今年の夏休みを親子で、又はお孫さんと、体験するバス旅はいかがでしょう

7月2日号ハニットアゼリアツアーチラシ
7月2日に中日新聞に折り込まれたハニットアゼリアツアーチラシのトップタイトルは、そのものズバリ『夏休みの日帰りツアー』でした。

マイカーで行くのと違って、交通渋滞で疲れることもなく、駐車場を探すこともないので、目一杯子どもさんと遊べる観光バスでの親子旅(又はお孫さんとの旅)は、間違いなく今年の夏休みの楽しい思い出になるでしょう。


山梨県水産技術センター忍野支所子どもさんと一緒に行く夏休みの目的地には、楽しい観光先が数多く並んでいますが、今回はその中でも夏休みの観察日記にできそうな「森の中の水族館」を、未掲載の写真でご紹介しましょう。

「森の中の水族館」は、透明度の高い富士の湧水を利用している淡水魚専門の水族館で、「山梨県水産技術センター忍野支所」の敷地内の木立の中に建っています。


館内表示「富士湧水の里水族館」以前ご案内した「C663 森の中の水族館」を補完する形でご案内させて頂きますと、丸太造りの水族館の建物の入口を入ると、この「富士湧水の里水族館」の表示がある玄関部分になります。


入ってすぐの展示最初の展示コーナーは、身近な淡水魚のいる小型水槽が並んでいて、通常の大型水族館の展示と比べると、なんだか学校にありそうな地味な印象ですが、


二重回遊水槽、流水水槽その先の見学コースには、このような「二重回遊水槽(別の水槽の大きな魚と小さな魚を重ねて眺める形式)」や「流水水槽」といった、まるで清流の中を歩いて魚たちを眺めているような展示方式になっています。


2階展示コーナー11階で、川の流れの中にいる魚たちを眺めた後、2階に階段を上ると、そこは学習体験のできる展示コーナーになっています。


2階休憩コーナーまた、このような休憩コーナーもあり、


特製アイス山梨県ならではの、巨峰や白桃といった特製のアイスキャンデー(205円)や、ソフトクリーム(300円)などが販売されています。


土産ウーパールーパーぬいぐるみ1080円館内を一巡して、最初の玄関部分に戻るとある売店には、このような森の工房の手作りのぬいぐるみ(ピンクのウーパールーパー1080円)や、やまめ・いわなのワインオープナーなどがあるので、良いお土産になるのでは。

この中でまだ見てない花火大会はどれ?…6月18日ハニットアゼリアツアーチラシより

170618チラシ トップ面
6月18日の中日新聞折り込みハニットアゼリアツアーチラシのトップタイトルは「日帰り花火大会」です。

各地の花火大会に出かけるとなれば、マイカーだったら往復(特に帰り)の運転、そして会場での駐車場探し、その出入りと考えただけでも気が重くなりますね。

しかし、バス旅の良いところは、それらを全~部忘れて、ただ夜空の花火と、夏まつりらしい人の波を楽しめる(花火見酒もOK!)といったところでしょうか。

今年の日帰り花火見物旅9コースの予備知識を、ちょこっとご紹介しましょう。


9花火大会
C701「61回 全国選抜長良川中日花火大会」 ワイドスターマイン、オリジナルスターマインなど国内屈指の花火師によるスターマインに注目! 打上げ数非公開

C702「第72回 長良川全国花火大会」 織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年記念花火大会。 打上げ数非公開

C703「ふくろい遠州の花火」 全国から選抜された“超一流の花火名人”が競演する「全国花火名人選抜競技大会」が見ものです。 打上げ数・約2万5千発

C704「第69回 諏訪湖祭湖上花火大会」広大な諏訪湖ならではの約2kmの「大ナイヤガラ」を始め、大物花火の壮観と湖面に響く花火音。 打上げ数・約4万発

C705「第34回 諏訪湖全国新作花火競技大会」全国から集まった25名の煙火師により、斬新な発想の花火が、メッセージと音楽とともに打ち上げられます。 打上げ数非公開

C706「熊野大花火大会」 2隻の船が点火した花火をつぎつぎと投げ入れる半円形の連続花火や、イカダに設置した3尺玉の海上大自爆が有名です。 打上げ数非公開

C707「長岡大花火大会」 日本三大花火大会のひとつに数えられる花火大会。名物の正三尺玉が今年も3連発で打ち上げられます。 2日・3日打上げ数・約2万発

C708「海賊船から眺める花火大会」 「芦ノ湖夏まつりウィーク」のトップを切って行われる花火大会で、湖上の遊覧船から眺められます。 打上げ数・約4千発

C709「第65回 伊勢神宮奉納全国花火大会」 日本三大競技花火大会のひとつで、ラストのワイドスターマインは圧巻のひと言です! 打上げ数・約1万発

◆資料参考:「Walker×サントリー金麦 花火カレンダー2017」をメインに、そのほかより

6月4日発行のハニットアゼリアツアーチラシよりご案内

6月4日チラシ 001
今回のハニットアゼリアツアーは「日帰り夏の果実狩り」が、メインタイトルになっています。

メロン狩り、ブルーベリー狩り、もも狩り等々、お土産と当日の食べ放題の両方楽しめ、他にもいろいろお楽しみのある日帰りバス旅は、夏の良い思い出を作ってくれるでしょう。

その下に続く『日帰り夏休み』の各コースは、お子さまお孫さんと一緒に、様々な発見のある旅になりそうです。

C662 大井川鉄道SL列車と清水港船弁クルーズ」については、以前に掲載したハニットアゼリアツアーの記事の一部が参考になると思います。(※今回は、以前のコースのいちご狩りの代わりに「駿府匠宿」に立ち寄ります)


6月4日チラシ 002そのまま下に続く『日帰り夏休み』のコースのうち、「C672 標高1200mの遊園地ぐりんぱ」と「C672 富士サファリパーク」の記事が、参考になると思います。

また、「C663 森の中の水族館」と「C663 水陸両用バス・山中湖のカバ」の記事も、参考になるでしょう。

5月21日発行のハニットアゼリアツアー掲載コースご案内

2017年ハニットアゼリアツアーチラシより | 水曜日 5月 31 2017 11:26 AM |

5月21日バス旅チラシ タイトル面
5月21日発行のハニットアゼリアツアーチラシの、トップタイトルは初夏にふさわしい「日帰り夏山と高原の旅」です。

おもて面左上のブロックの6コースのうち、「C923 鳴沢氷穴」や、「C923 富士山五合目と鳴沢氷穴」については、以前ご案内しているので、参考までにご覧ください。

↑赤文字をクリックして下さい。


中面左上ブロックおもて面は日帰りバス旅が31コース掲載されていますが、今回は中面側の1泊旅をご案内したいと思います。

まず、大きく広げた中面左上に掲載されている各コースの中で、この
B335 白骨温泉の旅参考記事」や、「B400 宇奈月温泉 延対寺荘参考記事」、「B400 黒部峡谷鉄道参考記事」などが、参考になるでしょう。


中面左下ブロックその下に続くコースの中にも、以前ご案内した記事がご参考になります。

まず、「B671 夕日ヶ浦温泉・佳松苑」と「B671 元伊勢籠神社と天橋立」、

それから遊覧船の「B373 野尻湖クルーズ」、
さらには「B131 万座温泉・日進館」、
B765 浜坂温泉・魚と屋1」、「B765 浜坂温泉・魚と屋2」などのお宿情報を、参考にして頂ければ、と思います。

その他、チラシに載っている観光先やお宿については、このバス旅ガイド内左上にある「観光先・宿泊先の名称で検索できます」欄で過去の参考記事をご覧ください。

次ページへ »