殿のほか、写真の「神楽殿」や、1月14日から15日早朝にかけて筒粥を炊く神事の行われる「筒粥殿」や、上諏訪大社末社などの摂社が多くあります。


春宮から万治の石仏へ春宮から徒歩で行ける距離に、次の観光先の「万治(マンジ)の石仏」があります。
この赤い橋を渡って対岸の「浮島社」へ、さらに第2の赤い橋で砥川を渡ってお参りします。


石仏への小道第2の赤橋を渡ると、砥川の左岸沿いに小道があり、その先に万治の石仏のノボリや、ちょっとした土産物と観光案内をしている屋台小屋が見えてきます。


万治の石仏屋台の前を通り、まだ見えないのか、と思う頃、拝観作法の立札があり、野の中に忽然と石仏が姿を現します。
その穏やかなフォルムは、かの岡本太郎氏や、小説家の新田次郎氏が訪れた際、その芸術性をおおいに賛美したことが、素人目にも理解できるように思えます。


横からの石仏自然石からそのお姿を彫り出したと言われる万治の石仏は、先ほどの立札の「お参りの仕方」にのっとり、願い事を唱えながらぐるりと一周してみましょう。


後ろから伝説によると、先ほど拝観してきた諏訪大社下社春宮の、石の大鳥居を造る為の石からこの阿弥陀如来の石仏を彫って祀ったのだそうです。
この後姿を見ると、それも充分うなづけますね。


諏訪湖の白鳥飛来地
春宮と万治の石仏を観光した後、宿泊先の「蓼科グランドホテル 滝の湯」に行く前に、3月上旬までは「諏訪湖畔の白鳥飛来地」に立ち寄ります。
上諏訪市の対岸にある岡谷市横河川河口の白鳥飛来地では、天候が良ければ前方に八ヶ岳連峰が見えるはずです。
白鳥は、諏訪湖一帯では約300羽が飛来していると云われています。
地元の方が餌付けをされているので、このような風景が見られることでしょう。

◆このバス旅に参加してみたい方は、こちらへどうぞ↓
A806 蓼科温泉 蓼科グランドホテル滝の湯