きっとクリスマス気分が盛り上がるでしょう …箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森 | 水曜日 11月 30 2016 3:25 PM | Tags:

入口
ハニットアゼリアツアー「C873 時之栖イルミネーションとプリンスホテルランチ」の中間立ち寄り先の「箱根ガラスの森美術館」は、そのロケーションと、澄んだ美しさを醸し出しているヴェネチアン・グラスの美しさが、とってもクリスマスムードにぴったりです。

ちょっと重々しい中世ヨーロパの雰囲気も、クリスマスという特別な時期にしっくり合っています。


箱根ガラスの森マップ昨今のテーマパークと比べれば、一見コンパクトに見える園内ですが、見るべきものが多く、また回遊式の庭園のため、意外に時間がかかります。

このガラスの森の、テーマであるヴェネチアン・グラスに興味のある方は、迷わず左側の「ヴェネチアングラス美術館」に歩を進め、庭園やカフェ、ヨーロッパ風のお土産などに興味のある方は、入口から直進して庭園に出て「カフェテラッツァ」方面に進みましょう。

(ここでは、庭園廻りコースをご案内します)


美術館外観庭園巡りコースを選ぶと、すぐに目に付くのが、池越しに見えるヨーロッパ風の館「ヴェネチアングラス美術館」の佇まいです。

また今の時期は、クリスマスムードを盛り上げる様々なイルミネーションや、ディスプレイが目を惹くことでしょう。


サンドブラス工房「カフェテラッツァ」の前を通って小道を進むと、「サンドブラスト工房」があります。

サンドブラストとはガラスに硅砂(研磨材)を吹きつけて、表面にスリガラスの絵柄を彫る技法で、この工房で40分程度(1300円~)で体験することが出来ます。


「アチェロ」の屋根の煙突にサンタがその次に現れ洋風の山小屋「アチェロ」は、主にイタリアの土産物を売っているショップです。

多分、今年も煙突にサンタさんがしがみついていると思いますが…。


アチェロ店内のイタリアン食材店内に入ると、イタリアン食材やアクセサリー類などが、目移りするほど一杯並んでいます。

この写真は、バジルやトマトヤオリーブなどのペースト類と、珍しいコイン型パスタが陳列されている棚です。


ホットチョコレート屋台前から「ミュージアムショップ」を臨むアチェロを出て少し行くと、ちょっとしたテラスがあって、ホットチョコレートドリンクなどを売っている屋台があります。

少し寒いのですが、温かいドリンクがあればムードに浸れます。

向こう側に見えている古びた建物が、これから行く「ミュージアムショップ」です。


ミュージアムショップ店内見かけとは反して、ミュージアムショップの中はとってもきれいです。

美術館を先にされた方は、ここでヴェネチアン・グラスや色とりどりのガラス製品に目が眩み(財布の紐がゆるむ)思いをされるのでは、と存じます。

写真奥の階段を上ると、美術館の現代ガラス作家の展示館に入って行けます。


現代ガラス美術館館内階段を上ると、こんな光景が広がっています。

こちらには、ヴェネチアン・グラスの現代作家の作品が展示されています。


デイル・チフーリの作品例えばこの作品は、現代ガラスアートの先駆者として世界的に有名なアメリカ人作家、デイル・チフーリのカラフルな作品です。

各作品には、必ずこうした解説書きがあるので、興味がある方には堪らないでしょうね。


リヴィオ・セグーゾの作品ガラス美術に詳しくない者でも、こうして目の前にガラスならでは美しい形を見ると、その世界に引き込まれる気がするでしょう。

吹きガラス成形による光の作用を重視した造形作品で知られるガラス作家、リヴィオ・セグーゾの作品は、なんだかわからないけど素敵だな、と(私は)思います。


中庭現代ガラス美術館を一旦出て、中庭「光の庭園」に出ます。

池越しに見える庭園や、ここのヨーロッパ調の庭園の風情に、美術作品を見ていた目が、なんだかほっとする方も多いのでは、と思います。

なかなか考えられたインターミッションになっている中庭です。


ヴェネチアン・グラス美術館さて、ここから本命の「ヴェネチアン・グラス美術館」の建物に入ります。

この写真は通路部分ですが、建物内は先ほどの現代ガラス美術館に比べ、ぐっと重厚な佇まいになってきます。


美術館館内北イタリアの水の都ヴェネチア。

古代ローマ時代のローマン・グラスの発明がその起源と言われ、1291年には現在のヴェネチア共和国の「ガラス製造業者および工人・助手、家族等のすべてを“ムラノ島”に移住させたことから、ムラノ島は、今でもヴェネチアン・グラスの中心地になっています。


美術館館内ヴェネチアン・グラスの展示コーナー当時の文化の中心地だった中世ヴェネチアの財力、権力が芸術の粋を求めたワイングラスなどになって、静かに並んでいます。


ホール美術館から回り始めた方は、この大きな丸天井のホールのスケール感に圧倒されるでしょう。

そして、時代を現代から中世に遡って観覧された方は、このホールの歴史を感じさせる威容に感動される、のではないかと存じます。

◆使用した写真は、全て2010年12月12日に撮影したものです。

約600店の中華料理店のひしめく中華街を食べ歩き …横浜中華街

中華街・善隣門から
そこら中『ランチオーダー式食べ放題、時間無制限』の看板だらけ、一体どこで食べればいいの!?、と悩みの尽きないのが「横浜中華街」でしょうか。

今回は、ハニットアゼリアツアー「C959 中華食べ放題又は横浜フリータイム」の「横浜中華街」でのお悩みを、できるだけ解消するための予備知識編としてご案内します。

写真は、中華街「北門通り」と「西門通り」と「中華街大通り」、「長安道」が交差する「善隣門」前の様子です。


横浜中華街マップ地図が無いと、どこも同じに見える中華街ですから、バスを降りるときに渡される「中華街マップ」は必需品です。

もしも、失くした時には、中華街大通りを東にずっと行くとある(この地図では右上端枠外)、「朝陽門」付近の「インフォメーションセンター」でもらいましょう。

今回は、左上の「善隣門(朝暘門の反対側)」辺りから、散策を始めています。


萬珍楼「善隣門」のすぐそばにあるのが、中華街一(食べログ1位、個人ブログでも評判1位)と名高い「萬珍楼」です。

広東料理の高級中華料理店で、横浜が開港してから間もない、明治25年の創業から120余年続くお店です。

頑張るぞ!という方なら、宴席コースの6000円、8000円、10000円の3コースを。ただし、予約(045-681-4004)していった方が良さそうです。

庶民向けの、広東風ビーフンやラーメン、チャーハン(広東風のしっとり炒飯)もありますよ。


チャイナスクェアその「萬珍楼」の向かい側にある「チャイナスクェア」は、土産物ショップをメインに、水族館やカラオケ、岩盤浴&エステ、

異国情緒たっぷりのレストラン、さらには占いやゲームコーナーまで揃っている総合アミューズメント施設です。


「均元楼」また、「萬珍楼」のお隣の「均元楼」は、高級店の萬珍楼本店、華正樓本店、準高級店(…クラス分けは、中華街近く在住のブロガーさんが、ご自身で食べ歩き、店規模・接客・味・値段で分類したものを参考にしました)に続く、

中級店(と言ってもご覧の通り立派なお店ですが)にランクされるお店で、これはこれで結構満足されると思います。

日本人シェフの作る広東料理の店で、コース料理が2800円から頂けるのが嬉しいですね。(一品料理ももちろんあります)


横浜博覧館その「均元楼」の向かい側で、「チャイナスクェア」の横に位置するのが、写真の「横浜博覧館」です。

その名のイメージを活かしたテーマ型ショッピングセンターで、1階は土産物の「横浜博覧館マーケット」、

2階は日本初の揚げたてベビースターラーメンが食べられる「ベビースターランド」と「横浜おやつファクトリー」、

3階は足湯がある「ガーデンテラスカフェ」と「横浜博覧館観光情報コーナー」となっています。


重慶飯店第二売店中華街大通りをそのまま東に向かって歩いて行くと、先ほどの分類で、準高級店に属する四川料理の「重慶飯店」の第二売場があります。

安心してお土産選びするなら、こういうきれいなお店、冒険心と思い出づくりなら、路地を入った処に一杯ある、ちょっと怪しげな(?)異国情緒の溢れる小店でしょうか。

準高級店のお味を味わいたいのなら、そのまま中華大通りを東に歩くと「本店」があります。


市場門通りから東の中華街大通りさらに東に歩を進めると、右側に「市場門(写真右側に赤い門柱が見えています)」があり、市場門通りが交差しています。

その辺りから先(東)を眺めた写真で、通りの右側奥に前述の「萬珍楼」と一.二を争う高級店の「華正楼(カセイロウ)本店」、その先に「重慶飯店本店」が並んでいます。


「金鳳酒家」実は、今回は予算の関係上、高級店や準高級店には目もくれず、一番呼び込みの目立つ「ランチオーダー式食べ放題、時間無制限」のお店で昼食を、と思っておりました。

そこで、なかなか良さそうに感じたこのお店「金鳳酒家(キンホウシュカ)」に飛び込みました。

最大の訴求ポイントは、タイムサービスで128種の中華料理食べ放題2480円のコースに限り“今なら20%引き!”という呼び込みでした。※入店11時半頃


金鳳酒家外観とにかく人混みで写真を満足に撮れなかったので、NETからきれいな外観写真をお借りして、ご紹介します。


128種食べ放題メニューこれが、その128種の集合メニューで、お店の外看板に同じものが貼られています。

店内の雰囲気も大きな中華料理屋さんという感じで、例の丸卓のコーナーもあり、悪くはありません。

ただ、一品一品オーダーするので、量的なものが分からず、バイキング式に比べるとつい遠慮しがちだったかな、と少し後悔するケースがあるようです。

温かい料理は大体美味しく、冷たいものは事前に用意しているな、と思うものもあり、トータルではお腹一杯になって、まあ満足でした、が感想です。


山下町公園・會芳亭お腹も一杯になったところで、少しお散歩など。

市場通りを南下すると、もうひとつの「市場通り門」があり、交差している広い道が「「關(=関)帝廟(カンテイビョウ)通り」です。

東に向かって、少し行くと「山下町公園」があります。※あの「山下公園」ではありません

小さな公園ですが、なにかしらイベントをやっていることが多く、またいかにも中国風な屋根付休憩所「會芳亭」で一休みも出来ます。


天長門と「萬福大飯店」そのまま東に進むと、中華街の東端「天長門」がそびえています。

正面の「横浜大世界」は、前述の「横浜博覧館」と似た施設で、こちらは1階が土産物売場の横浜大世界マーケット、2~3階は衣装レンタル・写真館、占い、足つぼマッサージのフロア、3~8階が、錯覚美術館「アートリックミュージアム」となっています。

又、写真右の「萬福大飯店」は“150種の中国料理が食べ放題時間無制限 1980円” がウリの四川料理系のお店です。


「關帝廟(カンテイビョウ)」今度は、回れ右をして西方向へ「關帝廟通り」を歩くと、通りの名の「關帝廟(カンテイビョウ)」があります。

こちらは、關帝(三国志で有名な關羽)を祀る廟(=祖先の霊をまつる建物)で、横浜に中国人が移り住んだ頃から、この場所で人々の暮らしを見守っています。

当初は、華僑の人の信仰の場所でしたが、今では観光客の多い名所になっています。

食べる処、見る処の多い横浜中華街ですが、参考までに前述の地元ブロガーさんお奨めの店名を列記しておきます。

☆高級店は前述の2店、準高級店は広東料理の「彩香本館、新館」を入れ2店、中級店は「京華楼」「北京飯店」「東北人家 」「一楽」「福満園」「四五六(シゴロク)菜館」「大珍樓」「金香楼」を入れ、9店とありました。

◆使用した写真は、2枚を除き2016年11月19日に撮影したものです。

鹿苑寺金閣には、見どころが満載なのです …金閣寺

金閣寺 | 日曜日 11月 20 2016 11:05 PM | Tags: , ,

金閣寺へ
ハニットアゼリアツアー「B681 湯の花温泉の旅」2日目に立ち寄る「金閣寺」は、京都観光の定番中の定番のひとつですが、どうしても金閣寺(舎利殿)に目がいってしまう傾向があるようです。

今回は、そんな金閣寺で見落としがちな見どころのいろいろをご案内しましょう。

この写真は、大通りから「金閣寺」に向かう参道の最初にある門「黒門」です。
※バス駐車場からの場合は、黒門を過ぎた処から参道に入ります。


金閣寺境内図「金閣寺」の正式名称は鹿苑寺と云い、臨済宗・相国(ショウコク)寺の塔頭(タッチュウ)寺院の一つ(銀閣寺も同じく)です。

舎利殿の「金閣」が特に有名なため一般的に「金閣寺」と呼ばれています。

この境内図にあるように、室町幕府三代将軍の足利義満が、山荘北山殿として造営したのが始まりなので、その時代の遺物を見て歩くのが楽しいのです。


総門黒門から参道をしばらく歩く(途中に後述する「舟形石」があります)と、この「総門」があります。

この写真の中に、2つの案内板が写っているのですが、お分かりでしょうか。

まず「総門」の左側に『五用心(五戒)』の説明文、そして右前にある山形の立札は1994年に金閣寺が世界遺産に登録されたことを期に、各国語で書かれた金閣寺の説明書きです。

内容に興味のある方は、現地に行かれた時、ちょっと足を止めて見てみましょう。


唐門こちらは、上の境内図にもある「唐門」です。

この門は「方丈(本堂)」専用の門で普段はこのように閉じていて、方丈での特別展などの際だけ開くことがあります。

門の屋根が“唐波風”になっているため「唐門」と呼ばれています。


参拝門と受付ここで又、門があります。

こちらは、入場受付もある「参拝門」です。

ここをくぐって、土塀に沿って右に曲がると、


金閣寺(舎利殿)お馴染みの「金閣寺(舎利殿)」が、大きな池「鏡湖池(キョウコチ)」の畔に南を向いて建っています。

元は、室町幕府三代将軍の足利義満が、山荘北山殿として造営したもので、ここを中心とした庭園・建築が、極楽浄土をこの世に表しています。

又、建物の内部は三層に分かれており、第一層は公家風の寝殿造り、第二層は鎌倉時代の書院造風、第三層は禅宗様仏堂風の造りになっています。


「陸舟の松」と「方丈」池に沿ってしばらく歩くと見えてくるのが、この「陸舟(リクシュウ)の松」と「方丈」です。

「陸舟の松」とは、足利義満公の遺愛の盆栽の松を、ここに移植して帆掛け舟の形に仕立てたと伝えられている五葉松で、樹齢六百年と云われています。


巌下水陸舟の松を眺めてから、外回りの散策道をしばらく歩くと、義満公がお茶にして飲用されたという「銀河泉(ギンガセン)」や、写真の「巌下水(ガンカスイ)」などがあります。
(※巌下水は義満公の手洗い水だと伝わっています)

必ず、立札があるので見落とすことはないでしょうが、これがそうか、と思って見ることができれば、そこに何がしかの趣が感じられるのでは。


金閣寺垣その次に現れる小さな滝のそばの、石段を縁取る低い竹垣が「金閣寺垣」と呼ばれる垣根です。

これは、低い垣根の上部に半割りの竹(玉縁)を掛けているのが特徴で、造園の世界で格調が高いとされているものです。


龍門の滝と鯉魚石そのしたにある小さな滝が「竜門の滝」で、滝壺の石を鯉に見立て、龍門の滝を鯉がのぼり切ると龍になるという中国の故事「登龍門」にちなんでいます。

また、この辺りには造営当時、舎利殿(金閣寺)の北に「天鏡閣」という建物があり、双方の二階で橋がかけられ、廊下で行き来できたそうですが、今はもう跡形もありません。


「夕佳亭」「金閣寺垣」の石段は上れないので、そのまま散策路を行くと「安民澤」という池と、その池にまつわる「白蛇の塚」というパワースポットがあります。

さらに歩を進めると、小高い所に「夕佳亭(セッカテイ)」が建っています。

内部は、数寄屋造りの茶席になっていて、ここから眺める夕陽を浴びた金閣が美しいことからこの名が付けられました。(今の建物は明治時代に再建されたものです)

この手前の石灯籠の下に、義政公遺愛の「富士形手洗い鉢」があります。


お休み処と茶席亭今では、「夕佳亭」でお茶を飲むことはできませんが、代わりに下に下りると「お休み処」があります。

すぐ隣は「不動堂」があるのですが、写真に写っている建物でお抹茶(お菓子付500円)が頂けます。


不動堂お休み処の隣りにある「不動堂」は、天正年間に宇喜多秀家が再建した建物とされ、金閣寺境内に現存する最も古い建物です。

ご本尊は空海(=弘法大師)作と伝えられている石不動明王像です。


舟形石こうして、順路に従って(園内は一方通行です)ぐるりと回って、最初に来た参道に出る訳ですが、案外見落としがちなのがこの総門近くに置かれている「舟形石」です。

元々、総門近くの馬小屋にあり、馬の水飲み容器だったようですが、そのうち人間用の手水鉢となり、更に後世になって、舟に似た形が茶道的な趣ありとみなされるようになったようです。

◆使用した写真は、全て2013年12月20日に撮影したものです。

まだまだ続く長い坂道のほぼ真ん中の辺りまで …馬籠宿(後編)

馬籠宿 | 月曜日 10月 31 2016 11:53 PM | Tags: , , ,

「うさぎや」前の坂道
後編になっても、石畳の坂道は続いています。

幸い、比較的なだらか(?)で、そんなに大変でもないのですが、この先もまだまだです。

写真は、前回の続きの「うさぎや」さんの前辺りの風景です。


「山城屋」「うさぎや」の隣は以前は営業していた「馬籠茶屋」の食事処、そのお隣が写真の「山城屋」で、木製品に特化した土産物屋です。

木曽五木(ネズコ・アスヒ・ヒノキ・サワラ・コウヤマキ)は有名ですが、それにしても沢山ある暖簾の木偏の字!

檜(ヒノキ)、欅(ケヤキ)、楓(カエデ)はなんとか読めるけど…。


馬籠郵便局道の反対側(進行方向右側)には、この「馬籠郵便局」があります。

撮影のとき(2007年)には「臨時出張所」の木の看板が出ていましたが、現在はそのまま「馬籠郵便局」と書き換えられているだけで、後はこの通り(女性はみえないと思いますが)、簡素な郵便局です。


藤村記念館「郵便局」「民宿の馬籠茶屋」などの次が、文豪島崎藤村の「藤村記念館(入館料550円)」です。


藤村記念館2「藤村記念館」の入口を入ると、明治28年の大火で焼失した生家を記念して、昭和22年に藤村記念堂、25年に藤村記念文庫が完成、その後、藤村の祖父母の隠居所、ふるさとの部屋(DVDコーナー)、第二、第三文庫(常設展示室)などがあります。

常設展示室には処女詩集『若菜集』から絶筆『東方の門』までを展示、 神奈川県大磯町の書斎が復元されています。


大黒屋の前の道の様子「藤村記念館」のある辺りは、こんな風に開けた感じになります。

これは、写真左手、奥まった処にある「大黒屋」さんのオープンスペースのおかげでしょうか。


「大黒屋」こちらが、その「大黒屋」です。
「大黒屋」は、造り酒屋と馬籠宿の問屋を営んでいて、小説「夜明け前」では伏見屋として登場している家です。

島崎藤村の詩集「初恋(まだあげ初そめし前髪まへがみの 林檎のもとに見えしとき…)」の中に登場する女性は、大黒屋の「おゆふさん」がモデルらしく、現在は、重厚な木曽の伝統的建築の母屋に民芸品コーナーと奥にはギャラリーがあります。


「大黒屋茶房」大黒屋の敷地内にある「大黒屋茶房」は、名物栗こわ飯、わらび餅・栗ぜんざいなどと共に、「大黒屋」と併せ和モダンな雰囲気に、女性の人気が集まっているお店です。


「岩茸」「史料館」「菓子処 末木」「大黒屋」の隣りは、「旅館 岩茸」「脇本陣史料館」「菓子処 末木」と続いています。

まだ、登り坂ですが、道の両脇を眺めながら食べながらだと、案外平気で歩けちゃいます。

「岩茸」は旅館ですが、栗おこわや山菜料理を食べられる食事処にもなっています。


「馬籠宿脇本陣史料館」「岩茸」の隣りにある「馬籠脇本陣史料館(入館料300円)」が、馬籠宿の大体真ん中にあたります。

この先、隣りの「妻籠宿」への街道はずっと続きますが、バスの集合時刻を考えると、そろそろUターンしないといけませんね。


「馬籠脇本陣史料館」「史料館」は、こんな風になっています。

「八幡屋」と云うかつての脇本陣(大名などの宿泊する本陣の予備宿)が明治28年の大火で消失した跡地に、当時の脇本陣の上段の間を復元、使用していた家財や什器の展示、江戸時代の木曽路の独特の文化や制度が紹介されています。


「近江屋」向かい側の「近江屋」は、馬籠名物五平餅と蕎麦のお店です。

馬篭の五平餅は、私たち三河のとは異なって、竹串に丸い団子を3つ刺してあるのが特徴(一皿に5本で450円)です。

お米は自家製のコシヒカリ、クルミとゴマをすり鉢ですりつぶし、しょう油と砂糖で味付けしたタレは、みそ味の五平餅と食べ比べてみたいものですね。


帰り道、「民宿 馬籠茶屋」前帰り道は、来たときとはまた違った角度の景色が見えるので、また楽しきもの。

なんてったって、帰りはずっと下り坂ですから…♪

左右に見えているのは、民宿の「馬籠茶屋」の建物です。


帰り道、清水屋の「茶房 土蔵」前帰りは足の運びも軽く、ずんずん進んで、もう最初の「清水屋」の辺りまで戻って来ました。

左に見えているのが、清水屋の「茶房 土蔵」です。景色よさそう!

それにしても、最初の登り坂が結構きつかったのが分かりますねぇ。


「茶房 土蔵」「茶房 土蔵」は、米蔵を改装して、囲炉裏を置いたレトロな雰囲気の喫茶店です。

樹齢400年のしっとりとした檜のカウンターで、香り高いコーヒーを味わいながら、眼下に馬籠宿の街道や、遠く中津川市内の眺めが楽しめます。

◆使用した写真は全て、2007年6月30日撮影のものです。

次ページへ »